「備瀬岬」はお魚天国!シュノーケルスポットでも有名!



ここはお魚観賞が楽しめる知る人ぞ知るシュノーケルスポット!

水たまりに取り残された小魚が見られるので、子供も大人も大興奮!

 

陸から少し歩けば全くの初心者でも簡単に発見することができるよ。

アスファルトできれいに整備されています。

入り口には警備員が立っているので指示に従ってとめて下さい。

駐車料金 有料

岩礁

階段を下りると「琉球石灰岩」がむき出しの岩場。

普段は海水に隠れていますが、干潮で水が引くとこのように全容を現す。

意外と滑りにくい。

生け簀

所々、水またりのような深みがあります。

実はこれこそがここへ足を運ぶ最大の理由。

もうお分かり頂けたでしょうか?

 

中をのぞいてみると・・

色鮮やかなお魚達さん泳いでいるのだ!

そこで・・

シュノーケルの出番!

お魚さん達の住む世界にお邪魔してみましょう。

 

ここで見られる生き物達

クマノミ

 

キタコレ。映画ファインディング・ニモで一躍有名になった魚。

 

警戒心が強く人間が近づくとすぐに隠れる。ここ1番の人気ものだ。見つけた時はテンションアップ!

リスズメダイ

 

光輝く青色が美しい。

とても小さく群れで行動する。

ロクセンスズメダイ

 

黒色のしましまが特徴。数も多い。

ツノダシ

 

長い尾びれを上手に操り、バランス間隔を保つ。出現率も高い。

 

他にも・・

シマキンチャクフグ

ミノカサゴ

ミツボシクロスズメダイ

トゲチョウチョウウオ

といったカラフルな魚達が見られます。

手を伸ばせばすぐの距離なので、もう感動度が半端ありません。

大人も子供も大興奮。

これぞ沖縄~♪

 

細かくした牛肉ソーセージを上げるといっぱい集まってくるよ。

人気者になってみる?

 

自然が創り上げた天然の水族館をぜひご堪能あれ♪

水中ゴーグル

海の中にいるお魚さんを見るには肉眼では不可能です。

いくら透明度が高いといっても視界はボヤけ目も染みます。

目の安全にも水中ゴーグルは必至。

 

浮力のあるライフジャケットも組み合わて下さい。

足の届かない所で溺れたり、流されたりでもしたら大変です。

もしもシュノーケル中に足を釣ったら・・

● 釣っている箇所の筋肉を伸ばす
● 姿勢を安定させる

最大の予防法は潜る前にストレッチをして身体をほぐす事です。 

透明度

北部の海は底が見えるほど鮮明できれい。

水面には無数の光もキラキラ・・

水の中はゆらゆらと動く光のカーテンだ。

 

足元には気をつけて!

浅い所から急に深くなる所もあるので、しっかり前を確認しよう。

 

サンゴ岩

岩礁のほとんどは「サンゴ岩」から出来ています。

中には色、形も違うから個性的。

MEMO

 

サンゴ岩とは?

 

サンゴの白骨化した欠片が集まって、岩になったもの。水の中では小魚達の良い隠れ家となっています。沖へ行けば大小様々な形が見られる。

沖合

ドーン!

開放的すぐる。

 

岬の先端ということもあり、周囲は何もありません。

真っ直ぐな地平線が一直線に伸びるだけ。

「ゴォオオオーー!」とうなる風音がたえず聞こえてくるよ。

 

岩礁の先は水深が急に深くなっているので濃い青色。

ちょうど波しぶきが立っている所ですね。

波がその岩礁にぶつかると、ああやって波立つというわけ。

 

こんな光景も和む

水の中に腰を下ろし、半身浴しながら景色に浸るのもいい。

特に暑い日は冷たい水が最高に気持ちいい。

 

海水浴

水位があれば大人も海水浴が楽しめる。

 

無人島

この緑の丘は無人島。

干潮になれば歩いて行く事もできます。

 

先端には船が岩礁に乗り上げないよう灯台(光で船に合図を送る)が設置されている。

カフェ

食事処もあるので、ちょっとしたお昼のブレイクタイムもできるよ。

植栽されている緑の植物は「フクギ」。

 

ここへやってくる前に緑をいっぱい見ませんでしたか?

あれらも全て同じ植物で「フクギ並木通り」は観光スポットとしても有名。

「備瀬フクギ並木通り」は緑のパワースポット。水牛車観光も楽しい!

マリンスポーツちゅらあかなー(体験教室)

興味のある方はチャレンジして見よう。

更衣室もあります。

 

シャワー室(温水)

海に入った後はここ。

有料ですが誰でも利用する事ができるよ。

利用料金 大人 250円
小人 200円

トイレ

トイレも設置されています。

入口には水の入った容器が置かれているので、利用の前に足についた砂を落としましょう。

 

写真集






シュノーケルに必要な持ち物

シュノーケル
マリンシューズ
スマホ放水ケース(任意)

海の中は凸凹なので、足を切らないよう肌の露出は抑えて下さい。

サンダルはすぐにボロボロになるか流されます。

感想

岬と聞くと高い崖の上から景色を眺めるものとイメージしますが、ここは違います。

高い崖なんてどこにもありません。

「シュノーケルスポット」として人気な岬です。

 

普通、お魚さんがいる所へはお金を払ってツアーに参加し、ウエットスーツで重装備した後、船に乗りそのポイントまで行かなければなりません。

 

しかし

ここはそんな手間暇、時間は一切かかりません。

 

陸から少し沖へ歩けば誰でも簡単に小魚を見る事ができるのだ。

帰り際もすぐに車へ戻れるので、手軽感があっていい。

小さな子は海水浴も楽しめるので、子連れファミリーにもオススメですね。

 

魚がこんなにも至近距離で見られるなんて、沖縄の海でも中々ありません。

「一緒に泳げる」というのが最大の見所・お楽しみかな。

素敵な思い出をいっぱい作りましょう!

 

口コミでは・・

「お魚天国」、「岩場のシュノーケルポイント」、「誰にも教えたくない穴場」、「以外と外人さんも多い」と評判。

 

いい所

  • 夕方の時間帯になるとオレンジ色のサンセットが見られる。
  • ここから海洋博公園(美ら海水族館)が車で5分と近い。

残念な所

  • 駐車料金が有料。

注意事項

  • ここは正式な海水浴場ではありません。満潮・干潮で水位が変わるので、自己責任で楽しんで下さい。
ワンポイントアドバイス
  1. 備瀬岬の読み方→「びせみさき」。
  2. シーズンは多少混雑します。
  3. 冬は南国の沖縄といえど寒いので防寒対策を。
  4. お腹空いた・・
    園内にパーラーがあります。お隣のエメラルドビーチの向かい「ホテル オリオン モトブ リゾート&スパ」はランチバイキングがあるよ。
名称 備瀬岬
(びせみさき)
住所 沖縄県国頭郡本部町備瀬639-26
駐車料金 有料(約35台)。

「車」
1台500円。

「キャンプ&テント」
1日2000円。

所要時間 お魚さんを見て歩くのなら約2時間00分。
アクセス 那覇空港(なはくうこう)

高速道路

58号線

449号線

備瀬岬(約2時間)
備瀬岬の評価
景観度
(4.0)
満足度
(5.0)
人気度
(3.0)
総合
(4.0)

興味のある方はご参考に。

 

周辺には・・
「備瀬フクギ並木通り」は緑のパワースポット。水牛車観光も楽しい! 海洋博公園「エメラルドビーチ」は透明度の高い素敵なビーチ! 海洋博公園「美ら海水族館」。世界最大のジンベエザメがすぐ目の前! 世界遺産「今帰仁城跡」は北山王の古城。立派な石垣が歴史を見せる