「ホテルみゆきビーチ」マリンスポーツも楽しめる隠れビーチ!

道路の真下にある「みゆきビーチ」は、車で普通に走っていても分かりません。

一歩足を踏み入れると白い浜にエメラルドが広がっているので「こんな所にビーチがあったの!?」と驚く。

ホテルみゆきビーチの「様子」




コンパクトビーチですが人で溢れる事はありません。

 

真夏でも水温が低いのでちょうどいい感じ♪

海水浴も全力で楽しめるよ。

大きな岩と岩の間に挟まれた「天然のビーチ」です。

砂質

陸地は真っ白サラサラ。

 

海辺はサンゴの欠片が混じって少し固め。

角は無いので素足でも痛くありません。

海に向かって左端はゴツゴツした自然の岩がむき出し。

透明度

水色と青色の境界線がはっきりと分かる透明度。

 

足のつま先まで鮮明。

沖まで行っても変わりません。

炎天下でも水温はひんやり気持ちいい。

遊泳エリア

他のリゾートホテルと比べると狭い。

しかし実際に泳いでみると、それほど窮屈さは感じない。

マリンスポーツ・アクティビティ


ここ最大のお楽しみといえば「マリンスポーツ」。

一見狭いビーチに見えますが・・

 

沖へ出れば視界が開け大海原!

エメラルドの上を自由自在に走り回ります。

 

バナナボートは定番の人気ぶり。

体に受ける風圧、波しぶきが夏気分を最高に高めるYO☆

 

インストラクター同伴のシュノーケルツアーでは「カクレクマノミ、ツノダシ、ルリスズメダイ」といったカラフルな魚達が見られます。

海の世界ものぞいてみる?


ここのビーチは「小波」が頻繁にやってきます。

高波はありませんが西海岸にしては力強い。

 

その波のタイミングに合わせてジャンプすると・・

体が押し出されるから楽しい!

 

大人でも倒されたりするので、もう夢中になります。

これぞ自然ビーチのアドベンチャー。

 

子供も大きな声で大はしゃぎ。

スタッフもちゃんと見ているので安心安全。

岩山


ビーチの左端にはこのような「岩山」があります。

側面には遊歩道も設置されているので、裏まで歩いて行く事もできる。

 

手すりもあるので安全。

陸から見ると「ブルー」に見えるビーチですが、ここから見ると何故か「グリーン色」。

 

不思議ですねー。

透明度も底が見えそうなほど高い。

 

マリンが沖へ向かう様子やビーチ全体も見渡せる。

観光雑誌で見かける写真も大体がここからのショット。

 

check

  • 足元は濡れている所もあるので気をつけて。
  •  裏山はビーチスタッフの目が行き届きません。

東屋(あずまや)


赤瓦キターーー♪

みゆきビーチを象徴する東屋(あずまや)です。

 

赤瓦屋根が沖縄~ですね。

その上にはシーサーの姿も・・

 

海にせり出した所に設置されているので、先端は180度のエメラルド。

とろけそうな水色に「このぉーーハートドロボーぉおーー♪」と大絶賛します。

 

足元に迫る海もリアル。

波音に海風も最高に気持ちいいですよぉー。

 

海色も明るくて安心します。

景観ポイントにもなっているので、ドヤ顔で決めて下さい。

屋外プール

海もいいですが、小さなお子様が心配という人はここ。

 

広さもちょうどいい。

高台にあるので海の景色も一緒に楽しめる。

 

checkビーチスタッフも見ているので安心安全。

シャワー

海水浴の後はここで砂を落としましょう。

蛇口もあるので足先もピンポイントで洗える。

 

ビーチの出入り口にあります。

男女共用。

洗眼水栓もついてます。

シャワー室(屋内)

ここは屋内にある「シャワー室」。

 

ブロックの仕切りがあり、同時に7人利用できます。

物置台もあってGood!

 

checkコインロッカー、洗面台はなし。

 

「利用料金」

無料

売店

ホテルのロビーには「売店」もあります。

海アイテムがズラリ。

 

浜遊びセットはすぐ海で遊べる。

他にも沖縄の特産品や琉球ガラス、シーサーの置物、島ぞうりもいっぱい。

 

「営業時間」

09:00~18:00(季節により変動)

写真集







夕日

さっきまで青かった海が嘘みたい・・

視界にはオレンジ色のサンセットが広がり、海面には光の道が現れる。

 

そこに波のBGMも加わるので、ロマンチック度もUP。

もうずっと見ていられる。

 

あなたは誰とどんな思い出を共有するでしょうか?

感想

駐車場にとまっている車のほとんどが「わ」から始まるレンタカー車。

利用客のほとんどが観光客です。

 

中にはアジア系、欧米ファミリーの姿も・・

近年、グローバル色が少し強くなってきた印象を受けます。

 

シーズンでも特に混雑しません。

落ち着つきのある雰囲気でいつも安定している感じ。

 

そういう所を求めている人は合致すると思います。

他のビーチと比べ波がちょっと強い感じですが、入ったらすぐに慣れるでしょう。

 

むしろその波を使って遊ぶのがここの真骨頂。

 

口コミでは・・

「目の前が海、最高のロケーション!」、「海外旅行者が多い印象」、「お値段相応」と評判。

「最新版」モテ子が選ぶ楽天水着ランキング1~100位

 

特徴

同じ系列の「みゆきハマバルリゾート」と同様、ここも修学旅行生・団体客を受け入れる体勢が整っています。

食事会場

 

● レストランシアター(収容人数300名)

● 北山の間(収容人数250名)

● ゆうなの間(収容人数60名)

● 味処味有季(収容人数70名)

● ビーチレストランパンダナス(収容人数150名)

小~大人数を収容できる会場

 

● コミュニティーホール(収容人数300名)

● 小ホールつどぅい(収容人数40名)

お風呂

 

● 展望大浴場(男性60名、女性40名)

● 大浴場(男性10名、女性10名)

大人数を収容できる大きな部屋がいくつもあります。

教育関係者は修学旅行に検討するのもいいでしょう。

 

もちろんカップル、仲良しグループ、家族連れでも全然OK。

観光の拠点として考えると視野も広がります。

 

いい所

  • 全室オーシャンビュー。
  • 部屋から(プール、ビーチ、レストラン、駐車場)が近い。
  • 清掃・管理が行き届きゴミ一つ落ちていない。

残念な所

  • 建物・外観がくたびれている。
ワンポイントアドバイス
  1. 個人シュノーケル不可。マリンスポーツメニューにある参加型のものならOK。
  2. 周辺の観光ホテルよりも宿泊料金が安めに設定されているので、節約旅行を考えている人はオススメ。
  3. 近くには同じ系列の「みゆきハマバルリゾート」もあります。
  4. お腹空いた・・
    園内にパーラーがあります。ホテルにはレストランも。
 ビーチの設備 ● クラゲ防護ネット
● 監視員
● 更衣室
● シャワー
● トイレ
● コインロッカー
● 売店
● パーラー
● 屋外プール
● コインランドリー
 ビーチレンタル ● ビーチパラソル
● デッキ・チェア
● 浮き輪
● フローターマット
● ライフジャケット
● マスク
● フィン
● シュノーケル
● カヤック
● エサつきつり釣具
 体験できるアクティビティ ● バナナボート
● ドラゴンボート
● マリンジェット
● リラックス
● ダブルチューブ
● ニトロ
● マリンジェットツーリング
● ドラゴンボートツーリング
● シーカヤックツーリング
● 体験ダイビング
● ファンダイビング
● シュノーケル
名称 ホテルみゆきビーチ
住所 沖縄県国頭郡恩納村安富祖1583−2
電話番号 098-967-8031
定休日 無休
海開き 4月上旬
遊泳料金 無料
游泳時間 09:00~18:00
(季節により変動)
游泳期間 4~10月末ぐらい
駐車料金 全80台

宿泊者は「無料」
外来者は「500円」

アクセス 那覇空港(なはくうこう)

高速道路

58号線

ホテルみゆきビーチ(約1時間)
ホテルみゆきビーチの評価
砂質
(3.0)
透明度
(4.0)
人気度
(3.0)
総合
(3.5)
ここの宿泊ホテルに泊まりたい
周辺には・・