「古宇利ビーチ」マリンスポーツも楽しめる離島の海!


古宇利島のすぐ入り口にあるのが「古宇利ビーチ」。

 

古宇利大橋を挟んで2箇所泳げるポイントがあります。

順番に説明していくよ。

遊泳エリア1





ここは海に向かって古宇利大橋の右手にある「游泳エリア1」

 

シーズン前でも訪れる人が多いので活気があります。

地元人よりも観光客の方が圧倒的に多いですね。

 

耳元には「うわーきれい!何この色ー!?泳ごう!」と歓喜の声が絶えず入ってきます。

観光雑誌にも必ず掲載される古宇利ビーチは人気度も信頼度もNO1。

 

明るい水色・・

そして離島ならではの景観は「こんなビーチを探していた!」とあなたの願いを100%叶えてくれるでしょう。

 砂質

天然の浜はどこまでいっても真っ白サラサラ~。

波が引くと足がズズズーと沈み込む柔らかさ。

 

多少サンゴの欠片も混じっていますが、角はないので素足でどこをどう歩こうが痛い所はありません。

お腹を地面につけ波にあたるのも気持ちいいですよ。

 

炎天下の暑い日でも砂の温度はそれほど上がりません。

透明度

足のつま先が見える透明度。

さすが離島の海と感心する。

遊泳エリア

クラゲ防護ネットは端から端まで人の顔が認識できないほど広い。

奥行きも十分。

 

check以前はネットが設置されていなかったので、好きな所を自由に泳げましたが今は制限があります。

 

ちゃんとルールを守りましょう。

マリンスポーツ・アクティビティ

ここはマリンスポーツも行っています。

度胸試ししてみる?

 

「マーブル」

「バナナボート」
「ジェットスキー体験」

と3種類用意。

 

夏の定番アイテムです。

勇気のある方はチャレンジして見ましょう。

ビーチパラソル

シーズン前でもほとんどの傘が開く盛況ぶり。

海にビーチパラソルは絵になる光景。

日影スペース

一般のビーチは有料のパラソル以外、日影になる所が中々ありません。

しかし・・古宇利大橋の真下は「日影スペース」があります。

 

炎天下の暑い日はとても重宝する。

海風も吹いてくるからとても気持ちのいい空間。

 

座ってくつろぐもよし、ぼぉーっと景色に浸るもよしです。

ただし通行人の邪魔にはならないよう気をつけて。

 

MEMO

 

この橋の下からお隣のビーチ「遊泳エリア2」へ通り抜けできます。

古宇利大橋からの景観

興味のある方は「古宇利大橋」の上にあがって見て下さい。

こ~んなエメラルドが視界に収まるよ♪

 

この辺りは浅い海域なので、海の色も明るくトロピカル。

特に感情表現豊かな女性は声をあげて大盛り上がりです。

 

「きゃー何この景色~ありえな~い♪」とご満悦。

記念撮影にはもってこいです。

 

国内33箇所目に指定された
「やんばる国立公園」

そして

本部町(もとぶちょう)方面も見渡せる。

 

インスタ映はここで間違いなし!

 更衣室

更衣室も完備しているので、着替えを済ます事もできます。

以前はありませんでした。

 

checkシャンプー、石けんの使用は禁止。

 

設備

「足洗い場(無料)」
「シャワー(100円)」
「トイレ」
「着替え室」
「コインロッカー」

利用期間

「4~10月末」

お次は 遊泳エリア2




ここは海に向かって古宇利大橋の左手にある「游泳エリア2」。

 

ここもお隣と負けず劣らず海がきれい。

海水浴客でもにぎやか。

 

景色を邪魔する障害物は一切ないので、開放感が一気に増す。

シーズンはマリンの乗り物が水しぶきを上げ、爽快に海の上を走っています。

 

MEMO

 

海の先に見える緑の丘は、沖縄本島とつながる「名護市(なごし)」。何とも沖縄らしい海風景に心も和む。

 透明度

足のつま先が見える透明度。

お隣よりも人が少ない分きれい。

ビーチパラソル

ここでもパラソル傘のレンタルを行っています。

 

ふれあい広場

敷地内には「食事処&お土産屋」も完備しています。

お昼のランチにも困りません。

 

海鮮料理は地元の海でとれる新鮮なものばかり。

ウニ丼は季節限定のオススメメニューです。

冷たいものといえばブルーシールアイスもあるよ。

 

check自転車のレンタサイクルも行っています。

 

感想

古宇利ビーチは沖縄本島でも1、2位を争う美しいビーチ

夏休み(シーズン)に入らない7月でも観光客、海水浴客が多いのはそれだけ人気のある証拠。

 

波も穏やかなのでお子様も安心。

みんな生き生きとした表情で海水浴を楽しんでいます。

 

天然のお魚さんを見かけた時は「さすが離島の海!」と関心しました。

近年、自撮り棒の人も多くビキニ姿の若者で盛り上がっています。

 

背景が美しい水色なんですからテンションも上げ上げ~♪

インスタを通して「楽しい!」を共有しよう!

 

ドライブにもオススメなので、時間のある方はぜひ足を運んでみて下さい。

泳がなくても海の観賞、散歩だけで十分楽しめる。

 

口コミでは

「飽きない」、「お子様から年配の方まで幅広い世代の人達でにぎやか」、「半水浴おしゃべりも楽しかった!」と高評価。

「最新版」モテ子が選ぶ楽天水着ランキング1~100位

 

いい所

  • 海水浴に必要な設備が整っている。
  • 活気がある。

残念な所

  • 時期によっては海が汚れている。
ワンポイントアドバイス
  1. シュノーケルはクラゲ防護ネットの中だけ可能。
  2. 古宇利島にある「古宇利ビーチ」は沖縄本島と橋で繋がっているので、車で簡単にアクセスできます。
  3. 大型観光バスの立ち寄り所でもあるので、観光客がドっと入ってくる事もあります。
  4. 県内のビーチ全てを回った筆者が自信をもって一番にオススメする所がまさにここ。ワクワクする美しい海に離島気分を肌で感じる雰囲気がとにかく新鮮。
  5. お腹空いた・・
    園内に食事処があります。
ビーチの設備 ● クラゲ防護ネット
● 監視員
● 更衣室
● シャワー
● トイレ
● コインロッカー
● 自販機
ビーチレンタル ● ビーチパラソル
● サマーベッド
● チェアー
● パラソルセット
● 浮き輪
体験できるアクティビティ ● バナナボート
● マーブル
● ジェットスキー体験
名称 古宇利ビーチ
(こうりびーち)
住所 沖縄県国頭郡今帰仁村古宇利
電話番号 なし
定休日 年中無休(游泳はシーズンのみ)
海開き 4月上旬
遊泳料金 無料
游泳時間 日没まで
游泳期間 4~10月下旬
駐車料金 「無料」と「有料」があります。
アクセス 那覇空港(なはくうこう)

高速道路

国道58号線

449号線

古宇利ビーチ(約1時間40分)
古宇利ビーチの評価
砂質
(5.0)
透明度
(5.0)
人気度
(5.0)
総合
(5.0)
周辺には・・