\沖縄のゴールデンウィークはこう過ごせ/

「Gala青い海」お土産をはじめ塩作りもできる体験型施設!

お土産する?それとも塩作る?

「えっ!?・・塩作る??

 

ここは塩作り体験があるので、初心者でも簡単に作る事ができます。

他にも色んな体験コーナーがあるので、ちょっと覗いてみよう。

 

白い建物が目印。

ここは沖縄の塩メーカーが運営する「体験型施設」だよ。

kaz

設備

 

「総合案内所」
「ショップ」
「ぶーげんびれあ」
「アトリエサンセット」
「陶芸工房てぃーだ」
「琉球ガラス工房」
「マリンサービスむるぬーし」
「製塩工場」
「海辺のダイニング KISAMA」
「グリル&カフェ オーシャンズピザ」

 

ここが入り口。

高い天井に開放的な空間。

 

テーブル席を設けているので、気軽に腰を下ろせる。

団体さんも余裕。この右手に「塩づくり体験コーナー」があります。

 

塩づくり体験


料理に欠かせない隠し味といえば「塩」。

 

その塩はどこで採れる?

正解は「海」。

 

海に入るとしょっぱいですよね。その正体が塩なのだ。

つまり塩を撮るには海水と塩を「分離」しなければならない。

 

ここではその分離作業をして、初めて塩をゲットできるのだ。

やり方は簡単。

 

  • STEP.1
    石鍋にその海水(濃縮海水)をいれ火で炙る。
     
  • STEP.2
    タ水分が蒸発しなくなってくると段々と固くなり、最後は白い塊(塩)だけが残る。
     
  • STEP.3
    塩ゲット!
     

という流れ。

・・うん味を確かめると確かにしょっぱい。ポップコーンの販売も行っているので、出来たての塩をかけて食べてみるのもいいよ。

 

プレゼントされた小さな壺にその塩を収め、持ち帰る事もできるよ

kaz

利用料金 1500円
営業時間 10:00~17:30

 

 あおいうみ

ここはお土産屋。

地元県産物がいっぱい。塩を使ったお菓子が見所。

「案内所」に「サンゴ畑の入場券」も販売所しているよ。

kaz

琉球ガラス

琉球ガラスといえば沖縄ブランドの1つ。

それぞれ色鮮やかで個性的でしょ?

 

これにお酒をつぐと雰囲気もアップ。(グラス、お皿、お箸置き)といった様々な種類があります。

那覇空港、国際通りでも見かけるね。

 

紅型(びんがた)

紅型(びんがた)とは琉球をイメージしたデザインのことだよ。

kaz

大抵(花、鳥、蝶)といった模様が入っています。

色も多彩で明るい雰囲気。

 

和風とは一味違ってオリジナリティ。

ここにはその紅型(びんがた)デザインの財布・小銭入れ・ポーチ・その他いろいろ置いています。

 

やむちん

やむちんとは「焼き物」のこと。

kaz

やむちんは中国から入ってきた技法で琉球王国時代よく作られました。

材料は土。全て土からできています。(コップ、お皿、おわん)他いろいろ。

 

check

 

今でもやむちんを現役で作っている所は「やむちんの里」。興味のある方は立ち寄って見て下さい。観光スポットにもなっています。

「やむちんの里」今も現役で焼き物を作っている歴史スポット!

 

 ぶーげんびれあ(アイスクリーム店)

暑い?ならばキンキンのアイスクリームでクールダウンだ!

ここでは塩を使った珍しいものがいっぱい。

 

「ソフトクリーム」

 

塩ソフトクリーム
ゆず塩ソフトクリーム
塩キャラメルソフトクリーム
塩チョコレートソフトクリーム

 

「アイスクリーム」

 


塩キャラメル
塩紅いも
松茶
バニラ
クッキー
ココナッツ
チョコレート
チョコチップ
ミルクティー
ストロベリー

気になるものはあったかな?

 

営業時間 09:00~18:00

 

 オーシャンズピザ

ピザの食べ放題もあるよ。

(スパゲティー、パスタ、タコライス、サラダバー、ドリンク、スープ、カレー)にソフトドリンクも飲み放題!

 

ピザは大人も子供もテンションアップする庶民派の食べ物です。

中はクーラーも効いているので、炎天下はほんと快適。

 

お昼のランチはここで間違いなしです。

屋外にはテラスデッキもあるので、そこでお食事も楽しめるよ。

 

ただ・・混雑している場合は少し待ちます。

 

営業時間 10:30~21:00(L.O  20:30)
電話番号 098-958-7711
食べ放題 大人1150円

 

海辺のダイニング KISAMA

ここも食事処。

琉球の創作料理が中心。

 

ランチ 11:30~15:00(L.O  14:30)
ディナー 17:30~22:00(L.O  21:00)
定休日 月曜日
電話番号 098-958-7724

 

琉球ガラス工房

ここは職人さんが日々、汗を流し琉球ガラスを作っている工房。

 

有料ですが体験する事もできます。

マンツーマンで教えてくれるので、初心者さんでも簡単。

 

  • STEP.1
    細長い筒に空気を送り、先端についた熱いガラスをふくらませる(と同時に筒を回しながら形を整える)。
     
  • STEP.2
    最後はカットする所に切れ込みをいれ、叩いてストンと落とす。
     
  • STEP.3
    「琉球ガラス」ゲット!
     

 

ざっくりですが大体こんな流れ。完璧につくる必要はありません。どんな形になってもそれはそれで個性的。

 

体験メニュー(有料) 吹きガラス
トンボ玉アクセサリー
所要時間 約15分

 

check

琉球ガラス体験といえば南部にある「琉球ガラス村」もあるよ。

 

陶芸工房てぃーだ体験

回しながら形を整えていきます。

ちょっとした力のさじ加減でグニャッとなるので、集中力が必要。

 

どんな形になるかはあなたの腕次第。

子供は粘土遊びのようで楽しいと思います。

 

コース 絵付け
お手軽ろくろ
手びねりなんでも
チャレンジろくろ
所要時間 15分~40分

 

海景色


「gara青い海」の向かいは道をはさんで青い海!

せっかくなのでこのポイントもぜひ立ち寄って見て下さい。

 

高台から見下ろす海景色は絶叫する美しさです。

明るい水色、青色のグラデーションがお・き・な・わ♪

 

トロピカルで癒やされますよ~。海風も気持ちいい~。

赤柄の東屋(あずまや)が目印です。

 

えっ?下は行けるのかって? フフフ・・行って来ました。

 

三重城(みーぐすく)


ここ!海へせり出すこの広場は「三重城(みーぐすく)」。

大河ドラマ「琉球の風」のスタジオパークとして作られました。

 

今は観光客・修学旅行生が旅の思い出にと、この場所で記念写真をパシャパシャ楽しんでいたりします。

天然のカニさん見かけた時はビックリ。

 

check

 

この場所は夕方の時間帯になると、太陽が海に沈むオレンジ色の「サンセット」が見られます。う~ん・・ロマンチック。

 

 

写真集




 

感想

ここはショッピングだけでなく地域の特性にあった制作体験ができるので、子連れファミリーにもオススメ。

簡単なものではありますが、沖縄の楽しい思い出が作れるかと思います。

 

お昼のランチに活用してもOK!

ここらは食事処がないので、ピザ食べ放題が大変重宝します。

 

+海のロケーションも素晴らしいので、ぜひその景色も味わって見て下さい。

車で海添えをゆっくり走りながら最高のお時間が過ごせますよ~。

 

口コミでは・・

「手軽にお塩をつくれる」、「ドライブに立ち寄るのもいい」、「子供といい体験ができた」と評判。

 

いい所

  • ショッピングだけでなく、いろんな体験ができるので子供も楽しめる。
  • 夕方の時間帯になるとオレンジ色のサンセットが見られる。

残念な所

  • 特になし。

 

ワンポイントアドバイス
  1. 冬は寒いので防寒対策を。
  2. ここは大型体験施設ではありません。
  3. お腹空いた・・
    園内に食事処があります。
  4. 行き方
    ここへのアプローチ方は2箇所。北、南どちらからでも行けます。「体験王国むら咲き村」の方から行くと分かりやすいです。グーグルマップをうまく活用しよう。
名称 Gala青い海
住所 沖縄県中頭郡 読谷村高志保915
電話番号 098-958-3940
営業時間 各店舗により異なる
定休日 年中無休
入場料金 無料
駐車料金 無料(70台)
所要時間 約40分
アクセス 那覇空港 (なはくうこう)

58号線

Gala青い海(約1時間30分)
Gala青い海の評価
景観度
(3.0)
満足度
(3.0)
人気度
(2.0)
総合
(2.5)

 

周辺には・・
「むら咲むらビーチ」奥行きのある天然ビーチはこんな所! 「体験王国むら咲むら」シーサーがお出迎えする琉球体験型施設! 「ホテル日航アリビラ」透明度の高い素敵なビーチ!プールもあるよ! 「残波ビーチ」マリンスポーツが多彩なトロピカルビーチ! 残波岬は白い灯台が目印。地上31mから望む景色はどうなってるの? 世界遺産「座喜味城跡」は残党を見張る為に築かれた仮城跡 「コンドミニアムモリマーリゾートホテル」目の前はブルーオーシャン