「恩納海浜公園ナビービーチ」BBQもできるよ。アクセスはここ!

明るいトロピカルな水色がテンションを上げる「恩納海浜公園ナビービーチ」。

 

期待を裏切らないその美しさは観光雑誌で見る景色そのまんま。

炎天下でも水温はひんやり気持ちいい。

恩納海浜公園ナビービーチ





大きな浮き輪に何人も乗っかり、ワイワイキャイキャイはしゃぐ様子も楽しそう。

 

子供~大人まで幅広い世代に人気。

若者パワーでエネルギッシュです。

海の中は笑顔や明るい声が飛び交う。

砂質

天然の浜はサラサラ真っ白。

足がズズズーと沈み込むほど柔らかい。

 

場所によってはサンゴの欠片も混じっていますが、角はないので素足でも平気。

海の中はクリアーできれいです。

 

MEMO

 

砂浜エリアは「影」が一切ありません。

 

ならばサンシェードです。休憩ポイント&荷物置きにも活用できるから便利。沖縄の紫外線は強烈なので、熱中症でダウンしないよう工夫して下さい。

透明度

足のつま先が見える透明度。

 

沖へいっても変わらない。

リゾートホテルにも負けない美しさ!

遊泳エリア

他のビーチと比べ若干狭く感じる。

 

しかしも泳ぐぶんには十分。

奥行きはかなりあります。

マリンスポーツ・アクティビティ

海に向かって左端(游泳エリアの外)はマリンの発着場。

ここから「バナナボート」、「マーブル」、「シーカヤック」が出ていきます。

 

沖へ出れば一気に広い海。

スピードに乗れば風圧+ドリフトも加わるのでテンションアップ!

360度のエメラルドを体感するのだ!

 

MEMO

 

海上にはお隣の万座ビーチリゾートから出航する「サブマリンJr.Ⅱ」、「ヨット」も走っていたりします。

カヌー

のんびりマイペースで楽しみたいという人は「カヌー」。

パートナーさんと会話を楽しみながら好きな所へ行けます。

 

体験ダイビングは時間に余裕のある方は挑戦して見ましょう。

深さもそれほどないので初心者でも怖くありません。

 

海の世界はイソギンチャクの姿にそれを隠れ家にしている「カクレクマノミ」が見られたりします。

東屋(あずまや)

園内には日影になる東屋(あずまや)が8棟設置されています。

 

本物の赤瓦を使用した贅沢な作り。

テーブル席もあるので、腰を下ろしてゆっくりとくつろげるよ。

BBQの利用もできるので便利。

BBQ

沖縄の海といえばビーチパーティー!

美味しいお肉にキンキンと冷えたビール・・ウズウズしてきませんか?

 

素敵なエメラルドもあなたを待ってます。

もちろん日陰の中(東屋の中)なので暑くありません。

 

シーズンとなると全ての席が埋まる盛況ぶりです。

地元民(団体さん、子連れファミリー)でにぎわう。

 

BBQセット一式 

料金

「5000円」

 

ガズボンベ、鉄板一式、トング、ヘラ、東屋 or テント付。

 

 

食材

「ご飯」
「キャベツ」
「タマネギ」
「ピーマン」
「牛カルビ」
「コーン」
「焼き鳥2本」
「ウィンナー2本」

「焼きそば 別途1,000円」

当日の受取は11時から。

 

「利用時間」

夏季(4~10月) 10:00~19:30
冬季(11~3月)  10:00~日没

 

「お問い合わせ電話番号」

098-966-8839

 

「キャンセル」

3日前まで(前日キャンセル50%、当日100%)。

 

「詳細」

恩納海浜公園ナビービーチ(公式サイト)

 

check

食材の発注は3日前に。申し込み人数の半分以上が目安。

オススメの「景観ポイント」


ここは海にせり出した所にある東屋(あずまや)

円形の階段を上がると大理石のテーブル・イスが用意されています。

 

ドカッと腰を下ろして下さい。

目の前は180度のエメラルドです。

 

もうね・・

落ち着くのよ。

 

潮風に波のBGMが同時に入ってくるから。

海上には琉球石灰岩の塊もゴロゴロしているから景観度もアップだよ。

 

こんなにもリラックスできる風景は中々ありません。

マリンが沖へ出ていく際はすぐ横を通るので、我が子の様子を見送る・もしくは写真撮影も適しています。

ビーチバレー

浜にはバレーネットが設置されています。

 

パワーを持て余す若者はぜひ活用しよう。

お子様用の「ミニサッカーゴール」も設置されているよ。

シーサー

沖縄の珍獣といえば「シーサー」。

魔除け・福を呼ぶ「縁起物」として昔から馴染みのあるものです。

 

個人宅や会社の玄関、屋根の上にもいますよね。

沖縄といえばシーサーです。

 

口を開けている方が「オス」
閉じている方が「メス」。

ここのシンボル的存在だ。

岩場

海に向かって右端には大きな岩がドンっと転がっています。

その先へは行けないと思いきや・・

 

行けます。

実はその先も白い浜が続いているんですねー。

 

生け簀もあるので、小さなお子様は水遊びも楽しめるでしょう。

干潮となると沖の方まで歩いて行く事もできるので、ちょっとした探検気分も味わえる。

 

運がよければ天然のお魚さんだって見かけるよ。

 

check岩の上を歩く際は滑らないように注意して下さい。このエリア監視員の目も届きません。

 

突き当りに見える大きな建物は「万座ビーチリゾートホテル」。

万座ビーチが有名。

「万座ビーチ」オーシャンパーク現る!集えわんぱく盛りな子供達!

 

オレンジ色の洋風チックな建物は万座ビーチリゾートが運営する「チャペル」。

ウェディングドレス、タキシードを着た新郎新婦がここへ撮影にやって来る事もあります。

管理棟

スタッフの常駐する「管理棟」

浮き輪の空気入れも行っています。

 

1F

「管理事務所」
「救護所」

2F

「海人料理 亀ぬ浜」

海人料理 亀ぬ浜

2Fは食事処を完備。

屋外は屋根もついているので暑い日でも快適。

 

多くの人を収容できるので、ビアガーデンとしても利用できますね。

カウンター席からはビーチも見渡せる。

 

食事は沖縄料理がメイン。

食事

 

「海ぶどう丼定食」
「ソーキそば定食」
「イカ墨定食」
「ゆしどうふ定食」
「アバサー汁定食」
「サイコロステーキ」
「海鮮丼」
「タコライス」
「もずく酢」
「ビーフカレー」

 

アルコール

 

「ビール」
「酎ハイ」
「泡盛」
「ワイン」

 

その他

 

「ソフトドリンク」

 更衣室

更衣室もあるので着替えも可能。

天井からは光も指すので部屋全体が明るい。

物置台に鏡もあるよ。

 

設備

「シャワー(1回100円)」
「トイレ」
「洗面台」
「足洗い場」
「コインロッカー」

足洗い場

更衣室&トイレをご利用の方はまずここで砂を落として。

 

checkBBQ機材、食材の洗浄は禁止だよ。

写真集





感想

ここら一帯はサンゴ岩が沖までずっと伸びているので、海の色は明るくトロピカル。

南国の雰囲気全開です。

 

遠浅なのでお子様も安心。

砂も流失することなく自然の鮮度を保ったまま。

 

干潮、満潮、太陽の位置によっては「エメラルドブルー」にも「エメラルドグリーン」にもなるから不思議。

自然を壊していない環境がいいですね。

 

実はこれこそがここ最大の価値。

ただ泳ぐだけなんてどこでもできるでしょう。

 

しかし・・

ここは自然の岩が海上・陸地にもあったり、波が引くとその岩の上を歩けるようになったりするので、お子様にも喜ばれます。

 

観賞だけでも十分楽しい。

以前は地元御用達のローカルスポットでしたが、近年は観光客も倍増。

 

良いものは良いとしてSNSにも拡散され、共有されていきます。

 

口コミでは

「沖縄らしいビーチ」、「一般のビーチなのにリゾートを感じるなんて得した気分」、「公共の海水浴場なので気軽に行ける」と評判。

「最新版」モテ子が選ぶ楽天水着ランキング1~100位

 

いい所

  • 駐車料金が無料。
  • 駐車場からすぐビーチ。
  • サンシェードの持ち込み、設置OK。
  • 清掃・管理が行き届きゴミ一つ落ちてない。
  • スタッフの常駐する「管理事務所」もあるので安心。

残念な所

  • 時期によっては海面に海藻が浮いている。
  • 出入り口が分かりづらい(グーグルマップをうまく活用しよう)。

注意

  • ペット入場禁止
  • ビン類、BBQ機材の持ち込み禁止
  • 花火禁止
ワンポイントアドバイス
  1. 潮見表を確認して!
    干潮だと大人の游泳は難しい。干潮も満潮も常に同じ時間帯ではありません。毎日ズレていきます。
  2. 公園といっても子供が遊ぶ遊具は一切ありません。海・レジャーを楽しむ所と考えよう。
  3. お腹空いた・・
    園内に食事処「海人料理 亀ぬ浜」があります。
ビーチの設備 ● クラゲ防護ネット
● 監視員
● 更衣室
● シャワー
● トイレ
● コインロッカー
● 管理棟
● 自販機
● 海人料理 亀ぬ浜(食事処)
● 東屋(あずまや)
● BBQ
● バレーネット
● ミニサッカーゴール
ビーチレンタル ● ビーチパラソル
● デッキチェアー
● ビーチパラソルセット(浮き輪 大、小)
● ゴーグル
● マスク
● スノーケル
● ライフジャケット
● タコメガネ
● カヤック
体験できるアクティビティ ● 万座毛を下から眺めるバナナボート
● バナナボートで行くカクレクマノミシュノーケル
● バナナボートで行く貝獲り漁!獲った貝の実食付
● グラスボート(サンゴ養殖施設見学)
● サンゴ再生プログラムシュノーケリングツアー
● 洞窟探検クマノミシュノーケル(バナナボート・洞窟探検・シュノーケル)● ボートスノーケル
シーカヤックをこいでカクレクマノミ・シュノーケル● お得マリンパック(バナナボート・スノーケル・シーカヤックレンタル(3歳からも可)
名称 恩納海浜公園ナビービーチ
(おんなかいひんこうえんなびーびーち)
住所 沖縄県国頭郡恩納村419-4
電話番号 098-966-2900
定休日 無休
海開き 4月上旬
遊泳料金 無料
游泳時間 09:00~18:00
(季節により変動)
游泳期間 4~11月末ぐらい
駐車料金 無料(200台)
アクセス 那覇空港(なはくうこう)

高速道路

58号線

恩納海浜公園ナビービーチ(約1時間)
恩納海浜公園ナビービーチの評価
砂質
(5.0)
透明度
(4.0)
人気度
(4.0)
総合
(4.5)
周辺には・・
「万座ビーチ」オーシャンパーク現る!集えわんぱく盛りな子供達! 「万座毛」は像の鼻?その謎を現地リポート! 「みゆきハマバルリゾート」格安の宿泊料金!団体さんもお得! 「ホテルみゆきビーチ」マリンスポーツも楽しめる隠れビーチ!