\沖縄のゴールデンウィークはこう過ごせ/

「アンチ浜ビーチ」シュノーケルができる天然の海!明るい水色!

瀬底島の入り口に広がっている白い浜・・それが「アンチ浜ビーチ」!

下り坂を降りるとトロピカルな海があなたをお出迎え。

 

その青々と美しい海景色はあなたのテンションを何倍も引き上げてくれる。南国に来たど~っと思いっきり叫んで下さい。

 

水深の浅い所、深い所がはっきりと分かるその透明度はさすが離島の海と感心する。

駐車料金、入場料金は無料!

瀬底島といっても沖縄本島と橋でつながっているので、車で簡単にアクセスできるよ☆

kaz

アンチ浜ビーチの「様子」




この空間に入った時の海風は何と気持ちいいこと。

暑い日でも大変過ごしやすく海水浴を楽しむにはピッタリだ。

 

游泳エリアは特に設けていないので、あなたがココだ!と思った好きな所にダイブして下さい。自由なので誰に何も言われません。それがここの良さ。

kaz

シュノーケルポイントでは熱帯魚も見られます。

シーズンとなると全身黒色のウェットスーツ軍団も見かける。

 

砂質

陸地は真っ白サラサラ。

 

波打ち際はサンゴの欠片が混じっているのでジャリジャリ。角はないので素足でも痛くありません。場所によっては砂地だけのきれいな所もあります。

 

透明度

足のつま先が見える透明度。沖へ行っても同じ。

北部の海はきれいな事で有名ですが、ここはその中でも上位に入る。

kaz

マリンスポーツ・アクティビティ


アンチ浜ビーチはマリンスポーツも行われています。

 

スピードの出るドラゴンボート、チューブは男女問わず大人気。

シーズンは利用客も多くエメラルドの上を自由自在に走り回っています。

 

乗り物と乗り物が高速で交差していく様子も見もの。水しぶきを上げる白線がどこまでも伸びていきます。瀬底大橋の真下もくぐり抜けたりしますよ~。

 

 

マリン(乗り物)の離発着所は海に向かって左端(丘の方)になります・・が基本自由。

 

人が泳いでいるかたわら近くを通ったりする事もあるので、その際は近づき過ぎないように気をつけて下さい。スタッフもちゃんと見ていますが一応安全確認はして下さいね。

 

バナナボートで行くシュノーケル


海の中を住処とするサンゴは丸い形や毛先の長いもの、色の違いもあって個性的。

これが浅瀬にもあるから驚き。

 

中にはゆらゆらと動くイソギンチャクの姿も。

それらを隠れ家にするのは全身青色の「ルリスズメダイ」、映画ファインディング・ニモで有名になった「カクレクマノミ」。

 

ここは出現率も高いです。

万万が一ウミガメを見られた方は大変ラッキーですよ!

 

他にも

 

「シマヤッコ」
「ツノダシ」

「トゲチョウチョウウオ」
「クロスズメダイ」
「ロクセンスズメダイ」
「アオブダイ」

 

といったカラフルな魚を見かける。

なぜ南国の魚はこうも色鮮やかなのか・・

 

瀬底大橋

「本部町」と「瀬底島」を結ぶ全長762mの「瀬底大橋(せそこおおはし)」。大きな船が通れるようにと高い所に道路が通っています。

 

ここへやってくる人達は皆その橋を渡ってくる。

真下から見るとそれがいかに高いか分かるよ。

 

瀬底大橋からの眺め

時間に余裕のある方は瀬底大橋からの景観も楽しんで見て下さい。

 

その真下にはあなたの想像を超えるエメラルド畑が広がっています。水色→青色へ変化するグラデーションはもう最高に素敵。

 

海全体が青々しくそして明るいので「何この色ぉおおお~!!!」と沖縄の人が絶叫するよ。

kaz

 

高さが増した事で景観度アップ!

この辺り一帯の海全てが視界に収まります。これは陸地からは見られないここならではの景色。

 

高速で走るバナナボートやジェットスキーの様子を見ているだけでも楽しい。

海水浴客を楽しむ人達の姿はまるで米粒・・それぐらいの高さにいるのです。

 

離島の海景色に思いっきり癒やされましょう。

うっすらですが「伊江島」も見えますよ~。

 

注意

 

このポイントは駐車場から少し歩きます。歩くのが面倒くさいと車を路肩につける人がいますが、それはやめましょう。瀬底大橋は2車線しかありません。一車線潰れる事になると、後続車に大変迷惑がかかります。

 

タイミングが悪いと地元人の車にものすごい勢いでクラクションを鳴らされる事があります(そこに車を止めるな、早くいけ!)という意味。せっかくの旅行気分も怒られると気分が台無しです。

 

橋の真下

橋の真下はちょうどいい日陰スペース。

海風もあって気持ちのいい空間。ぼぉーっと波音に耳を傾けるのもいいですよ。時間によって影の姿形も変わる。

 

飛び込みポイント


アンチ浜ビーチには写真のような船乗場があります。実はその先端が「飛び込みポイント」。

 

地元の人達が助走をつけてダイブする姿を見かけます。

このエリアは海水浴客も少ないので、人混みが嫌という人は狙い目。

ただしビーチスタッフの目の届かない所なので気をつけて遊ぼうね。

kaz

海の家

アンチ浜ビーチは「海の家」があります。

 

游泳の合間にひと休憩しましょう。屋根のあるオープンテラスにテーブル席を設けています。お昼のランチにも困らない。

 

フード

 

「カレーライス」

「やきそば」

「沖縄そば」

「タコライス」

 

飲み物

 

「ソフトドリンク」
「酎ハイ」
「泡盛」
「ビール&ノンアルコール」

 

冷たいもの

 

「かき氷」

 

 

他いろいろ。

※バーベキュー受付も行っています。

 

パーラーのお隣は「着替え室」

簡易的なものですが着替え室が3部屋用意されています(男女共用)。

 

浮き輪に空気を入れる道具も完備。

入り口には水の入った容器を置いてあるので、足についた砂を落としてから利用しましょう。

 

更衣室

海に向かって左の突き当りが「更衣室」。

海水浴前、後はここを利用しよう。

 

設備

 

  • シャワー
  • 着替え室

 

シャワー

屋根があるので炎天下でも暑くありません。

同時に7人利用可能。

 

利用料金 無料

 

着替え室(男女共用)

シャワーのすぐ向かいが「着替え室」。

 

同時に4人利用可能。

中にはイスが置かれてあるので物置台にでも使いましょ。

着替え室は完全個室ではありません。ドアはなくカーテンを開閉めして利用するよ。

kaz

写真集





感想

サマーバケーションにピッタリな「アンチ浜ビーチ」!

海水浴にマリンスポーツも楽しめるので、沖縄の夏を思いっきりエンジョイできます。

 

ここの良い所は遊泳エリアを設けていないので、自分の好きな所で泳げるという事。その時の気分によってあっちがいい!こっちがいい!と好きな方へ行けるのだ。

 

目の前はキラキラと光輝くエメラルド畑!

この中に飛び込めるのですからもうテンションゲージが振り切れます。真夏日でも海はヒンヤリ気持ちいいですよ~。

 

真っ白な砂浜にビキニ姿の若者達、はしゃぎ声の響き渡る雰囲気は明るくトロピカル。泳がない人も景色に浸るだけで十分楽しめます。プチ散歩や貝殻拾いもオススメ。

 

近年、自撮り棒を使ってインスタ映えする人達も増えて来ました。

シーズンとなると地元客をはじめ「近くのペンション宿泊客や観光客も加わる」のでさらに活気が出てきます。

 

瀬底島の入り口にまさかこんな素敵なビーチが広がっていたなんて盲点。

 

以前は地元人の隠れ家的存在でしたが、現在はマリンスポーツも整備され観光雑誌の露出も増えたので訪れる人も激増。

 

みんなのビーチになりました。

 

MEMO

 

午前中は逆光なので、午後の海がきれいに見えます。

 

口コミでは

「ドライブにもオススメ」、「橋の真上から海の絶景が見られるビーチなんて県内でもここだけ」、「ビーチサイズがコンパクトなので子連れにもいい」、「こんなに海がキレイだなんて驚いた」と評判。

「最新版」モテ子が選ぶ楽天水着ランキング1~100位

 

いい所

残念な所

  • シーズンは満車で止められない事がある。
  • 時期によっては海面に海草が浮いている。
  • 民間の運営するビーチとあって設備もそれなり。

 

ワンポイントアドバイス
  1. 個人シュノーケル可。ただし沖はマリンの乗り物、船が通るので行きすぎないように。必ずライフジャケットを着用し団体で行動して下さい。
  2. ここは公認の海水浴場ではありません。クラゲ防護ネット&監視員は配置されていないので、自己責任で楽しんで下さい。ただしビーチスタッフは常にいます。
  3. 瀬底島にある「瀬底ビーチ」は沖縄本島と橋で繋がっているので、車で簡単にアクセスできます。もちろん日帰りも可能。
  4. 泳ぐ気がなくても青い海を見てしまうと泳ぎたい衝動に駆られます。水着・タオルといった着替えは念のため持参しておいた方がいいでしょう。
  5. 入口は看板が立っていないので、分からずに通り過ぎてしまう可能性大。グーグルマップをうまく活用して下さい。
  6. お腹空いた・・
    園内にパーラー・海の家があります。
ビーチの設備 ● クラゲ防護ネット
● 監視員

● 更衣室
● シャワー
● トイレ
● コインロッカー
● 売店

● 海の家
● 自販機
● BBQ(バーベキュー)
● 東屋(あずまや)
ビーチレンタル ● パラソルセット
● シュノーケルセット
● 浮き輪
● ウェットスーツ
● マリンシューズ
● シーカヤック
体験できるアクティビティ ● バナナボート
● チューブ
● マリンジェット
● パラセーリング
● シュノーケリング
● 体験ダイビング
● ウェイクボード
● フライボード
● サンセットクルーズ
● トロピカルフィッシング
名称 アンチ浜ビーチ
(あんちはまびーち)
住所  沖縄県国頭郡本部町瀬底2631-1
電話番号 0980-47-7355
(沖縄マリンスタジオ)
定休日 無休
海開き 特になし
遊泳料金 無料
游泳時間 09:00~18:00
(季節により変動)
游泳期間 5~9月末ぐらい
駐車料金 ●公衆トイレのある公園(20台)。
●公衆トイレがある公園をぐるりと降りた所(10台)。
アクセス 那覇空港(なはくうこう)

高速道路

58号線

449号線

アンチ浜ビーチ(約2時間)
アンチ浜ビーチの評価
砂質
(3.0)
透明度
(4.0)
人気度
(4.0)
総合
(4.0)

 

 

周辺には・・
「瀬底ビーチ」シュノーケルが楽しめる天然の海。お魚さんすぐそこ! 崎本部緑地公園(ゴリラチョップ)の紹介 海洋博公園「エメラルドビーチ」は透明度の高い素敵なビーチ! 海洋博公園「美ら海水族館」。世界最大のジンベエザメがすぐ目の前! 「備瀬フクギ並木通り」は緑のパワースポット。水牛車観光も楽しい! 「備瀬岬」はお魚天国!シュノーケルスポットでも有名!