「宇堅ビーチ」BBQのできる家族向けスポット。子供達の姿で賑やか


宇堅ビーチは2つの大きな浜からなります。

それぞれ

「游泳エリア」
「マリンスポーツエリア」
「ドッグ・オンリー・ビーチエリア」

と3つに区分けされている。

 

MEMO

 

「ドッグ・オンリー・ビーチエリア」は犬も海に入れます。

宇堅ビーチの「様子」




低学年の利用が圧倒的に多く、若者パワーでエネルギッシュ。

 

明るい笑顔にはしゃぎ声が響き渡る楽しい雰囲気だ。

それを見ている親御さんも楽しそう。

 

Tシャツの人→「地元客」
肌を露出する人→「観光客」

 

と見る人が見ればすぐに分かります。

大体が地元客ですね。

 

カヌーやサップも走っているので興味のある方はチャレンジしてみて。

「バレーネット」
「ミニサッカーゴール」

も設置されているよ。

砂質

人工のビーチですが一面真っ白サラサラ。

 

場所によってはサンゴの欠片が散乱していたり、白さが劣る所もあります。

柔らかい所は足が沈みこむむほど柔らかい。

 

check

満潮のピーク時は浜が隠れてしまいそうなほど海が迫るのでご注意。

透明度

遠くから見るときれいですが、実際は思ったよりもきれいではありません。

クラゲ防護ネットの中は人が多いと砂煙が巻き上がるので仕方ないか・・。

遊泳エリア

他のビーチと比べるとやや狭い。

しかし泳ぐ分には十分。

 

check

時期によっては遊泳エリアが変わります。

マリンスポーツ・アクティビティ


スピードの出るバナナボートも人気ですが、ここで注目を集めるのは水圧のパワーを利用して空中散歩を楽しむ「フライボード」。

 

最初は足がぷるぷる・・

中々浮上できませんが段々と慣れてきます。

 

高い所まで行くと・・

足元は360度のエメラルド畑です。

 

爽快ですよー。

コツをつかめばあなたも注目の的!

 

check

フライボードを熟知したスタッフが丁寧に教えてくれるので、初めての方でも大丈夫。

広場

駐車場と海の間はこのような「緑の広場」。

端から端までずっと伸びているのでとても長い。

 

このスペースで(バトミントン、フリスビー)といった軽スポーツが楽しめます。

お子様はいい遊び場。

東屋(あずまや)

園内には日陰になる東屋(あずまや)が8棟設置されています。

1つ1つが大きいので、3家族は余裕で収まる。

 

テーブル席も用意されているぞ。

もちろん荷物置き場にしてもOKだ。

 

ただし・・

シーズンはBBQの利用客で全て埋まる。

BBQ


夏の海といえばビーチパーティー。

シーズンの特に週末は地元客で大賑わい。

 

海を見ながら食べるお肉は格別です。

子供達もご満悦の様子。

 

Aコース

 

「料金」

1人 1200円

 

「食材」

リブロース、焼き鳥2本、ウインナー2本、野菜。

Bコース

 

「料金」

1人 1500円

 

「食材」

特上リブロース、焼き鳥2本、ウインナー2本、野菜。

Cコース

 

「料金」

1人 2000円

 

「食材」

県産和牛、焼き鳥2本、ウインナー2本、野菜。

 

「サイドメニュー(別売り)」

リブロース、特上リブロース、県産和牛リブロース&サーロイン、味付けロース、焼き鳥5本、ウインナー5本、コーン1本、ショートリブ、味付けソーキ、串刺しフランク、鶏もも正肉、イカ、野菜。

 

「レンタル」

東屋セット 8000円
東屋・鉄板・ガスボンベ・トング等・鉄板洗い。

テントセット 5500円
テント・鉄板・ガスボンベ・トング等・鉄板洗い。

東屋のみ 4500円
テントのみ 2000円

機材のみ 3500円
鉄板・ガスボンベ・トング等・鉄板洗い。

ビールサーバー(サザンスター、オリオンドラフト、アサヒ)。

 

「詳細」

宇堅ビーチ(公式サイト)

 

「お問い合わせ電話番号」

098-974-7772

キャンププラン

「キャンプセット」のレンタルもあるよ!

スタッフが設営から後片付けまでしてくれるので、あなたは何もしなくてOK!

BBQプランも一緒に入ってます。

 

「利用時間」

09:00~08:00。

「利用料金」

19000円。

「保証金」

5000円。

「内容」

パラソルセット 、テント(4~5人用)、BBQ器材セット、寝袋・マット、ランプ、クーラーボックス、紙皿・紙コップ・割りばし、油・塩こしょう。

防波堤

波の影響を軽減してくれる防波堤。

先端まで歩いて行く事もできます。

 

目の前に広がる海は
「金武湾(きんわん)」。

うっすらですが「宮城島」、「伊計島」も見えます。

 

 

これらの島は沖縄本島と橋で繋がっているので、車で簡単にアクセスできるよ。

興味のある方はご参考に。

パイプライン

海から陸へ伸びる細長いパイプラインは「具志川火力発電所」に直結しています。

ここで電気が作られ一般家庭に供給される仕組み。

 

一見、海は衛生的に大丈夫?と不安になりますが大丈夫。

とてもきれいです。

 

長い煙突は宇堅ビーチを象徴する光景。

もしもこの場所が分からないという人は、この煙突を目印にして行けば迷いません。

 

大きなプロペラも自然エネルギーを利用して電気を作っています。

管理棟

スタッフの常駐する管理棟。

BBQ、マリンの受付はここ。

 

「設備」

売店
管理事務所

売店

海アイテムがズラリ。

壁には沖縄出身のHY、その他著名人が訪れた時の写真・色紙も飾られています。

 

「営業時間」

09:00~18:00(季節により変動)

更衣室

海水浴の後はここ。

 

「設備」

足洗い場
トイレ
シャワー
コインロッカー

足洗い場

更衣室&トイレご利用の方はまずここで砂を落とそう。

 

それぞれ男女別で設けています。

同時に3人利用可。

シャワー室

それぞれ個室にカーテンつき。

 

「利用料金」

有料(5分200円)

コインロッカー

貴重品はここ。

ただし数は少ない。

 

「利用料金」

有料(200円)

写真集




感想

宇堅ビーチはうるま市出身のバンドHYの「うけんビーチ」という曲のタイトルにもなった事で有名。

シーズンとなると多くの地元人でにぎわいます。

 

大型バスが入ってきた時は利用客もあっという間に増え活気度も増す。

しかしオフシーズンになると・・

 

あの活気はどこへやら。

人影はなくなり寂しい雰囲気に・・

 

週末はまだいいですが平日は特に少ない。

たまに園児を連れた保母さんが遊びに来るか、地元の子を何人か見かけるぐらい。

 

何ともギャップのあるビーチです。

 

口コミでは・・

「地元客が多かった」、「清掃が行き届いている」、「広くて開放的」と評判。

「最新版」モテ子が選ぶ楽天水着ランキング1~100位

 

いい所

  • 駐車場からすぐビーチ。
  • 自前のサンシェード持ち込み、設置OK。
  • ビーチスタッフの常駐する「管理事務所」があるので安心。
  • ドッグ・オンリー・ビーチエリアでは愛犬を泳がす事ができる。

残念な所

  • 駐車料金がかかる。
  • 夕陽は見られない。
  • 民間の運営するビーチなので設備もそれなり。
  • 時期によっては大量の海草がプカプカ浮いている。
ワンポイントアドバイス
  1. 宇堅ビーチは沖縄で唯一の「全日本フライボード協会認定ショップ」です。
  2. 夏は(花火やカラオケ大会)といったイベントが開催されます。
  3. ここは東海岸なので太平洋で地震があった場合、波の影響がやって来る可能性があります。その際は遊泳禁止になるのでご注意を。
  4. グーグルマップで「宇堅ビーチ」と検索するとヒットしますが、通常は「TK企画うるま営業所」とだけ表示されます。
  5. この辺りは「米国海兵隊施設キャンプコートニー」が近いので「フリマ」が有名。
  6. お腹空いた・・
    園内に食事処・売店があります。
ビーチの設備 ● クラゲ防護ネット
● 監視員
● 更衣室
● シャワー
● トイレ
● コインロッカー
● 管理事務所
● 売店
● 自販機
●  BBQエリア
● 東屋(あずまや)
● バレーネット
ビーチレンタル ● ビーチパラソル
● チェア
● 浮き輪
● テント
● バレーボール
● BBQ(機材・食材)
体験できるアクティビティ ● ウェイクボード
● ジェットスキー
● 水上スキー
● バナナボート
● ビッグマーブル
● ビスケット
● クレイジー8
● ドラゴン
● パパラッチ
● ソンブレロ
● カヤック
● サップ
名称 宇堅ビーチ
(うけんびーち)
住所 沖縄県うるま市宇堅644-3
電話番号 098-974-7772
定休日 無休
海開き 4月下旬
遊泳料金 無料
游泳時間 09:00~19:00(オフシーズン18:00)
游泳期間 4~9月末ぐらい
駐車料金 有料(250台)

車 1日500円
バイク 無料

「ゲートの時間」

シーズン 09:00~19:15
オフシーズン 09:00~18:15

アクセス 那覇空港(なはくうこう)

高速道路

224号線

宇堅ビーチ(約1時間)
宇堅ビーチの評価
砂質
(3.0)
透明度
(2.0)
人気度
(3.0)
総合
(3.0)
周辺には・・

特になし