「ホテル日航アリビラ」透明度の高い素敵なビーチ!プールもあるよ!

一面キラキラと輝くエメラルドの海。

自然の海とあって、その美しさは本物。

 

「色」、「鮮やかさ」、「透明度」のレベルが他とは桁違い。

強いグリーン色を放つ海は「こんなの見たことない!」と驚かれる方も多い。

二ライビーチの「様子」





海を見慣れた沖縄の人でも惚れ惚れとする美しいビーチ。

利用客も多く活気のある明るい雰囲気。

 

トロピカルという言葉が的確で、南国気分全開♪

心も体も軽くなる~。

砂質

一面真っ白サラサラ。

海辺はサンゴの欠片も一切混じってなく、一つ一つかきめ細かいので素足でも気持ちいい。

 

波が引いた後、足がズズズーと沈み込むほどの柔らかさ。

天然とあって人工ビーチにはない踏み心地感です。

 

お腹をくっつてゴロンゴロン~するのも楽しい。

どんなに炎天下でも砂の温度はそこまで上がりません。

 

長時間いても全く疲れない。

透明度

足のつま先が見える透明度。

真夏日でも水温はひんやり気持ちいい。

遊泳エリア

端から端だと人の顔が認識できないほど広い。

 

奥行きも十分すぎるほど。

さすがリゾート。

マリンスポーツ・アクティビティ

さあ あなたもグリーンの海へ突撃するのだ。

信号機のない自由な世界を踊り狂え♪

 

人数を気にしないバナナボートは定番の人気ぶり。

エメラルドの上を爽快に走るよ。

 

ウォーミングアップが終わると徐々にスピードアップし・・

ドリフトも加わる。

 

振り落とされず最後まで踏ん張り切れるかな?

アクアバイク

逆に自分のペースでゆっくりと海を楽しみたい人は「アクアバイク」。

 

ハンドルがついているので、好きな所へ行けます。

海の景色+会話も楽しめるので、カップルにもオススメ。

琉球石灰岩

海面からちょこんと突き出たこの岩の塊は「琉球石灰岩」といいます。

波に当たる所は削られるので、扇状になる事が多い。

 

ほら、足元はスリムでしょ。

こういった自然を残している風景がいいですね。

岩場

海に向かって右端は「琉球石灰岩」に囲まれた空間があります。

 

興味のある方はその中がどうなっているのか?のぞいて見て下さい。

岩の上に自生する緑の植物は、南国特有の亜熱帯植物「ソテツ」、「アダン」です。

 波

ここの面白みは何といっても「波」。

西海岸は高波なんてありませんが、ここは小波が頻繁にやってきます。

 

タイミングを合わせてジャンプすると、体が押し出されるから楽しい!

子供は特に大盛り上がりです。

 

大人でも倒される事があるんですよ。

いやー本当に楽しい!

 

波もアトラクションになるのです。

 

check満潮へ向かう時間帯は強いですが、逆に干潮へ向かうと弱くなります。

ビーチパラソル

シーズンは真っ白な砂浜にビーチパラソルがきれいに並ぶ。

炎天下でも中は快適。

 

背もたれもあるので、両手両足を思いっきり伸ばしてくつろげるよ。

荷物を置いたら・・

 

海へ向かってGO!

 

check宿泊客は無料でご利用できます。

緑のスペース

ビーチのすぐ後ろはこのような「緑のスペース」。

芝生のお手入れもきれい行き届いてます。

 

パラソルつきのチェアーもありますが、木影があるので不要かな?

緑は熱を吸収するので、ここの空間だけは涼しく快適。

 

ちょっとした高台になっているので、海の見晴らしもいい。

こんなアイテムも・・

このボックスの中にはフカフカなクッションと枕が用意されています。

カーテンを閉めればプライベートを実現。

 

大の字でくつろげる空間となる。

カップル、家族でまったり過ごせそうですね。

 

ただし有料

ガーデンプール


海に入らない人はここ。

ここなら大人も子供も安心して水の中で遊べます。

 

頭上には白い雲があんなにも近く・・

視線を変えればエメラルドの海が広がる♪

 

背の高いヤシの木も適材適所に植栽されているので、見た目もゴージャス。

庭園の中にひょっこり現れたオアシスみたいな雰囲気ですね。

 

そんな所で水遊びができるのですからもう最高♪

子供達の和気あいあいとはしゃぐ様子も楽しそうだ。

 

監視員もちゃんと見ているので安心です。

浮き輪の利用もOKだよ。

 

夜はプール全体がライトアップされるのできれい。

サマーベッドは無料なので遠慮なく使い倒そう。

 

checkアームヘルパー(お子様が両腕につける小さな浮き輪)の貸出も行っています。

 

「利用時間」

09:00~18:00(季節により変動)

お子様用エリア

ここは水深の浅い「お子様用エリア」。

 

お父さん、お母さんも安心して遊ばす事ができますよ。

記念写真も忘れずに。

木影

プールサイドにはこのような「木陰空間」があります。

どんなに暑い日でもこの中だけは涼しい。

 

ご丁寧にサマーベッドも置いているので、気軽に腰を下ろせる。

セミの鳴き声は沖縄のリアルを感じる瞬間だ。

 

剪定もよく行き届いているのでナイス。

 

MEMO

 

この植物は沖縄でメジャーなガジュマルの木。観光スポットで知られる「大石林山」は樹齢何百年という立派なものが見られます。

「大石林山」キャンプのできるスピリチュアル山。石パワーを取りこめ

ビーチスナック

軽食が楽しめる「海の家」です。

オープンテラスなので、海の景色もバッチリ入ってくるよ。

 

海風も気持ちいい。

お肉でも焼いて夏気分を盛り上げよう♪

もちろん水着姿のまま利用可能。

 

フード

 

「島豚カレー」

「タコライス」

「ナポリタン」

「カレーパン」

「たこ焼き」

「焼き鳥」

「フランクフルト」

「枝豆」
「BBQメニュー」

 

冷たいもの

 

「かき氷」

「アイスクリーム」

「フロート」

「ソフトドリンク」

「グラスワイン」

 

他いろいろ。

シャワー

ビーチスナックの玄関にはこのような「シャワー」も完備。

海水浴の後はここで砂を落とそう。

 

同時に2人利用可能。

帰り道にあるので利便性もあってナイス。

洗眼水栓もついているので、目の消毒も可能。

 

「利用料金」

無料

ショップ

海アイテムがそろうちょっとした「売店」。

 

テラスにはテーブル席もあるので、気軽に腰を下ろせます。

奥は「更衣室」なので、友達の着替えが終わるまでここで一息つくのもいいだろう。

 

「営業時間」

09:00~18:00(季節により変動)

更衣室

海水浴の後はここで体についた砂を落とそう。

 

シャワー室はそれぞれ個室にカーテンつき。

物置台もあるので便利。

 

設備

「洗面台」
「トイレ」
「シャワー 無料(温水)」
「コインロッカー(有料)」

夕日

海に沈むロマンチストな太陽・・

さっきまで青かった景色がオレンジ色のサンセットへ。

 

もうね・・

南国気分そのまんま。

好きなだけ癒やされて下さい。

 

沖縄ぁああー♪

写真集








白を貴重とした建物に赤瓦の似合う「ホテル日航アリビラ」。

その外観は異国場漂うサウジのお城。

 

西洋の雰囲気・アイテムが至る所に詰め込まれているので外国気分が味わえる。

日常とはかけ離れた「非現実空間」です。

感想

観光客が目を輝かせながら「わぁーきれいー!」と大絶賛するニライビーチ。

さとうきび畑が続く崖の切り立った所に、まさかこんなトロピカルリゾートが存在するなんて想像もつきません。

 

日常とは完全に切り離されたまさにプライベートビーチ。

その圧倒的スケールはザ・ワイルドという言葉がピッタリ。

 

リゾートと呼ぶに相応しい楽園(オアシス)が目の前に広がっているのだ。

海の「風景・臭い・風・音」全ての五感が刺激される極上空間でもありますね。

 

アリビラとはスペイン語で「くつろぎ、落ち着く」という意味。

ここはまさにそれを体現できる素敵な所。

 

採掘など一切行っていない天然のビーチは、顧客満足度も非常に高くリピーター率も高い。

楽しむ主役はもちろんそこの「あなた」

 

王子様、お姫様にでもなった気分で遊び尽くそう!

 

MEMO

 

平成26年環境省が行った水質調査の結果、ニライビーチは「AA(適)」と判定されました。

 

口コミでは

「想像を超える素晴らしいビーチだった」、「迎えてくれるスタッフが親切で温かい」、「心地よい滞在ができた」、「家族みんな大満足」と評判。

「最新版」モテ子が選ぶ楽天水着ランキング1~100位

 

いい所

  • 駐車料金が無料。
  • マリーンスポーツのメニューが豊富。
  • リゾート感がある。
  • 海水浴に必要な設備は全て整っている。
  • 清掃が行き届きゴミ一つ落ちてない。
  • ビーチスタッフの常駐する「管理事務所&ニライビーチ救難所」があるから安心。

残念な所

  • 干潮の時間帯は游泳不可。そのかわり沖まで歩いて行けるようになります。岩場に取り残された「小魚、カニ、貝殻、ヤドカリ」など様々な生き物を見る事ができますよ。
ワンポイントアドバイス
  1. 遊泳エリア内での個人シュノーケルは可能。ライフジャケットは必ず着用(無料貸出あり)。エリア外は不可。
  2. 2年連続で海ガメの自然ふ化が確認され、数十匹の海ガメ赤ちゃんがニライビーチを巣立っていきました。
  3. お腹空いた・・
    パーラー、レストランがあります。
  4. イベント
    「アリビラミステリアスナイト」
    「カウントダウンライブ・ビンゴ・打ち上げ花火」
    「琉球舞踊」
ビーチの設備 ● クラゲ防護ネット
● 監視員
● 更衣室
● シャワー
● トイレ
● コインロッカー
● 食事処
ビーチレンタル ● ビーチパラソル
● チェアー
● 浮き輪
体験できるアクティビティ ● ジェットスキー
● ドラゴンボート
● マーブル
● アクアサイクル
● Uチューブ
● スキーチューブ
● サーフィンスクール・ボディーボードスクール
● ウェイクボードスクール(ジェットトーイング)
● ウィンドサーフィン
● ビーチカヌー
● ペダルボート
● スタンドアップパドルボード
● フィッシング
● グラスボード
● ジンベエザメグラスボート
● サンセットセーリング
● シュノーケリング
● ツアー
● ふれあい
● 青の洞窟
● ボートで行く青の洞窟
● ジンベエザメ
● クマノミボート
● ダイビング
● クマノミ城
● ジンベエザメ
● 青の洞窟
● ボートで行く青の洞窟
● クマノミふれあい
● スペシャル
名称 ホテル日航アリビラ
(ほてるにっこうありびら)
住所 沖縄県中頭郡 読谷村儀間600
電話番号 098-982-9111
定休日 無休
海開き 3月中旬
遊泳料金 無料
游泳時間 09:00~18:00
(季節により変動)
游泳期間 3~11月末ぐらい
駐車料金 無料(250台)
アクセス 那覇空港(なはくうこう)

58号線

6号線

ホテル日航アリビラ(約1時間30分)
ホテル日航アリビラの評価
砂質
(5.0)
透明度
(5.0)
人気度
(5.0)
総合
(5.0)
ここの宿泊ホテルに泊まりたい
周辺には・・