「ムーンビーチ」ハワイアンな大人の雰囲気!プールの先は青い海!

ここのコンセプトは「ハワイ」。

 

園内を流れるハワイアンなBGMが心も体もまったりさせる。

騒がしくない大人の雰囲気がここの魅力。

ムーンビーチの「様子」





真っ白な砂浜に素敵な水色・・

日常の忙しさから開放される世界が待っている♪

砂質

一面真っ白サラサラ。

海辺はきめ細かな砂がジャック。

 

サンゴの欠片も一切混じってないので、素足でも全然気持ちいい。

波が引いた後、足がズズズーと沈み込むほどの柔らかさ。

 

まるでパウダーの上。

自然の浜とあって、人工ビーチにはない踏み心地感です。

 

波打ち際でお腹、背中をくっけてゴロンゴローンするのも気持ちいいよ♪

波に倒されるのも定番。

 

炎天下でも砂の温度はそこまで上がりません。

長時間いても疲れない。

透明度

足のつま先が見える透明度。

 

沖へ行っても変わらない。

ホテルのビーチでもここはトップクラス。

遊泳エリア

端から端だと人の顔が認識できないほど広い。

 

奥行きも十分。

さすがリゾート。

 

check

ビーチスタッフは両端、そして真ん中にも配置しているので「死角」はありません。

 

小さなお子様も安心して海水浴が楽しめます。

マリンスポーツ・アクティビティ



サマーバケーションを100%楽しみたいなら、やっぱり外せない海のアクティビティは「ドラゴンボート」。

高速のジェットスキーに引っ張ってもらい、エメラルドの上を自由自在に駆け巡ります。

 

体に受ける(風圧、重量、遠心力)が同時に楽しめるYO★

あなたはどこまで耐えきれるかな?

 

スタッフの接客もいいので終わった後も気持ちいい!

シーズンは絶賛フル稼働です。

 

MEMO

 

マリンメニューの中にある「無人島ナップアイランド体験」はセレブ用。

 

「島」を所有するホテルなんて他にありません。お金に余裕のある方はぜひチャレンジしてみて!

ウェイクボードも人気!

水圧のパワーを利用して空中散歩を楽しむ「ウェイクボード」。

最初は足がプルプル・・

 

中々立てませんが、慣れてきたら滞空時間も長くなってきます。

頂上からは360度のエメラルド~♪

 

バランス感覚・センスのある方は注目の的です。

景観ポイント

無人島ナップアイランドの船乗り場は「景観ポイント」。

「緑→水色→青色」と変化していく海のグラデーションが最高に素敵なんですよねー。

 

透明度も高いので、海の底もハッキリクッキリ。

バナナボートやジェットスキーが高速で走っていく様子も楽しい。

 

写真で見るよりも肉眼の方が絶対にいい!

マーメイド(人魚像)

ここは海に向かって右端、遊歩道を歩いた所にあります。

岩の上には下半身が魚の「マーメイド像」。

 

MEMO

 

1997年、沖縄を代表する芸術家「名嘉 睦稔」さんが制作したマーメイド像。

 

作品名
「潮騒(しおさい)」。

 

胸の中には様々な国のお金(人民元、ウォン、香港ドル、台湾ドル)がいっぱい。

ご丁寧にカメラをおく台も設置されているので、記念撮影もできるよ。

そのすぐ後ろも絶景ポイント!

「ドヤっ!」

と言わんばかりの素敵なエメラルド・・

 

水色と青色の折り重なる風景が水平線の先まで一直線~。

ビーチパラソル

夏気分を盛り上げるアイテムといえばビーチパラソル。

どんなに暑い日でも影の中は快適♪

 

遊泳のちょっとした合間に活用しよう。

荷物置きにも活用できるから便利。

 

準備が整い次第・・海へダッシュ!です。

浜遊びセット

小さなお子様必見!

浜遊びを楽しみたい人はここにある「バケツ&スコップ」を無料で借りる事ができます。

 

受付する必要もないので、そのまま持っていってOK!

子連れファミリーに嬉しいリップサービスです。

ラグーンプール(屋外)



海水浴もいいですが、プールで遊びたいという人はここ。

ここはお子様の元気よくはしゃぐ姿に笑顔が満ち溢れる「メインプール」です。

 

背の高いヤシの木も適材適所に配置しているので南国度もアップ。

遊泳だけでなく、見た目も楽しめるようになっているのだ。

 

視線を変えれば青い海もすぐそこ。

ドヤ顔で決めるならここからのショットが1番。

 

インスタ映え~♪

ぐるっとパラソル付きのサマーベッドも用意されているので、遠慮なく使い倒そう。

 

すぐ近くには「シャワー&足洗い場」もあるから便利。

水深は110cm~130cmなので、大人も子供も楽しめる。

 

「利用料金」

宿泊者 無料
外来客 1日1000円

アトリウムプール

「強い日差しはイヤ!日影がいい!」という人はここ。

ここは直射日光の当たらない半屋外プールです。

 

利用客も少ないので常に貸切状態。

プライベートを思いっきり満喫できるでしょう。

 

天気の悪い雨の日でも利用できます。

 

「利用料金」

宿泊者 無料
外来客 1日1000円

ガーデニング(庭園)


ムーンビーチの魅力は管理の行き届いた「庭園」。

緑の中には石畳の遊歩道が通り、南国の亜熱帯植物がお出迎えしてくれます。

 

アクセントカラーの強いハイビスカスはリゾート気分もアップ!

真っ赤なお花といえばやっぱり沖縄~、夏~ですね。

 

要所要所にパラソル付きのチェアーを置いているので「ここだ!」と思った所を見つけて下さい。

後は目の前のエメラルドに癒やされるだけ。

 

時間が止まります。

いやほんとに。

朝、夕の散歩もオススメだよ。

 

ここで見られる「亜熱帯植物」

 

● ポスト

● ゲットー

● アダン

● クワズイモ

● ソテツ

● クロトン

● ヒメノカリス

● コンムタツム

● ヒツジグサ

● ハイビスカス

● クサトベラ

● ヤシの木

● ガジュマルの木

● グンバイヒルガオ

● ブーゲンビリア

● テイキンザクラ

● オオバナアリアケカズラ

● ベンジャミン

● アメリカハマグルマ

● ドラセナ・レフレクサ

● カラテア・ランシフォリア

● モクビャッコウ

などなど。

 

見せ方にも創意工夫を凝らし「お・も・て・な・し」の心を散りばめています。

植物に興味のある旅人さんはよく観察して見よう。

ショップ

海アイテムがそろうお店。

水着にプリントTシャツ、島ぞうりがいっぱい。

 

「営業時間」

9:00~17:00(7~10月のみ)

シャワー

海水浴の後はここで体についた砂を落とそう。

同時に4人利用できます。

 

シャワーの位置が低い所もあるので、小さなお子様もご利用可能。

同時に足も洗えます。

 

石が敷き詰められている足場は踏み心地もナイス。

この奥の建物が「更衣室」。

 

check

洗眼水栓もあるので目の消毒も可。

更衣室

シャワーは個室にカーテン付き。

 

「シャワーの利用」

無料(温水)

「設備」

シャワー室
コインロッカー
トイレ
洗面台

コインロッカー

貴重品ここに預けよう。

「利用料金」

200円

なぜここの海は「きれい」なの?

上空から見ると分かりますが、この一帯の海は天然のリーフが沖までずっと続いています。

巨大な生け簀の中にビーチがあるという感じ。

 

太陽光が水深の浅いリーフ(サンゴ岩)に当たると、光が海全体に拡散するので明るいトロピカル色になるというわけ。

沖縄本島これほど恵まれた立地は西海岸以外ありません。

 

大手リゾートホテルがこの辺りに集中するのも納得頂けるでしょう。

 

MEMO

 

環境省が行った水質調査の結果、ムーンビーチは最高値の「AA」と判定されました。

写真集






吹き抜けのエントランスには、天井からつる性の観葉植物(ポトス)がカーテンのように垂れ下がっています。

まるで自然の森に迷い込んだかのよう・・

 

こんな手の込んだ「演出」をしてくれるホテルは県内でもこ・こ・だ・け。

夕日

まったり空間にオレンジ色の空、太陽・・

心休まる一時とはまさにこのこと。

 

耳を済ませば波のBGM・・

そして

緑の中に身を潜める小さな生き物達の声も聞こえてきます。

 

田舎に帰ったような、どこか懐かしい気持ちになりますね。

1日の疲れがドッと流れていくようだ。

感想

真上から見ると「く」の字に見えるムーンビーチ。

三日月にも見える事から「ムーンビーチ」という名前が名付けられた。

 

宿泊ホテルもそれに合わせるかのように設計・配置しています。

真っ白な世界に明るい水色が重なる風景は、まるで自然の中で見つけた奇跡の「オアシス」。

 

心が・・
体が・・

その水色に吸い込まれていくようです♪

 

時間を忘れリラックスできる「大人の環境」が整っていますよ。

新婚さんカップルはハネムーンとして訪れるのもあり。

 

口コミでは・・

「目の前がビーチ・・最高!」、「若干古さを感じるが問題なし」、「子連れファミリーにもオススメ」と評判。

「最新版」モテ子が選ぶ楽天水着ランキング1~100位

 

MEMO

 

ムーンビーチは沖縄県内初の本格リゾートとして、1975年から創業しているので実績・信頼のある所です。

 

〈追記〉

ホテルを出てすぐの大通り58号線は飲食店(沖縄料理、アグー豚専門店、焼き肉、海鮮料理)などが点在するので、夜はにぎやか。

観光客がいっぱい歩いているので、その雰囲気を味わってみるのも楽しいですよ。

 

コンビニ、ガソリンスタンドもあります。

 

いい所

  • 部屋から(ビーチ、プール、レストラン)が近い。
  • マリーンスポーツが豊富。
  • 散歩や植物観賞も楽しめる。
  • 海水浴に必要な設備は全て整っている。
  • 清掃が行き届きゴミ一つ落ちてない。
  • 出入り口には警備員の常駐するゲートがあり、入場は「宿泊、遊泳、食事」の人に限られる。なので治安面でも安心安全。

残念な所

  •  駐車料金が有料。
ワンポイントアドバイス
  1. 個人シュノーケル不可。マリンスポーツメニューにある参加型のものならOK。
  2. ムーンビーチの駐車場が満車の場合、近くの前兼久漁港(まえがねくぎょこう)の駐車場を利用できるようになります。その際はスタッフが誘導する。
  3. 沖縄本島で見ればここはちょうど真ん中あたり。レンタカーを使った「観光の拠点」として利用するのも便利。
  4. お腹空いた・・
    園内のホテルに食事処があります。
  5. イベント
    「ハワイアンガーデン(BBQ)」
    「ピアノ、ウクレレ、フラダンス、エイサー、やむちん市」
    「打ち上げ花火」
    年末年始・大晦日
    「カウントダウン花火」
    元旦
    「琉球獅子舞、餅つき大会、琴生演奏」
 ビーチの設備 ● ビーチクラゲ防護ネット
● 監視員
● 更衣室
● シャワー
● トイレ
● コインロッカー
● 売店
● パーラー
● コインランドリー
 ビーチレンタル ● ビーチパラソル(デッキセット、マットセット)
● デッキチェアー
● フォーマット
● マスク・フィンセット
● 浮き輪(シングル、ダブル)
● ライフジャケット
● 砂遊びセット
 体験できるアクティビティ ● ドラゴンボート
● スキービスケット
● Uチューブ
● フライボード
● ウェイクボード
● 水上スキー
● シーカヤック、ディンギー
● ボビーキャット
● カヌーシュノーケル
● ジェットスキー
● ウィンドサーフィン
● シーウォーカー
● 体験ダイビング
● ファンダイビング
● ジェットボート(遊覧、チャータークルーズ)
● フィッシング
名称 ムーンビーチ
(むーんびーち)
住所 沖縄県国頭郡恩納村字前兼久1203
電話番号 098-965-1020
定休日 無休
海開き 4月上旬
遊泳料金 無料
游泳時間 09:00~18:00
(季節により変動)
游泳期間  4~10月末ぐらい
駐車料金 全350台

「1泊」
車1台500円
最大1500円まで

「外来者」
500円

「食事のみ」
3時間 無料

アクセス 那覇空港(なはくうこう)

58号線

ムーンビーチ(約1時間15分)
ムーンビーチの評価
砂質
(5.0)
透明度
(5.0)
人気度
(5.0)
総合
(5.0)
ここの宿泊ホテルに泊まりたい
周辺には・・