「天仁屋ビーチ」キャンプ自由。海上カヌー散歩も楽しい天然の海!

自然がむき出しの「天仁屋ビーチ」。

人を寄せ付けない雰囲気があるので、行くのをためらってしまう・・

そんな所。

 

しかし、「自然の海がいい」という人は見事マッチング。

 

何をしようが完全自由なので、誰に気を使う必要もありません。

車を海の近くまで持ってきてもいいし(釣り、キャンプ、焚き火)も思うがまま。

 

猛者はモーターフライトを飛ばす人もいます。

背中に大きな扇風機をつけて、空中散歩を楽しむマリンスポーツね。

 

カヌーの使用許可も必要ないので、存分に楽しんで下さい。

実はこれこそがここ最大の魅力(キラン☆)。

 

check

ここは陸も海も全て凸凹の石だらけ。

 

海水浴には適しません。素足で海に入ろうなんて思わないこと。

 


駐車場は整備されていません。

 

舗装された道は、下り坂の突き当りまで。

そこから先は凸凹の地面。

 

これ↑

大小様々な石が無造作に散らばっている。

 

サラサラ砂地なんてどこにもありません。

一般のビーチと同じように考えないこと。

 

check

タイヤを気にしないという人は、凸凹の上を走ってビーチの近くまで行っても構いません。

 

天仁屋川

これが最初の難関。

この川を渡らなければ、ビーチへは行けない。

 

・・といっても深くはないので大丈夫。

 

海へ行くにつれ、段々と浅くなっていく感じ。

車で渡るのなら海辺がいいね。

 

歩いて渡る

川の中にはご丁寧にも石が並べられている所があるので、その上を歩いて行けます。

あなたのバランス感覚が試される瞬間。

 

別に石を踏み外しても、足元が濡れるだけなので大丈夫。

靴下にシューズは地味に痛いか・・。

 

天仁屋ビーチの様子



思っていたよりも広くてビックリ。

 

むき出しの岩山、荒々しい砂浜、誰の管理も行き届かないワイルドが視界いっぱいに広がる。

これぞザ・自然ビーチ!

 

キャンパーさんは、こんな風景を待っていたのでは!?

 

左に見える岩山「天仁屋崎」。

 

右が「パン崎」。

 

この両サイドの岩山に挟まれるのが「天仁屋ビーチ」。

奥行きがぐぃ~んっと伸びる海景色だ。

 

check

「パン崎」→午後は日陰になるので、テントを設置するのならオススメ。

 

嘉陽層の褶曲(かようそうのしゅうきょく)

左手に「天仁屋崎」がありましたよね?

その表面には模様が見えます。

 

それが

嘉陽層の褶曲(かようそうのしゅうきょく)。

 

線がグニャっと曲がっているのは、平らだった地層に圧力がかかった証拠。

それが沖までずっと続いています。

自然の力ってすごい。

 

MEMO

 

嘉陽層の褶曲は「国指定天然記念物」にもなっています。

 

ぽっかり穴のあいた所は崩落してできたもの。

危ないので近づかないように。

 

海の上にも「嘉陽層の褶曲」

まるで離島を思わす雰囲気。

 

ちょうど防波堤の役割も果たすからナイス。

これで波の影響も多少、和らぐ。

 

干潮となると歩いて行くことも可能。

 

カヌー


ここ1番のお楽しみが「カヌー」。

まれにツアーらしき団体さんが、海の上をスイスイ走っています。

 

外から見るとただの青い海にしか見えませんが・・

実際にカヌーの上から海の中を覗いて見ると・・

 

あら不思議!

地面には緑の塊がゆらゆらと動いています。

 

その正体は・・「藻」。

あちらこちらにあるその風景は、沖縄の海じゃないみたい。

超レアな光景だ。

 

さらに形の違うサンゴ岩もあったりします。

ということは・・

これを隠れみのにする小魚もいるという事です。

 

一瞬ですが本当に見かけるので、テンションアップ!

「餌場が無限にある、隠れ場所もある」という環境は、まさにお魚天国♪

 

えっジュゴン?

そんな生き物なんて、ここにはいません。

(・・TVの影響は罪深い)。

 

まさかこんな世界が広がっていたなんて、外からは想像もできない。

東海岸にこんな場所があっとは。

 

上空から見る「天仁屋ビーチ」

これがリーフの中。

そこにはサンゴ岩の姿があちらこちら。

まるで離島を思わす風景。

 

陸から見ると青ですが、上空から見るとエメラルドグリーン。

不思議。

 

カヌーに必要な持ち物

 

①ライフジャケット

海に投げ出されても溺れないよう、必ず着用して下さい。絶対にケチったらダメ!

 

②マリンシューズ

海の中は凸凹地帯。素足なんて論外です。

 

一応カヌーも紹介しときます

 

まとめると

①ライフジャケット
②マリンシューズ

この2点です。

 

タンカー

水平線上にはうっすらタンカーも見かける。

白波の立つ様子も迫力~。

 

お墓

「パン崎」の後ろはお墓が何箇所かあります。

ご先祖様のお眠りを邪魔しないように。

 

写真集


感想

リーフの中は巨大な生簀(いけす)。

生簀とは大きな水たまりのようなもので、その中は極端に深いという訳ではありません。

 

外よりも色は明るく、天然のサンゴ岩が点在します。

それを隠れ家にする小魚も見られるので、楽しいステージ。

 

透明度も高いのでハッキリクッキリ。

見つけた時はテンションアップします。

 

+「緑」も加わるので、独特の雰囲気。

干潮になると水位が下がるので、リーフの「外」、「内」がハッキリと分かるよ。

 

ここは遠浅なので、波が引く時は一気に引きます。

沖合まで歩いて行けるようになるのだ。

 

石ころだけの世界と思っていたら、海の中は予想を超える景色が広がっているのでビックリです。

この場所がカヌーに選ばれるのも納得。

 

外人さんはこういう自然が大好き。

 

追記

ここはめちゃくちゃ田舎にあるので普段、人の姿は全くありません。

人がいないと不安で押しつぶされそうになります。

 

MEMO

 

携帯電話は使えるの?

 

はい使えます(AU、ドコモ、ソフトバンク)対応。

 

口コミ情報は今の所ありません。

 

いい所

  • ビーチの上がった所は民家があるので、安心する。

残念な所

  • 人がいないと寂しい、不安、心配、怖い。

禁止事項

  • 花火。
  • ゴミの不法投棄。
ワンポイントアドバイス
  1. 天仁屋の読み方→「てにや」。
  2. ここは公認の海水浴場ではありません。クラゲ防護ネット&ビーチスタッフは配置していないので、自己責任で楽しんで下さい。
  3. (シュノーケル、カヌー、サップ)は自由ですが、満潮へ向かう時間帯は波が荒目なので気をつけて下さい。単独行動はせず必ず付き添え人をつけること。
  4. ペット・犬の持ち込み可
    ただし排泄物は飼い主さんが責任をもって処理すること。
  5. お腹空いた・・
    ここには何もありません。
ビーチの設備 ● クラゲ防護ネット
● 監視員
● 更衣室

● シャワー
● トイレ
● コインロッカー
● 自販機

● BBQ設備
ビーチレンタル ●なし
体験できるアクティビティ ● なし
名称 天仁屋ビーチ
(てにやびーち)
住所 沖縄県名護市天仁屋71
電話番号 なし
定休日 年中無休
海開き なし
遊泳料金 無料
游泳時間 なし
游泳期間 なし
駐車料金 無料
アクセス 那覇空港(なはくうこう)

高速道路

329号線

331号線

天仁屋ビーチ(約1時間30分)
天仁屋ビーチの評価
砂質
(1.0)
透明度
(4.0)
人気度
(1.0)
総合
(3.0)
周辺には・・

特になし。