「大泊ビーチ」はお魚天国。大人も子供もシュノーケルで盛り上がれ!

魚と一緒に泳げるビーチとして密かに人気を集めているのが「大泊ビーチ」。

人が管理するビーチで個人シュノーケルを許している所は県内でもまれ。

 

シュノーケルをするのに重装備なウェットスーツに着替える必要はありません。

「シュノーケル」
「足ひれ」

さえあれば十分。

 

上級者も初心者も関係なく、海に入れば誰でも簡単に魚と接する事ができます。

大泊ビーチの「様子」







MEMO

 

シュノーケルといえば・・

 

ツアーに参加してお金を払ってインストラクターと同伴、グループで行動しますがここはそんな事する必要ありません。

 

個人で自由きままにできるので、時間の拘束もなければ誰に気を使う必要もなし。精神的ゆとりの持った楽しみ方ができます。

 

波も穏やかなので安心。
監視員もちゃんと見てます。

 

check

シュノーケルは「クラゲ防護ネット内」に限られる。

砂質

一面真っ白サラサラ。

 

陸地は足がとられるほどの柔らかさ。

大小サンゴの欠片が混じっていますが、角はないので素足でも痛くありません。

 

ビーチ内にテントはありますが、人がいっぱいだと入れません。

影でちょくちょく休まないと正直きつい。

 

サンシェード持ち込み・設置OKなので、持参するといいでしょう。

熱中症でダウンしないよう工夫して下さい。

透明度

足のつま先が見える透明度。

 

沖へ行っても変わらない。

さすが離島の海と感心する。

沖合は急に深くなる所があるので、足元にご注意を。

遊泳エリア

端から端まで人の顔か認識できないほど広い。

奥行きも十分。

ここでの楽しみ方はやっぱり「シュノーケル!」


ちょっと沖へ行けばサンゴ岩が広がり、その表面にはイソギンチャクや海草がゆらゆらと揺れています。

そのすぐ近くには魚達の姿が!

手を伸ばせばすぐの距離なので、大人も子供も大興奮!

 

ここで見られる生き物達

カクレクマノミ

 

映画ファインディング・ニモで一躍有名になった魚。

 

警戒心が強く人間が近づくとすぐに隠れる。

ヤマブキベラ

 

メスは全身黄色。

 

オスは水色が入り顔の辺りにオレンジの模様をつける。幼魚は両方とも全身オレンジ色なので、とても同じ魚とは思えない。

ムラサメモンガラ

 

カラフルな模様、体つきが特徴。

 

岩礁や砂地の浅瀬を好むため、よくシュノーケルする人は見かけると思います。

 

注意

警戒心が強いのであまり近づき過ぎないように。突進してくる場合があります。見かけで判断してはいけない。

オヤビッチャ

 

黄色と黒の縦じまが入った平べったい魚。

 

群れで行動し沖縄の海でよく見かける。手のひらサイズで可愛い。

ロクセンスズメダイ

 

身体に白と黒の縦じまが入ってます。

 

ここでは数が特に多く、人間慣れしているのですぐ近くまでやって来ます。口をパクパクする様子もかわいい。

コバンアジ

 

銀色の身体に「くの字」の尾びれが特徴。

 

泳ぐスピードが抜群に早い。

ミツボシクロスズメダイ

 

全身黒色。

 

幼魚は頭、背中に白色の丸い模様が入っています。

 

他にも

「リスズメダイ」
「ハナダイ」
「ホンソメワケベラ」
「ブダイ」

などを見かけます。

 

売店で販売しているエサを放り投げれば、我先にとたくさん集まってくるから楽しい。

最初は近すぎて怖いですが、魚からぶつかる事はありません。

 

すぐに慣れるでしょう。

水中ゴーグル

海の中にいるお魚さんを見るには肉眼では不可能

いくら透明度が高いといっても視界はボヤけ目も染みます。

目の安全にも水中ゴーグルは必至。

 

浮力のあるライフジャケットも組み合わて下さい。

足の届かない所で溺れたり、流されたりでもしたら大変です。

興味のある方はご参考に。

海の家

売店です。

ちょっとした軽食もあるので、ひと休みもいい。

 

お店の中には芸能人の色紙サインもいくつか飾られている。

テラス席もあるので、海を眺めながらゆっくりくつろげるよ。

 

フード

 

「カレーライス」
「スパム玉子ライス」
「スナック菓子」
「焼きそば」
「タコライス」
「餃子」

 

冷たいもの

 

「アイスクリーム」
「かき氷」
「ぜんざい」

「アイスコーヒー」
「生ビール」

 

その他

 

「魚のエサ」

 

「営業時間」

09:00~18:00(季節により変動)

 

シャワー室はこの売店の中。

コイン式ではないので使いたい放題。
砂のついた水着もゆっくり洗えます。

 

コインロッカーはありません。

貴重品は管理事務所に預ける事もできますが、自分で管理する方が一番安全。

写真集







感想

大泊ビーチは伊計島で1番大きな面積をもつ「天然のビーチ」。

「海の青々しさ」
「鮮やかさ」
「透明度」

はここが断トツのNo1

 

しかし知名度がないので知っているよという人は希。

伊計ビーチは知っていてもここ「大泊ビーチ」は知らないという人が大半。

 

地元の人も「よくこの場所が分かったね」と言わせるほど。

外からはビーチの様子が全く見えないので、その存在にすら気づきません。

 

・・しかし

フェイスブック、ツイッター、インスタといったSNSの発達により、段々とこの場所も知れ渡るようになってきました。

個人シュノーケルが自由に楽しめるという事で、利用客も年々増加。

 

海水浴だけでは物足りないという人はオススメ。

ウミ亀も産卵にきたと話題です。

 

口コミでは・・

「シュノーケルが最高に楽しめた!」、「お魚さんがいっぱいいた」、「とってもきれいな海」と評判。

「最新版」モテ子が選ぶ楽天水着ランキング1~100位

 

check

 

大泊ビーチの駐車場は「2つ」あります。

駐車場1 大泊ビーチと書かれた看板の右奥(誘導員が出て来る)
駐車料金 車1台 500円
大人 500円
子供 300円
(シャワー代込み)
管理 大泊ビーチ業者
駐車場2 大泊ビーチと書かれた看板の手前左
駐車料金 車1台 500円のみ
管理 地元島民

「駐車場2」の料金は安いですが、ここを利用すると大泊ビーチ業者の管理するビーチエリア、クラゲ防護ネットの中で游泳する事はできません。

 

そのエリアに入ろうものなら監視をしている人が笛で警告、さらにアナウンス放送までされるので気分を害します。

海に入るのならいさぎよく「駐車場1」にとめるしかありません。

 

いい所

  • 個人シュノーケル可(クラゲ防護ネットの中のみ)。
  • 駐車場からすぐビーチ。
  • サンシェードの持ち込み、設置OK。
  • ペットの持ち込みも可(ただし排泄物は飼い主さんが処理すること)。
  • 自然を壊していない。マリンが海の上を走り回っているというわけではないので、きれいさを保っている。

残念な所

  • 駐車料金がかかる。
  • 場所が分かりにくい。うまくグーグルマップを活用しよう。道中には看板も出ています。
  • 民間の業者が運営しているので設備もそれなり。
  • 駐車場問題(トラブル)
    大泊ビーチの駐車場は2つあり、管理は別々の業者が行っています。客引きのいざこざで「不快な思いをした、せっかくの気分が台無しになった」という声も聞きます。
ワンポイントアドバイス
  1. マリンスポーツは行われておりません。
  2. 現金はある程度用意しておいた方が良い。
  3. ドコモ、ソフバンは電波が少し弱い。
  4. BBQも行っています。
  5. キャンプ可
    テントの持ち込み宿泊OK(有料)。翌10:00まで。
  6. 伊計島にあるここ「大泊ビーチ」は、沖縄本島と橋で繋がっているので車で簡単にアクセスできます。もちろん日帰りも可能。
  7. お腹空いた・・
    食事処といえば園内にパーラーがあります。
ビーチの設備 ● クラゲ防護ネット
● 監視員
● 更衣室
● シャワー
● トイレ
● コインロッカー
● 海の家・パーラー
● 自販機
● BBQ
● 東屋(あずまや)
ビーチレンタル ● パラソル
● パラソルセット
● サマーベッド
● 浮き輪
● シュノーケル
● フィン
● ビーチござ
● ライフジャケット
体験できるアクティビティ ● なし
名称 大泊ビーチ
(おおどまりビーチ)
住所 沖縄県うるま市与那城伊計1012
電話番号 098-977-8027
定休日 無休
海開き 4月上旬
遊泳料金 無料
游泳時間 09:00~18:00
(季節により変動)
游泳期間 4~10月ぐらい
駐車料金 2箇所とも有料
アクセス 那覇空港(なはくうこう)

58号線

10号線(海中道路)

大泊ビーチ(約2時間)
大泊ビーチの評価
砂質
(4.0)
透明度
(5.0)
人気度
(4.0)
総合
(4.5)
近くにある宿泊ホテル
周辺には・・