「トロピカルビーチ」地元bbq客でにぎわう海。夕日も絶景!

上空から見ると変わった設計の「トロピカルビーチ」。

真っ白で広い砂浜!が第一印象。

 

ビーチバレーにビーチフラッグ、フリスビーといった軽スポーツを楽しむ若者達の姿でにぎやか。

柔らかい浜なので素足でどんなに激しく動いても痛くありません。

 

海水浴客も多く、明るく楽しい雰囲気はまさに「トロピカル」という名前がピッタリ。

セグウェイの走る光景もここならでは。

トロピカルビーチの「様子」






海に向かって

左が
「游泳の浜」

右が
「マリンスポーツの浜」

となります。

 

ビーチはサンゴ岩がフタをするように覆っているので、高波はなく常に安定。

防波堤を設ける事でさらに軽減しています。

 

小さなお子様でも安心して海水浴が楽しめるでしょう。

近年、外人客も増えてきました。

今までは地元客がメインでしたが、段々とグローバル色も強くなっています。

 

MEMO

 

トロピカルビーチは「宜野湾海浜公園」の敷地内にあります。

砂質

一面真っ白サラサラ。

 

素足でどこをどう歩こうが平気。

炎天下は浜全体が白に反射するので、ちょっとまぶしい・・

 

MEMO

 

砂浜エリアは「影」が一切ありません。

 

お金をかけたくないという人は「サンシェード」です。休憩ポイント&荷物置きにも活用できるから便利。沖縄の紫外線は強烈なので、熱中症でダウンしないよう工夫して下さい。

透明度

それほどきれいというわけではありません。

 

海水浴客が多いと砂煙が巻き上がるので濁ります。

クラゲ防護ネットの中はいた仕方ありません。

 

check

台風後や早朝のまだ人が入っていない海はとてもきれいです。

遊泳エリア

端から端だと人の顔が認識できないほど広い。

奥行きも十分。

マリンスポーツ・アクティビティ


スピードの出るバナナボート、マーブルは定番の人気。

沖へ出ると一気に広い海!

 

後は自由に走り回るだけ。

スピードに乗ると段々とテンションも上がってきます。

 

全身に受ける風、水しぶきがもう爽快。

思いっきり絶叫しちゃって下さい。

シュノーケル

シュノーケル体験も人気。

まず初めにインストラクターと一緒に浅瀬で練習して、準備が整い次第本番です。

 

コースはとても深い所ではないので難易度も低い。

初心者さんも大丈夫だよ。

 

海の世界のぞいて見る?

緑の広場

園内には「緑の広場」も設けています。

このスペースでバトミントンやちょっとしたキャッチボールが楽しめる。

 

広すぎず、狭すぎない所がいいですね。

屋台もありファーストフード販売も行っています。

 

イベント事があるとこの場所に特設会場やステージが出現する。

芝生のお手入れも行き届いているので、気持ちよく利用できますよ。

 

側面には日影になる東屋(あずまや)にテーブル席もあります。

バーベキュー&ビーチパーティー



やってきました「ビーチパーティー」のお時間です。

仲間はそろいましたか?

 

それでは始めよう・・

南国のを・・

ヒーハー♪

 

沖縄の人にとってビーチパーティーは、コミュニケーションの「場」でもあります。

友達、学校、会社の同僚といった交流に大きな役割を果たしているんですねー。

 

ウチナー口(沖縄の話し方)が飛び交うアットホームな空間は、人懐っこい沖縄の人柄がよく出ています。

その独特の話し方に耳を傾けて見るのもいいよ。

 

大きなテントをいくつも用意しているので、大人数収容できます。

シーズンは全ての席が埋まる盛況ぶり。

 

街灯もあるので日が暮れても真っ暗にはなりません。

 

はごろもセット

 

「料金」

1人1600円

 

「食材」

牛カルビ(タレ漬)、チキンもも生肉、ウインナー、カット野菜

 

オーシャンセット

 

「料金」

1人2100円

 

「食材」

牛ロース、豚バラスライス、チキンもも正肉、ウインナー、焼きそば麺、カット野菜

トロピカルセット

 

「料金」

1人2600円

 

「食材」

黒毛和牛肩(タレ漬)、豚もも、チキンもも正肉、スモークソーセージ、焼きそば麺、カット野菜

学生セット

 

「料金」

1人1100円

 

「食材」

牛肩ロース(タレ漬)、チキンもも正肉、スモークソーセージ、カット野菜

 

「オプション」

おにぎり、やきそば、金アグーセット&プレミアムセット、ビールサーバー、海鮮セット、豚肉セット。

「レンタル」

シングルベンチ (10~15名) 5,000円
ダブルベンチ(20~25名) 8,000円
サンセットエリア(20~25名)12,000円
BBQ機材(鉄板・ガス・釜) 2,000円

 

「利用時間」

21:00まで

「お問い合わせ電話番号」

090-4471-0581

 

check

  • 食材の持ち込み不可。
  • クーラーボックスの持ち込み可。
  • 瓶類・ワレモノ類の持込み不可。
  • キャンセルは3日前に。それ以降は全額負担。

遊歩道

「游泳の浜」と「マリンスポーツの浜」を分断する大きな防波堤。

 

オレンジ色のレンガを敷き詰めた遊歩道はきれいに整備され、散歩コースにもなっています。

釣り人も見かけますが、お魚さんはいるんでしょうかね?

 

check毎年4月に行われる「琉球海炎祭(花火大会)」は、この場所から花火が打ち上げられる。

海の見える「オープンテラス」

ここは誰でも気軽に腰を下ろせるスペース。

日影の中、ほどよい海風が通る気持ちのいい空間です。

 

トロピカルドリンクを片手に景色に浸る・・

リラックスできる最高の瞬間だ。

 

「トロピカルハウス」のすぐ近く。

トロピカルハウス

ここは「売店&パーラ」。

海で遊べるアイテムもズラリです。

 

浜遊びセットはお子様に喜ばれるでしょう。

「地域物産品紹介コーナー」では、島ぞうりにカラフルな琉球ガラスが並ぶ。

 

軽食

 

「アメリカンドッグ」

「カレーライス」

「フランクフルト」

「沖縄そば」

 

冷たいもの

 

「ブルーシールアイス(全8種)」

「シャーベット」

「ぜんざい(黒糖、ミルク)」

 

飲み物

 

「ソフトドリンク」

「アイスフロート」

「ホットドリンク」

 

アルコール

 

「オリオンビール」

「泡盛(水割り)」

お店の前には「喫煙スペース」を設け、ベンチに灰皿も用意されています。

更衣室

緑の中にあるねずみ色の建物が「更衣室」。

ぐるっと半円形でオシャレ。

 

スタッフの常駐する「管理事務所」も兼ね備えています。

(BBQ、ビーチパラソル、浮き輪)のレンタル窓口もあるよ。

 

check浮き輪の空気入れも無料でご利用できます。

 

設備

「足洗い場(無料)」
「シャワー(3分100円)」
「コインロッカー(200円)」
「トイレ」
「洗面台」
「管理事務所」

営業時間

「09:00~18:00(季節により変動)」

休憩スペース

更衣室前は木造のテーブル&イスが並べられたオアシス空間。

「休憩スペース」になっています。

 

緑に木影もあって涼しい。

友達の着替えが終わるまで、ここで雑談でもしながら時間を潰せる。

自販機もあるので水分補給もできるよ。

 

MEMO

 

コインロッカー&シャワーは有料(小銭が必要)なので、予め自販機で崩すのもいいでしょう。

写真集






夕日



雲の切れ目から拡散するオレンジ色の太陽。

海面には光のシルクロードが現れる。

 

その神秘的な光景はダイナミックで心に残る美しさ。

カップルには最高のロケーションですね。

 

夕暮れになるとスマホを片手に撮影タイムが始まる。

みんなインスタで大忙し。

 

サンセットビーチのように夕日スポットとしてはまだ定着していませんが、ここも間違いなく「夕日スポット」断言できます。

西海岸というのがポイントだ。

感想

トロピカルビーチは学校や住宅が集中する近辺にあるという事で、利用客のほとんどがウチナーチ(地元客)。

話し方をはじめ、Tシャツを着て海に入っている人を見れば一目瞭然。

 

観光客は露出度も高く、寝っ転がって肌を焼いたりしますが沖縄の人は絶対にそんな事しません。

日焼けしすぎるとヒリヒリするので、なるべく肌は出さないのが当たり前。

 

数時間でも海で遊んでれば自然と黒くなってます。

市民の憩いの場(公園)としても利用されているので、地元の人が散歩やジョギング、海を眺めてたりしますね。

 

夕方になると学校帰りの学生さんや仲良しグループ、カップルといった若者も増えます。

週末はビーチバレーにビーチパーティーの人達でにぎやか。

 

シーズンとなるとさらに観光客も加わるので、一層活気が出てきます。

夏休みが終わって9月下旬になっても利用客は多く、マリンが走っている様子もここならでは。

 

MEMO

 

遊泳エリアとマリンスポーツエリアの海色が違って見えるのは、サンゴ岩の「内」か「外」か?「浅い」か「深い」か?の違いです。

 

口コミでは

「地元の人が多かった」、「家族で楽しめた又行きたい」、「サンセットを眺めながらのBBQ最高!」と評判。

「最新版」モテ子が選ぶ楽天水着ランキング1~100位

 

いい所

  • 駐車料金が無料。
  • サンシェードの持ち込み、設置OK。
  • ビーチスタッフが常駐する「管理事務所」があるので安心。
  • バリアフリー対応のスロープもあるので足の不自由な方、車椅子の方でも海まで行ける。
  • 公共の公園とあり(設備・管理・清掃)が行き届き、ゴミ一つ落ちていない。
  • ビーチの周辺には娯楽施設、食事処がある。

残念な所

  • ビーチと隣接する「コンベンションセンター」でイベントや催し物があると、通りは少し混雑する。
ワンポイントアドバイス
  1. 個人シュノーケル不可。マリンメニューにあるインストラクターと同伴なら可能。
  2. 入り口は間違えやすいので、グーグルマップで確認して下さい。
  3. 駐車ゲートは「22:00」に閉まるのでご注意を。
  4. 潮見表を確認して!
    干潮になると游泳は不可。干潮も満潮も常に同じ時間帯ではありません。毎日ズレていきます。
  5. お腹空いた・・
    園内に食事処・パーラーがあります。
  6. イベント
    4月
    「琉球海炎祭」
    「カンヌ国際映画祭」
ビーチの設備 ● クラゲ防護ネット
● 監視員
● 更衣室
● シャワー
● トイレ
● コインロッカー
● 売店&パーラー
● BBQエリア
● ビーチバレー
● 管理事務所
● 公衆電話
● 東屋(あずまや)
ビーチレンタル ● ビーチパラソル
● デッキチェアー
● 浮き輪(大、中、小)
● テント(小、大)
● BBQセット
体験できるアクティビティ ● バナナボート
● マーブル
● Uチューブ
● モンスターチューブ
● マリンジェット
● ポッセ
● ビスケット
● 体験ダイビング
● スノーケリング
● オーシャンウォーク
● フライングボード
名称 トロピカルビーチ
(とろぴかるびーち)
住所 沖縄県宜野湾市真志喜 4-2-1
電話番号 098-897-2759
定休日 無休
海開き 4月上旬
遊泳料金 無料
游泳時間 09:00~19:00
(季節により変動)
游泳期間 4~10月下旬
駐車料金 無料(180台)

「ゲートの時間」

夏(4~10月) 09:00~22:00
冬(11~3月) 07:00~22:00

アクセス 那覇空港(なはくうこう)

58号線

トロピカルビーチ(約40分)
トロピカルビーチの評価
砂質
(5.0)
透明度
(2.0)
人気度
(5.0)
総合
(4.0)
周辺には・・


特になし。