「安部の海」海水浴には向かない地元の生活プライベートビーチ!

静かな日常

それが「安部の海」。

 

プライベートを邪魔されない波音だけの世界・・

目の前には昔から変わらない自然が今日もある。

 

check

海水浴は不向き。

 

ここがビーチの出入り口。

1つしかない。

 

チェーンがあるので、その先は歩き。

といってもすぐだよ。

 

ここを抜けると・・

 

安部の海




視界が開けご覧の海景色。

地元人が置いたであろうイスがちょうどいいシルエット。

 

2つの岩が海へせり出す中にある「安部の海」は

左手
「ギミ崎」

右手
「安倍崎」

となる。

 

その先はどこまでも続く太平洋だ。

 

安部オール島

「安倍崎」の前にあるのが「安倍オール島」。

 

それは陸から完全に切り離された小島。

島といってもただの岩の塊。

 

左のほうね。

プチ離島気分を思わす雰囲気。

 

人がいた

こんな所にも人がいて安心。

って当たり前か。

 

ビーチのすぐ後ろは集落なので、地元人も見かけるさ。

何やら釣りをしているようです。

 

こんな浅瀬でお魚さんなんてとれるんですかね?

下半身が水に浸かっても気にしない気にしない。

 

砂質


陸地は真っ白サラサラ。

湿っている所は日焼けしたような黄色。

 

もずくのちぎれた残骸らしきものが、あちらこちらに打ち上げられているのでちょっと残念。

黒い点々がそれ。

 

透明度

そんなにきれいという訳ではない。

汚れている所もチラホラ。

 

よく見ると・・

海面に丸いものがプカプカと浮いてますね。

 

これはおそらく海の中に「編みを仕掛けてますよ」という目印。

中で何かを養殖しているのでしょうか?

 

「も・ず・く」で確定?

 

緑の壁

ビーチの側面には背の高いモクマオウという植物が連続。

 

これは台風対策のためで、ちょうどいい壁を作っています。

すぐ後ろは集落なので大活躍。

 

年齢を重ねる事でより強度がます。

 

日陰

その真下はちょうど良い日陰。

イスが何個か置かれているので、地元人もこの場所から海景色を楽しんでいるようだ。

 

植物

出た。

砂地をはう緑の植物「グンバイヒルガオ」。

 

海といえばやっぱりこれ。

 

写真集







のどかでほのぼの~。

時間ってこんなにゆっくだっけ?

 

行き方

「安部の海 」は場所が非常に分かりづらいので、行き方を解説します。どうぞご参考にして下さい。

 
  • STEP.1
    331号線

     

    「安部公民館」の建物が見えたら曲がる。外からは見えないので、近くまで行かないと分からないよ。

  • STEP.2
    民家の通りを直進

     

    道幅は狭いので、車のすれ違いにご注意。

  • STEP.3
    突き当りがビーチの入り口

     

    水色の水平線が見えるはず。

check

駐車場はありません。
路肩にとめましょう。
長いは禁物。

 

感想

観光客?

イヤイヤ、そんな姿は全くありません。

 

ここは地元の人しか知らない隠れビーチで、海水浴を楽しむ所ではないのだ。

一般のビーチと比べ、こじんまりとしていますが岩山に挟まれた雰囲気は独特。

 

緑の中に自分がいるのだ。

ん~ ザ・ワイルド。

 

外界とは完全に隔離された世界なので、ほんと静か。

動くものといえばランダムにゆれ動く波ぐらい。

 

あっ人もちゃんと動いてます。

まさかこんな田舎にビーチが広がっているなんて、想像もできない。

 

check

 

岩山に挟まれたビーチといえば「ウクン浜」もあるよ。

「ウクン浜」宮城島にある天然の海!お魚さんにも出会える!

 

沖縄本島→海中道路→平安座島→宮城島にあります。これらの島は全て道路が通っているので、車で簡単にアクセス可能。

 

ここは海もそんなにきれいではなく、駐車場もないのでわざわざ足を運ぶ必要ないかな・・

ごめんなさい。

人に荒らされずこのままずっと自然が残っていてほすい。

 

MEMO

 

ビーチのすぐ後ろは「安倍集落」なので、観察して回るのも楽しいよ。

 

昔ながらの家が点在し、石垣も見かけるので古き良き沖縄を体現できます。

 

ここは今の所、口コミ情報はありません。

どんだけ~。

 

いい所

  • 静か。

残念な所

  • 駐車場がない。

禁止事項

  • 花火。
  • ゴミの不法投棄。
ワンポイントアドバイス
  1. ここは公認の海水浴場ではありません。クラゲ防護ネット&ビーチスタッフは配置していないので、自己責任で楽しんで下さい。
  2. シュノーケル不可。
  3. マリンスポーツは行われていません。
  4. ペット・犬の持ち込み可
    ただし排泄物は飼い主さんが責任をもって処理すること。
  5. お腹空いた・・
    ここには何もありません。
ビーチの設備 ● クラゲ防護ネット
● 監視員
● 更衣室

● シャワー
● トイレ
● コインロッカー
● 自販機

● BBQ設備
ビーチレンタル ●なし
体験できるアクティビティ ● なし
名称 安倍の海
(あべのうみ)
住所 沖縄県名護市安部22
電話番号 なし
定休日 年中無休
海開き なし
遊泳料金 無料
游泳時間 なし
游泳期間 なし
駐車料金 無料
アクセス 那覇空港(なはくうこう)

高速道路

329号線

331号線

安倍の海(約1時間20分)
安倍の海の評価
砂質
(2.0)
透明度
(2.0)
人気度
(1.0)
総合
(1.5)
周辺には・・
「カヌチャビーチ」広大なゴルフ場に青色のリゾート楽園! 「嘉陽ビーチ」個人キャンプもOK。水色が素敵なロングビーチ!