「国際通り」お土産屋が並ぶ観光スポット。歩行者天国も楽しい!

沖縄旅行最後の食べ歩き&お土産は、那覇空港からも近いここ「国際通り」。

商業施設が連続して並ぶ華やかな通りだ。

 

日本人問わず外人さん観光客でもにぎやか。

飲食店も充実しているので、夕食&夜ご飯にも困りません。

 

MEMO

 

県庁北口スクランブル交差点を起点に、安里三差路(サンエー食品館の所)までの1.6kmが国際通りとなります。

 

駐車場

ちゃんと整備されているので安心して下さい。

通りに何箇所かあります。

ただし有料

 

注意

日曜日は「歩行者天国」になるので、12:00~18:00時は出られなくなります。

 

道の両サイドは商業施設が並び、それが終点のサンエー食品館までずっと続く。

建物は高くないので圧迫感がなくていいですね。

 

青空を見ながら歩くのも中々楽しい。

ヤシの木も等間隔に並んでいるので、南国度もアップ。

 

お店からは今流行りのJPOPがガンガン流れてくるよ。

たまたま自分の好きな曲が流れていたらついつい入ってしまう・・

 

こんな商品があるよ

これは泡盛(あわもり)というお酒。

沖縄ではわりとメジャー。

 

3年以上寝かしたものは古酒と呼ばれる。

沖縄料理の調味料として使う人もいます。

 

琉球ガラス

カラフルですね~。

これらは「琉球ガラス」と呼び沖縄ブランドの1つでもあります。

 

(青、緑、オレンジ)と様々な色があり、形のバリエーションも豊富。

ほどよい厚さなので、口をつけた時の感触も良いよ。

 

泡盛+琉球グラスの組み合わせはベストマッチング!

 

MEMO

 

本来、ガラスの中に気泡が入ると商品にはなりませんが、あえてそれを取り込む事で琉球ブランドを確立しました。

 

「琉球ガラス」はどこで作られているの?

「琉球ガラス村」

観光スポットにもなっており、実際に制作体験もできます。

 

雑貨屋さん

ペアリングのブレスレットやネックレスはカップルにいいかも。

他にも島ぞうり、ゴーヤーキャラのストラップといった小物アイテムがいっぱい。

 

プリントTシャツ、かりゆしウェアは定番。

 

シーサー

沖縄の珍獣といえば「シーサー」。

よく見かけますよね~。

 

中国から伝わったもので魔除けの意味を持つ。

今では沖縄=シーサー。

 

かわいい~さ~

沖縄の話し方は語尾に「さ~」がつきます。

 

口を開けているのがオス(邪気を払う)

口を閉めているのがメス(幸福を呼ぶ)

です。

この意味知っていたかな?

 

ドン・キホーテ

ヤタ!沖縄にも「ドン・キホーテ」があるさ~。

必要な物はここで全て買い揃えられる。

 

日常のショッピング&買い物にも困りません。

女性にうれしい化粧品アイテムもいっぱい。

 

近くの宿泊客はお酒でもまとめ買いしちゃう?

免税店もあるので外国人観光客にも大人気。

 

MEMO

 

5階フロア「 障害者&高齢者 観光案内所」。

 

車いす・ベビーカー等の貸出あり。バリアフリー観光案内等のサービス、荷物の一時預かりも行っています。

 

御菓子御殿(おかしごてん)

ドーン。

赤色の主張が強い御菓子御殿(おかしごてん)です。

 

この外観 何かに似ていませんか?

・・

・・

そう正解は「首里城」です。

 

琉球王国時代、実際にあったお城。

世界遺産「首里城」は琉球統一をはたした国王の古城。赤き炎を見よ!

 

どことなく高級感が伝わって来ますね~。

中に陳列されている商品も外観と負けず劣らずクオリティが高いぞ。

不動の人気商品はやっぱり・・

「紅芋タルト」。

 

タルトと呼ばれる紫色の正体は「紅芋(べにいも)」です。

沖縄の特産品でアイスクリームにしても美味しお。

 

コンパクトサイズなので女性でも食べやすい。

やっぱり出来たてホヤホヤが1番。

 

他にも紅芋を使用した

「クッキー」
「和菓子」
「ケーキ」
「まんじゅう」
「ちんすこう」
「ソフトクリーム」
「べに塩ちんすこう」
「サーターアンダギー」

といった人気商品が並ぶ。

 

気に入ったものがあればテイクアウト!

プレゼントにも喜ばれるでしょう。

 

check

店内はカフェもあるので、軽食にスイーツも堪能できるよ。

 

女子会したい?いいアイディアです。

 

 沖縄料理

せっかく沖縄に来たのなら郷土料理は外せない。

やっぱり定番はソーキそば、ゴーヤチャンプルーかな。

 

ソーキそばは沖縄の人で嫌いな人はいません。

ゴーヤチャンプルーは「ゴーヤーが入っているから絶対苦い!」と思った?

大丈夫。

 

苦みはちゃんととってあるので食べやすくなっているよ。

どれも満腹感があるので、子連れファミリーにもオススメ。

どうせなら民謡ライブ+居酒屋が一緒になったお店がいい。

 

ブルーシールアイス

暑い・・

何とかして・・

ならばアイスクリームでクールダウンだ!

 

ここには30種以上のアイスがあるので、必ずあなたにあったものが見つかる。

アイスの乗ったフロート、タピオカドリンクも美味しそう。

 

クレープもいいですね。

ぜんざいも人気があります。

 

MEMO

 

沖縄のぜんざいとは「あずき」の入ったかき氷の事をいいます。

 

ちょっと変わってますがこれが普通。

そこにイチゴミルクをトッピングするとさらに美味しくなります。

あぁ・・よだれが・・

 

スクランブル交差点

しばらく歩くとこのような「スクランブル交差点」があります。

横断歩道が縦にも横にも斜めにも・・

 

カオス。

青になると音声が流れるので、安全を確認してから渡りましょう。

牧志公設市場

スクランブル交差点の南には「牧志公設市場」があります。

地元人の台所でもある所。

 

ちょっと覗いてみよう。

中はこのようなアーケード通り。

ここも商店街通りで両サイドには様々な商業施設がいくつも並ぶ。

 

昭和チックでレトロな感じ。

屋根があるので雨だろう台風だろが何の影響もなし。

 

よくテレビで豚の顔にグラサンがかけられているのを見たことありませんか?

それがここでは生で見られるよ。

 

ぎゃぁぁぁーー。

別にグロくはないので大丈夫。

 

沖縄では豚がよく食べられるのです。

他にも沖縄でとれる

「海ぶどう」
「お魚さん」

がいっぱい。

 

青い魚なんて特に珍しい。

奥は広い食堂があります。

 

魚料理が中心なので、興味のある方は足を運んでみよう。

お昼のランチにも困りません。

 

check

ここは迷路のようになっているので、来た道をちゃんと覚えておこう。

 

てんぶす那覇

ここは沖縄の体験ができる施設。

「びんがた(染物)」
「壺屋焼(陶芸)」
「首里織(織物)」
「琉球ガラス」
「琉球漆器の体験」
「お土産店コーナー」

などがあります。

 

大きなモニターが目印。

トランジットモール


何とトランジットモールの日は国際通りが「歩行者天国」になります。

 

歩行者天国とは?

車が「通行止め」になるという事。

つまり道路を人間様が堂々と歩けるようになるという事だ。

ヒャッハー♪

 

この日は道路に人があふれ、道路上には様々なイベントが開催される。

(大道芸、歌ライブ、ストリートダンス、エイサー)など。

 

子供達も見て歩いて十分楽しめるでしょう。

どこからともなくシャボン玉も・・

 

まるでお祭りのような楽しい雰囲気になるよ。

テーブル・イスも並ぶので、気軽に座ってくつろぐ事も出来るようになる。

 

ベロタクシー

あら、いいですね。

3輪車の人力タクシーです。

排気ガスが出ないのでエコ。

 

check

ベロタクシーは「トランジットモールの日」しか出現しないレアな乗り物です。

 

トランジットモール開催日

「曜日」

毎週 日曜日

「時間」

12:00~18:00
この時間帯は車両通行止め。

 

写真集




国際通りにあるテナント

お店

「古着」
「お土産」
「泡盛&古酒」
「琉球ガラス」
「アクセサリー」
「カラオケ」
「ネットカフェ」
「ネイルサロン」
「御菓子御殿」
「工芸品・やむちん」

 

食事処

「寿司」
「沖縄料理」
「サムズ(ステーキ系)」
「レストラン(和食、洋食)」
「居酒屋(飲み食べ放題もあり)」

 

ファーストフード

「A&W」
「マクドナルド」

 

カフェ

「クイクッリー」
「スタバ」

 

アイスクリーム

「ブルーシールアイス」

 

生活雑貨

「ドン・キホーテ」
「コンビニ」

 

「BAR」
「クラブ」
「屋台村」
「三線ライブハウス」
「島唄 民謡居酒屋」

食事には100%困らない。

 

「国際通り」はどこにある?

県庁前。

国際通り自体は繁栄していても、そこから外れると質素な町並みで大変分かりにくいです。
目印は県庁前。グーグルマップもうまく活用しよう。

 

奇跡の1マイルとは?

国際通りは別名「奇跡の1マイル」と呼ばれています。

戦時中、米軍の空襲により焼跡から何もない所でしたが、行き場をなくした人達が今の国際通りの土地へと集まり、奇跡的に大繁華街と姿を変えた。

 

これが奇跡の1マイルといわれる由来です。

女、男達が復興に励んだ歴史の詰まった場所でもあるんですね。

 

感想

1つ1つのお店は展示内容が変わるので、次々と新しいものが目に入ってきます。

「あれいい!」
「これいい!」
「買う!」

と好奇心が次から次へと沸いてきます。

 

ついつい財布の紐も緩んでしまう。

そんな華やかさがここの魅力かな。

 

お店の前には客引きが大きな声を出していたりするので、明るい雰囲気。

 

ここだけの話し。

実は・・

芸能人もよく訪れたりしますよー。

 

MEMO

 

賑やかな国際通りから1歩外れると、古民家を改装したカフェや居酒屋が点在します。

 

しかし道は入り組んでおり、迷路のようになっています。方向音痴の人は迷う可能性大。心配な人は深入りしない方がいいでしょう。

 

口コミでは・・

「渋滞するので車はオススメしない」、「お土産屋ならここ」、「明るく賑やかな通り」と評判。

じゃらんレンタカー

 

いい所

  • 那覇空港から国際通りまで約15分と近い。

残念な所

  • 駐車場が全て有料
  • 天気
    雨の日は歩けない。
  • 渋滞
    国際通りは人も車も多くいつも渋滞しています。一度はまってしまうとなかなか抜け出せい。特にお盆、年末年始、お正月は食材を求めて地元の人も殺到するのでさらに酷くなる。

イベント

  • 8月
    「1万人のエイサー踊り隊」
  • 10月
    「那覇大綱挽まつり(国際通りからすぐ近く)」
  • 11月
    「首里城祭 琉球王朝絵巻行列(11月)」
ワンポイントアドバイス
  1. ATMは県庁前の銀行にあります。
  2. 通りはWi-Fi(ワイファイ)も繋がるのでインターネットの利用も可能。(英語、中国語、韓国語)にも対応。
  3. モノレール駅もあります。
名称 国際通り
(こくさいどおり)
住所 沖縄県那覇市Izumizaki1-2-2(沖縄県庁総合案内)
電話番号 なし
営業時間 なし
定休日 なし
入場料金 なし
駐車料金 有料
所要時間 約1時間
アクセス 那覇空港 (なはくうこう)

331号線

国際通り(約25分)
国際通りの評価
景観度
(3.0)
満足度
(3.0)
人気度
(5.0)
総合
(4.0)
周辺には・・