\あなただけにプロフィール暴露/

「トンナハビーチ」キャンプにBBQもできる天然の海。あっお魚さん!

透明度の高い水色はさすが離島の海と感心する。

 

他のビーチと比べるとこじんまりしていますが、手つかずの自然が今も残されているのがいい。西向きなので波も穏やか。

ここは駐車料金がかかるよ☆

kaz

トンナハビーチの「様子」



遠浅になっているので段々と深くなっていく感じ。

個人シュノーケルもできるので、訪れた際はぜひ海の中ものぞいて見みよう。

 

砂質

一面真っ白サラサラ。

 

海辺は少し固め。

大小サンゴの欠片が混じっていますが、角はないので素足でも痛くありません。

 

透明度

足のつま先が見える透明度。

さすが離島の海。文句の付けどころがない。海の底にあるサンゴ岩もリアル。

 

マリンスポーツ・アクティビティ

トンナハビーチは「マリンスポーツ」も楽しめます。

 

夏シーズンとなるとエメラルドの上に「バナナボート、ジェットスキー、マーブル」が出現。ここではフライボードが人気なのでぜひチャレンジして見て下さい。

フライボードとは水圧を利用して宙を舞う新感覚スポーツだよ☆

kaz

慣れてくると高い所まで行けます。足元はエメラルド畑が360度に広がるので、テンションアップ間違いなし。

あなたの腕、センス次第で注目度もアップ!

 

シュノーケル

トンナハビーチは個人で「シュノーケル」が楽しめます。

 

実はこのシュノーケル遊びこそがトンナハビーチの楽しみ方!天然のビーチはお魚さんの出現率も高いので、それほど深い所に行かなくても遭遇します。

 

ここで見られる生き物達

リスズメダイ

 

全身青色に輝く熱帯魚。小心者なのでいつも群れで行動。ほんときれい。

ニモ

 

映画ファインディング・ニモで一躍有名になった「カクレクマノミ」。こちらも色鮮やかで南国らしい。発見した時はテンションアップ!

コバンアジ

 

スイーっと横切る集団。「く」の字が特徴でとにかくスピードが早い。

ヤマブキベラ

 

メスは全身黄色。オスは水色が入り顔の辺りにオレンジの模様をつける。幼魚は両方とも全身オレンジ色なので、とても同じ魚とは思えない。

などなど。

岩の中に隠れたり出たりする様子が何ともかわいいですよ♪

 

水中ゴーグル

海の中にいるお魚さんを見るには肉眼では不可能。いくら透明度が高いといっても視界はボヤけ目も染みます。目の安全にも水中ゴーグルは必至。

 

浮力のあるライフジャケットも組み合わて下さい。

足の届かない所で溺れたり、流されたりでもしたら大変です。

 

あまり遠くまで行き過ぎないようご注意を。

急に深くなる所もあります。

 

琉球石灰岩

ビーチの両サイドに見える岩山は全て「琉球石灰岩」。

沖縄のあるある風景です。

 

海へせり出しているのでビーチは狭く感じますが、一旦沖へ出ると視界が開け一気に広くななります。これは乗り物にのらないとさすがに分からない。

 

ウッドデッキ

手作り感のあるウッドデッキ登場。

ここから水平線の先まで伸びる180度のエメラルドが見渡せます。

 

泳がない人はただここに座っているだけでOK。

南国の癒やしが視界から入ってきます。清潔感のある白が好印象。

 

石油基地

その洋上に見えるねずみ色の建物は、海底に眠る石油を採掘するための施設。採掘された石油は近くの平安座島「沖縄石油基地(株)」へ送られます。

石油の輸入がストップするという 緊急事態に備え原油を蓄えているんですねー。その貯蔵庫は約30基以上。

景観を壊しているのがちょっと残念ですが、海は驚くほどきれいです。

kaz

パーラー

トンナハビーチは「パーラー」も整備しています。

 

日陰空間にテーブル席もあるので、ゆっくり腰を下ろせる。

さあ 冷たいものでも飲んでクールダウンだ。

 

フード

 

「魚肉ソーセージ」
「沖縄そば」
「タコライス」
「焼きそば」
「カレーライス」
「たこ焼き」
「アメリカンドッグ」
「カップ麺」

 

冷たいもの

 

「ソフトドリンク」

「かき氷」
「かき氷ミルク」
「生ビール」
「缶ビール」

 

シャワー(全5室)

トンナハビーチは「シャワー室」も整備しています。

 

海水浴の後はここで体についた砂を洗い落とそう。

同時に5人利用可能。

 

シャワーの利用料金 有料(200円)
コインロッカーはないので、貴重品は車の中で大切に保管しよう

kaz

バス

これはトンナハビーチの出入り口にある水色の観賞用バス。

 

もちろん走る事はできません。

トンナハビーチを象徴するトレードアイテムです。

 

左端のプレハブ小屋はスタッフの常駐する小屋。マリンスポーツの受付や浮き輪の空気入れを行っている。

 

写真集




 

感想

①「海中道路」

②「平安座島」

③「宮城島」にトンナハビーチがあります。

入り口にある大きな看板が目印。

 

夏本番を迎えるシーズンでも利用客が少ないので常に貸切状態。

思いっきり羽目を外せます。

 

しかし・・あまりにも人がいない寂しい雰囲気はちょっと残念・・夏なのにいまいち盛り上がりにかける。

 

逆に騒がしい所は嫌!という人は向いてます。

マリンスポーツの待ち時間もないしシュノーケルの人も多くないので、浅瀬でも天然のお魚さんが見られる。これが田舎ビーチのメリットです。

 

それと・・この場所は観光雑誌でもあまり見かけないので、知っているよという人はほとんどいません。有料ビーチ」なので地元の人でも行った事がないという人がほとんど。

 

どうせ同じ有料ビーチならこの先にある設備の整った伊計ビーチがいいと素通りする人が多い。

 

マイナーな所ではありますが「この辺のビーチは行き尽くした、他を見てみたい」という人は一度足を運んでみるのもいいと思います。

 

MEMO

 

人が管理するビーチで個人シュノーケルを許している所は中々ありません。

 

口コミでは・・

「コンパクトビーチ」、「ほのぼの雰囲気」、「餌付けポイントに行くと魚が見られる」と評判。

「最新版」モテ子が選ぶ楽天水着ランキング1~100位

 

いい所

  • 駐車場からすぐビーチ。
  • 個人シュノーケルができる。

残念な所

  • 駐車料金が有料
  •  民間の運営するビーチなので設備もそれなり。
  • 活気がない。

 

ワンポイントアドバイス
  1. クラゲ防護ネット&監視員は配置されていません(スタッフは常にどこかにいます)。
  2. バーベキュー&キャンプもできます。テントの貸し出しも行っています。
  3. 宮城島にあるここ「トンナハビーチ」は沖縄本島と橋で繋がっているので、車で簡単にアクセスできます。もちろん日帰りも可能。
  4. お腹空いた・・
    食事処といえば園内にパーラーがあります。
ビーチの設備 ● クラゲ防護ネット
● 監視員
● 更衣室
● シャワー
● トイレ
● コインロッカー
● 売店
● 自販機
● BBQ
● 東屋(あずまや)
ビーチレンタル ● テントキャンプ
● テントテーブル
● テントセット
● シュノーケル
● ゴーグル
● フィン
● 浮き輪
● ライフジャケット
● パラソル
● ゴザ
● サマーベッド
体験できるアクティビティ ● フライボード
● チューブ各種
● ジェットスキー
● ウェイクボード
● ジェットスキーレンタル
● ジェットスキーツーリング
名称 トンナハビーチ
(とんなはびーち)
住所 うるま市与那城上原8203
電話番号 098-977-8321
定休日 無休
海開き 4月上旬
遊泳料金 300円
游泳時間 09:30~18:00
(季節により変動)
游泳期間 4~10月末ぐらい
駐車料金 有料(50台)

車1台 500円

アクセス 那覇空港(なはくうこう)

58号線

30号線

トンナハビーチ(約1時間40分)
トンナハビーチの評価
砂質
(3.0)
透明度
(4.0)
人気度
(1.0)
総合
(3.0)

 

近くにある宿泊ホテル

 

周辺には・・