「屋嘉ビーチ」漁港のお隣は広大なビーチが広がっていた!

真っ白な砂浜がどこまでも続く超ロングビーチ・・

あまりにも広すぎて、端から端までとても歩けない。

 

開放的でワイルドな空間です。

海水浴よりも「観賞用向き」。

屋嘉ビーチの「様子」



青空があんなにも広い。

ああ・・のどかで平和。

 

完全に時間という概念がありません。

ウチナータイム全開の雰囲気だ。

 

ビーチは突堤(とってい)が2つ設置された変わった設計。

MEMO

 

突堤が設置されたビーチは県内でもここと「東江海岸」だけ。

「東江海岸」夕日が素敵なロングビーチ!海中にはブロックがズラリ!

行き方

ビーチの出入り口はこの1箇所のみ。

右上の道路標識に「屋嘉ビーチ」と表記されているのでご参考に。

駐車場

入り口を入ると小さな漁港で「えっ!間違えた!?」と思いますが大丈夫。

 

間違えてはいません。

車をおりたら海に向かって「右へ」歩きます。

 

「駐車料金」

無料(15台)

遊歩道

このような場所に出ます。

遊歩道はアスファルトできれいに整備され、ビーチの端までずっと続いている。

 

全長は2km以上。

どんだけ~。

防砂林

遊歩道の側面には緑の「壁」が連続で並んでいます。

これは砂が住宅街へ飛んでこないための工夫。

 

台風の風も和らげる。

ネット・網も張られていますね。

 

この壁のおかげで「外」からはビーチの様子が全く見えません。

一度、その中へ入ると視界が開けるので驚くでしょう。

左手は青い海

メインの海です。

一面ブルー畑できれいー。

砂質

足元がズズズ-と沈み込むほど柔らかい。

まるでパウダーの上。

 

check

藻屑が打ち上げられている所もあるので、一面真っ白というわけではない。

 

場所によっては草もボーボー。

透明度

足のつま先が見える透明度。

北部の海はやっぱりきれい。

防波堤


ここは人工ビーチなので防波堤も整備されています。

その上では釣りを楽しむ地元人の姿も。

 

眼下には「金武湾(きんわん)」。

水平線上にはうっすらですが「伊計島」「宮城島」も見えるね。

 

これらは沖縄本島と橋で繋がっているので、車で全て回れる。

興味のある方はご参考に。

写真集






感想

動くものといえば上空を流れる白い雲・・波だけ。

のどかで素朴な海です。

 

観光客はほぼ皆無。

 

ただ人影がほんとないので寂しい。

地元人が何人か釣りを楽しんでいる姿しか見られない。

 

音もほぼ無音に近い状態なので、静かすぐる・・

広いビーチなのにどこかもったいないですね。

 

青々しいコバルトブルーは今日も相変わらず素敵。

景色だけで十分癒やされる~☆。

 

MEMO

 

ビーチの側面にある家の人達はすぐに海岸線へ出られますが、外来者は目立たない駐車場からしか入れません。アクセスが非常に悪い。

 

じゃらんレンタカー

 

いい所

  • 東海岸なのに荒々しい波の様子もなく穏やか。

残念な所

  • 夕日は見られない。そのかわり朝日は見られる。
  • 人影がないので寂しい・不安。

注意

  • 台風、波の荒い日は近づかない。
  • ここ東海岸は太平洋で地震があった場合、波の影響がやって来る可能性もあります。
ワンポイントアドバイス
  1. 個人シュノーケル不可。
  2. マリンスポーツは行われておりません。
  3. ここは公認の海水浴場ではありません。クラゲ防護ネット&監視員は配置されていないので、自己責任で楽しんで下さい。
  4. ペット・犬の持ち込み可
    ただし排泄物は飼い主さんが責任をもって処理すること。
  5. お腹空いた・・
    食事処は南下すれば数件。ファミマは大通り(329号線)。ガソリンスタンドは北上、伊芸海浜公園の通り。
ビーチの設備 ● クラゲ防護ネット
● 監視員
● 更衣室

● シャワー
● トイレ
● 自販機
BBQ設備
ビーチレンタル ● なし
体験できるアクティビティ ● なし
名称 屋嘉ビーチ
(やかびーち)
住所 沖縄県国頭郡金武町屋嘉234
電話番号 なし
定休日 なし
海開き なし
遊泳料金 なし
游泳時間 なし
游泳期間 なし
駐車料金 無料
アクセス 那覇空港(なはくうこう)

58号線

73号線

329号線

屋嘉ビーチ(約1時間30分)
屋嘉ビーチの評価
砂質
(4.0)
透明度
(3.0)
人気度
(1.0)
総合
(2.0)
周辺には・・
「伊芸海浜公園」BBQもできる広大な海岸線!目の前は青い海!