\沖縄のゴールデンウィークはこう過ごせ/

「トロピカルビーチ」bbqで沖縄の海を満喫しよう。夕日も絶景スポ!

地元の利用率が圧倒的に多い「トロピカルビーチ」。

夏シーズンとなると海水浴客だけでなくBBQ客も増えるので、一段と賑やかになります。

 

肉のジュージュー焼ける音・・食欲をそそる匂い・・ビーチパーティーで盛り上がりましょう♪アットホーム空間がここの良い所。

駐車料金、入場料金は無料だよ☆

kaz

トロピカルビーチの「様子」





真っ白で広大な砂浜が第一印象!

 

この空間を使って「ビーチバレーにビーチフラッグ、フリスビー」といった軽スポーツを楽しむ若者達の姿でにぎやか。柔らかい砂なので、素足でどんなに激しく動いても痛くありません。

 

海水浴客も多く明るく楽しい雰囲気はまさに「トロピカル」という名前がピッタリ!

セグウェイの走る光景もここならでは。

 

MEMO

 

トロピカルビーチは「宜野湾海浜公園」の敷地内にあります。

 

砂質

一面真っ白サラサラ。

 

本当に人工のビーチ?と疑いたくなる驚きの柔らかさ。素足でどこをどう歩こうが全然平気。砂の面積も圧倒的に広いので、何だってできる。

 

山?ダム?作って壊すのも楽しいですよ。

炎天下は浜全体が白に反射するので、ちょっとまぶしい・・

 

MEMO

 

砂浜エリアは「影」が一切ありません。

 

ビーチパラソルにお金をかけたくないという人は「サンシェード」です。休憩ポイント&荷物置きにも活用できるから大変便利。沖縄の紫外線は強烈なので、熱中症でダウンしないようこまめに休みながら遊びましょう。

透明度

それほどきれいではありません。

 

海水浴客が多いと砂煙が巻き上がるので、さらに濁ります。

クラゲ防護ネットの中はいた仕方ありません。

台風後や早朝のまだ人が入っていない海はとてもきれいだよ☆

kaz

遊泳エリア

トロピカルビーチは「クラゲ防護ネット」を設置しています。

端から端だと人の顔が認識できないほど広いので、海水浴客どうしがぶつかるという事もなし。奥行きも十分。

 

ビースタッフもちゃんと見ているので、小さなお子様も安心して海水浴が楽しめる。

 

マリンスポーツ・アクティビティ


トロピカルビーチは「マリンスポーツ」も楽しめます。

 

夏シーズンとなると利用客も激増。海の上を高速のバナナボートが爽快に走る様子が見られる。

最初は慣らし運転から徐々にスピードを上げていきドリフトも加えていくので興奮度アップ。体にかかる風圧、波しぶきをぜひ体感して見て下さい。

 

沖へ出ると360度の広い海!

 

シュノーケル

シュノーケル体験も人気。

 

まず初めにインストラクターと一緒に浅瀬で練習→準備が整い次第本番です。コースはとても深い所ではないので難易度も低い。初心者さんも全然大丈夫。

 

緑の広場

トロピカルビーチは公園と一体となっているので、ご覧の広場も整備されています。

 

このスペースをいかして「バトミントン、ちょっとしたキャッチボール」が楽しめる。海に入らないという人はぜひ活用して見て下さい。

 

芝生のお手入れも行き届いているので、気持ちよくご利用できます。屋台も整備されファーストフード販売も行っています。

イベント事があるとこの場所に特設会場やステージが出現するよ。

kaz

バーベキュー&ビーチパーティー

トロピカルビーチは「バーベキュー」も楽しめます。

 

ここはBBQ設備が整い収容スペースも広いので、連日にぎわっています。そのほとんどは地元客。

 

沖縄の人にとってビーチパーティーは、コミュニケーションの大切な「場」。友達、学校、会社の同僚といった交流に大きな役割を果たしています。

 

ウチナー口(沖縄の話し方)が飛び交うアットホーム空間は、人懐っこい沖縄の人柄がよく出ています。その独特の話し方に耳を傾けて見るのも楽しいですよ。

 

テント

これがBBQ客を収容するテント。

 

中にはテーブル席を設けているので、大人数でご利用可能。海風の吹いてくる快適空間です。シーズンは全ての席が埋まる盛況ぶり。

BBQ客がいない時は腰を下ろして景観に浸るのもOK!

 

はごろもセット

 

料金

「1人 1600円」

オーシャンセット

 

料金

「1人 2100円」

トロピカルセット

 

料金

「1人 2600円」

学生セット

 

料金

「1人 1100円」

レンタル

 

シングルベンチ (10~15名) 5,000円
ダブルベンチ(20~25名) 8,000円
サンセットエリア(20~25名)12,000円
BBQ機材(鉄板・ガス・釜) 2,000円

利用時間

 

21:00まで

お問い合わせ電話番号

 

090-4471-0581

 

注意

  • 食材の持ち込み不可。
  • クーラーボックスの持ち込み可。
  • 瓶類・ワレモノ類の持込み不可。
  • キャンセルは3日前に。それ以降は全額負担。

 

遊歩道

海へせり出すこの空間は高台のあるちょっとした広場。

オレンジ色のレンガを敷き詰めた遊歩道がぐるっと通っています。

 

散歩コースにもなっているので、地元人の散歩やジョギング風景も見られる。釣り人の姿も見かけますが、はたしてお魚さんなんて釣れるのでしょうか?

 

階段を上がれば180度の海景色が視界に収まりますよ。青色~。

毎年4月に行われる「琉球海炎祭(花火大会)」は、この場所から花火が打ち上げられます☆

kaz

海の見える「オープンテラス」

ここは誰でも気軽に腰を下ろせる共有スペース。

 

日影の中、ほどよい海風が通る気持ちのいい空間です。

トロピカルドリンクを片手に海景色に浸るのもいいね。

 

トロピカルハウス

トロピカルビーチは「売店」も完備しています。

 

海遊びに必要な(水着、浮き輪、ゴーグル)何だってそろう。バトミントン、ボール、砂遊びセットもあるので、お父さんは要チェック。

「地域物産品紹介コーナー」では、島ぞうりにカラフルな琉球ガラスも並ぶ。

 

パーラー(海の家)も兼ね備えているので軽食、水分補給にも困りません。

お店の前は「喫煙スペース」も設けているよ。

kaz

更衣室

トロピカルビーチは「更衣室」も整備しています。

 

海水浴の前、後はここで体についた砂を落としましょう。緑の中にあるねずみ色の建物がその更衣室。ぐるっと半円形でオシャレ。

 

スタッフの常駐する「管理事務所」も兼ね備えています。

(BBQ、ビーチパラソル、浮き輪)のレンタル窓口もあるので、利用者はここを通そう。

 

浮き輪の空気入れは無料だよ。

kaz

更衣室の設備

 

  • 足洗い場(無料)
  • シャワー(3分100円)
  • コインロッカー(200円)
  • トイレ
  • 洗面台
  • 管理事務所

 

休憩スペース


更衣室の前はご覧の休憩スペース。

 

木造のテーブル席に目の前は緑の風景・・気持ちのいい空間です。

ここで友達の着替えが終わるまでゆっくりと待つ事が可能。自販機もあるので、談笑しながら時間を潰せる。

 

コインロッカー&シャワーは有料(小銭が必要)なので、予め自販機で崩すといいよ。

kaz

夕日

トロピカルビーチは「夕日鑑賞」も楽しめます。

夕方の時間帯になるとオレンジ色の太陽が海に沈む様子が見られます。

 

海水に浸かりながらもその素敵な光景が見られるなんて素敵すぎ。

 

スマホを片手に撮影タイムが始まるのもちょうどこの時間帯。観光客はテンションアップで様々なポーズを楽しんでいます。

 

カップルさんにもちょうどいいロケーション♪

思い出の写真をバシバシ収めて下さい。そうでない人は王道のイ・ン・ス・タ。コメントもいつも以上に殺到します。

 

 

トロピカルビーチはサンセットビーチのように夕日スポットとしてはまだ定着していませんが、ここも間違いなく「夕日スポット」断言できます。西向きというのがポイントだよ。

kaz

写真集



 

感想

トロピカルビーチは「海水浴、BBQ、陸遊び」が楽しめる公共ビーチ。

サマーバケーションを満喫するのに必要な設備は全て整っているので、何の不満もありません。

 

9割は地元客なので、リゾートホテルビーチでは見られない沖縄の「素」が垣間見れますよ。

 

地元の人→海の中でもTシャツ
観光客→ビキニ

なのですぐに見分けがつきます。

 

観光客は露出度も高く寝っ転がって肌を焼いたりしますが、沖縄の人は絶対にそんな事しません。沖縄の紫外線は強烈なので、無防備に肌をさらし出すと後々ヒリヒリする事が分かっているのだ。

 

もし日焼けしたい!という人は数時間そこにいるだけで勝手に黒くなっています。何か特別な事をする必要はなし。

 

子連れファミリーにもオススメなので、ぜひ足を運んで見て下さい。

 

MEMO

 

「遊泳エリア」と「マリンスポーツエリア」の海色が違って見えるのは、サンゴ岩の内か外か?浅いか深いか?の違いです。

 

口コミでは・・

「地元の人が多かった」、「家族で楽しめた又行きたい」、「サンセットを眺めながらのBBQ最高!」と評判。

「最新版」モテ子が選ぶ楽天水着ランキング1~100位

 

いい所

  • 駐車料金が無料。
  • サンシェードの持ち込み、設置OK。
  • ビーチスタッフが常駐する「管理事務所」があるので安心。
  • バリアフリー対応のスロープもあるので足の不自由な方、車椅子の方でも海まで行ける。
  • 公共の公園とあり(設備・管理・清掃)が行き届き、ゴミ一つ落ちていない。
  • ビーチの周辺には娯楽施設、食事処がある。

残念な所

  • ビーチと隣接する「コンベンションセンター」でイベントや催し物があると、通りは少し混雑する。

 

ワンポイントアドバイス
  1. 個人シュノーケル不可。マリンメニューにあるインストラクターと同伴なら可能。
  2. 入り口は間違えやすいので、グーグルマップで確認して下さい。
  3. 駐車ゲートは「22:00」に閉まるのでご注意を。
  4. 潮見表を確認して!
    干潮になると游泳は不可。干潮も満潮も常に同じ時間帯ではありません。毎日ズレていきます。
  5. お腹空いた・・
    園内に食事処・パーラーがあります。
  6. イベント
    4月
    「琉球海炎祭」
    「カンヌ国際映画祭」
ビーチの設備 ● クラゲ防護ネット
● 監視員
● 更衣室
● シャワー
● トイレ
● コインロッカー
● 売店&パーラー
● BBQエリア
● ビーチバレー
● 管理事務所
● 公衆電話
● 東屋(あずまや)
ビーチレンタル ● ビーチパラソル
● デッキチェアー
● 浮き輪(大、中、小)
● テント(小、大)
● BBQセット
体験できるアクティビティ ● バナナボート
● マーブル
● Uチューブ
● モンスターチューブ
● マリンジェット
● ポッセ
● ビスケット
● 体験ダイビング
● スノーケリング
● オーシャンウォーク
● フライングボード
名称 トロピカルビーチ
(とろぴかるびーち)
住所 沖縄県宜野湾市真志喜 4-2-1
電話番号 098-897-2759
定休日 無休
海開き 4月上旬
遊泳料金 無料
游泳時間 09:00~19:00
(季節により変動)
游泳期間 4~10月下旬
駐車料金 無料(180台)

「ゲートの時間」

夏(4~10月) 09:00~22:00
冬(11~3月) 07:00~22:00

アクセス 那覇空港(なはくうこう)

58号線

トロピカルビーチ(約40分)
トロピカルビーチの評価
砂質
(5.0)
透明度
(2.0)
人気度
(5.0)
総合
(4.0)

 

 

周辺には・・

特になし。