「ムルク浜ビーチ」BBQもできる隠れスポット。アクセスはここだ!

懐かしさを残したまま今も昔も変わらない風景・・

それが「ムルク浜ビーチ」。

 

海上、そして陸地に転がる自然の岩が目を引きます。

これといった整備開発はされていないので、離島ならではの素朴な景観。

ムルク浜ビーチの「様子」





明るい水色、青色が折り重なる海のグラデーションが沖縄らしくていいですね。

 

動くものといえば上空を漂う「雲」、ランダムにゆれ動く「波」だけ・・

ここは時間だけがゆったりと流れる別空間。

 

ロングビーチなので青色を片目に散歩も楽しい。

ヤドカリやカニさんも出没するので、お子様は浜遊びも楽しめると思います。

砂質

一面真っ白。

陸地はサラサラ、海辺は少し固め。

 

天然の浜なので、大小サンゴの欠片や小石が散乱している所もあります。

運が良ければ特別天然記念物「オカヤドカリ」を発見する事もありますよ。

 

MEMO

 

砂浜エリアは「影」が一切ありません。

 

ならばサンシェードです。休憩ポイント&荷物置きにも活用できるから便利。沖縄の紫外線は強烈なので、熱中症でダウンしないよう工夫して下さい。

ビーチバレー

砂浜にはバレーネットも設置されています。

海に入らない人は利用するのもいい。

透明度

足のつま先が見える透明度。

さすが離島の海と感心する。

マリンスポーツ・アクティビティ


スピードの出るバナナボートは定番の人気。

 

海面には白い線を作り、絶叫が響き渡る。

男女問わずみんなで盛り上がる乗り物です。

浮原島

水平線の先にうっすら見える緑の丘は「浮原島(うきばるじま)」。

戦後はアメリカ海兵隊が管理していましたが、後に陸上自衛隊に移譲。

 

現在は誰も住んでいないただの無人島。

高台から望む事ができます。

バナナボートで行く無人島シュノーケルツアー

無人島・南浮原島(うきばるじま)を往復する弾丸ツアーです。

バナナボートでシュノーケルポイントまで行き、そこから海へダイブ。

 

スタッフが餌をまくので自然と魚も集まってきます。

「ツノダシ」
「ロクセンスズメダイ」

といったお魚さんが見られるよ。

 

映画ファインディング・ニモで有名になった「カクレクマノミ」を見つけた時は感動もの。

沖合は透明度も一段と高くなります。

 

「出発時間」

①10:30
②12:00
③13:30

「所要時間」

約90分

琉球石灰岩


ここは陸にも海にも琉球石灰岩がゴロゴロ。

風、波の侵食で様々な形になります。

表面は凸凹。

 

下にいけばいくほど細くなり扇のような形になる。

ほら、写真をよく見てみるとみんなそうでしょ。

 

ここの名物光景です。

アクアマリンクラブ

小腹が空いたらここ。

ちょっとした軽食もあるよ。

 

シャワーも完備です。

駐車場の管理も行っている。

 

checkコインロッカーはないので、貴重品は自分で管理しよう。

 

設備 マリンスポーツ・レンタルの受付
シャワー室(有料200円)
トイレ
パーラー
コインロッカー
パーラー カレーライス
ハヤシライス
タコライス
ビール
かき氷
営業時間 4~10月のみ営業。

10月は海が荒れたり、天候が悪ければ早く閉める事もあります。

電話番号 098-973-1800

ムルク浜ビーチの「行き方」

行き方が分からないという人はこの看板に注目。

 

ここを起点に

左へ行けば
「ムルク浜ビーチ」

右へ行けば
「ホテル浜比嘉リゾート」

に出ます。

 

check「ホテル浜比嘉リゾート」からもムルク浜ビーチへ行けます。

 

ただし、そこからだと長い階段を降りてビーチへ行く事になるので帰りは大変。

まずは看板を「左」へ曲がってみます


海が視界に入りガードレールが現れる。

突き当り右へ曲がると細道がしばらく続く。

 

check

車と車がすれ違うのがやっとという細道なので、安全運転で進もう。

 

このまま行くと「ムルク浜ビーチ」に到着します(約5分)。

右手は「有料の駐車場」。

 

ちょっとした見学だけなら無料で駐車できます。

お次は「ホテル浜比嘉リゾート」

ここは先程紹介した看板の「右」を行った所。

 

ホテル浜比嘉リゾートの「駐車場」です。

こちらの駐車料金は無料(全70台)。

 

checkここからビーチへ向かうにはホテルの敷地を入り、長い階段を下りなければならない。

 この「階段」

階段のお隣には半円形のプール。

そこを一直線に降りると「ムルク浜ビーチ」に出る。

 

 

行き方の解説は以上となります。

どこから行くか?各自判断して下さい。

写真集





感想

シーズンでも人影は少ないので、「プライベートを思いっきり満喫したい」という人は最高の場所。

 

青い空に青い海・・

優しい波音が日常を忘れさせてくれます。

 

たまには自然の風景に心を預けてみるのもいいもの。

 

心のリセットにはやっぱりその場の空気、雰囲気を体感するのが一番。

あなただけの楽しみ方、過ごし方を満喫しよう。

 

MEMO

 

浜比嘉島にあるここムルク浜ビーチ近海は「もずく」の養殖も盛ん。沖合ではもずくを養殖しているボックスがいっぱい設置されています。

 

口コミでは

「静かにのんびり過ごせた」、「高台からの景色が良かった」、「意外と外人ファミリーも見かける」と評判。

「最新版」モテ子が選ぶ楽天水着ランキング1~100位

 

いい所

  • 自然を残している。

残念な所

  • 夕日は見られない。
  • ビーチの設備はそれなり。
ワンポイントアドバイス
  1. ここは公認の海水浴場ではありません。クラゲ防護ネット、ビーチスタッフは配置していないので自己責任で楽しんで下さい。
  2. 波は少し荒めなので、沖まで行きすぎないように。
  3. 浜比嘉島内にあるここ「ムルク浜ビーチ」は沖縄本島と橋で繋がっています。車で簡単にアクセスできるので日帰りも可能。
  4. BBQやキャンプの利用も可。許可は必要ありません。そのままテントを設置し野宿できます。
  5. もし海クラゲなど有害な生き物を確認した場合、一時的に遊泳禁止になります・・が今の所、海クラゲが出たという報告はありません。
  6. 駐車料金を払えば宿泊客でなくてもビーチのご利用ができます。
  7. お腹空いた・・
    食事処といば園内にパーラーがあります。
ビーチの設備 ● クラゲ防護ネット
● 監視員
● 更衣室
● シャワー
● トイレ
● コインロッカー
● パーラー
● 自販機
● BBQ
● 東屋(あずまや)
ビーチレンタル ● シュノーケル
● ウェットスーツ
● 浮き輪
● ビーチパラソル
体験できるアクティビティ ● バナナボート
● マリンジェット
● ウェイクボード
● フライボード
● ジェットベイダー
● シュノーケリング
● 体験ダイビング
● バナナボートで行く無人島シュノーケルツアー
名称 ムルク浜ビーチ
(むるくはまびーち)
住所 沖縄県うるま市 勝連比嘉 伊芸上231
電話番号 ホテル浜比嘉リゾート
098-977-8088
定休日 なし
海開き なし
遊泳料金 無料
游泳時間 日没まで
游泳期間 なし
駐車料金 「ムルク浜ビーチの駐車場」

車 500円。
バイク 200円。

「ホテル浜比嘉リゾートの駐車場」

無料。

アクセス 那覇空港(なはくうこう)

58号線

330号線

ムルク浜ビーチ(約1時間40分)
ムルク浜ビーチの評価
砂質
(3.0)
透明度
(3.0)
人気度
(1.0)
総合
(2.5)
ここにある宿泊ホテルに泊まりたい
周辺には・・
「浜比嘉ビーチ」BBQにキャンプも楽しめるのどかな海 「海中道路ビーチ」BBQ&マリンスポーツも楽しめる景観スポット!