「果報バンタ」は絶景のパワスポ!眼下には誰もたどり着けないビーチ



観光雑誌にも載っていない隠れ絶景スポットがここ「果報バンタ」。

その美しさは訪れる旅人全てを魅了する。

眼下に広がる無数のサンゴ岩は、海の流れを「形」となって表しているようだ。

その光景はとても神秘的。

果報バンタは「塩工場ぬちうなー」の敷地内。

ゲートがあるので工場がオープンしないと入れません。

工場の営業時間 09:00~17:30
駐車料金 無料

遊歩道

駐車場を下り工場から真逆(海に向かって)進むとこのような遊歩道があります。

進んで下さい。

check

急な傾斜、階段があるので車椅子&ベビーカーの人は行けません。

到着

ここが景観スポット。

芝生のお手入れが行き届いた綺麗なスペースです。

植物もきれいに選定されてナイス。

放射状に広がるギザギザの緑はアダン。

崖にはこの亜熱帯植物が定番。

さて本題の眺めは・・

 

コレっ!


素敵~♪

トロピカルな水色と青色のグラデーションが沖縄~♪

 

まるで海自体が生きているような「生命力」を感じます。

推定100mの高さから見ているので、迫力度がほんとすごい!

 

うなる海風も最高に心地よく、ちょっと怖さも感じるぐらい。

真下はどうやったらこんな風景が作れるの?と思う絶景が広がっているよ。

 

この景色は海に囲まれた沖縄といえどここでしか見られない貴重な光景。

時間を忘れ吸い込まれるように没頭します。

インスタにアップしてみんなに自慢しよう!

check修学旅行生がドッと入ってくる時があります。

 

そうなると人が増えるので、絶景ポイントは少し待たなければいけません。

サンゴ岩

海の底に見える「茶色」・・気になりましたか?

気になったよね。

 

これはサンゴ岩といって岬でよく見られるもの。

表面はどれも茶色。

 

波がこの上を通るとシュワシュワ~っと音を立てるから爽快。

この高さまでも耳に入ってくるよ~。

 

又、太陽光がこのサンゴ岩に当たると光を拡散するので、海全体が明るくなります。

沖縄の海がなぜ明るいエメラルドなのか?

少しはお分かり頂けだのはないでしょうか。

 

サンゴ岩の先は急に深くなっているので濃い青色。

透明度

さすが離島の海。

透明度は海の底が見えるほど抜群に高い。

高い所からでもそれがハッキリと分かる。

 

柵(さく)

柵(さく)も設置されているので安全。

ただ持たれるのはちょっと怖い・・

 

ビーチ

崖下には砂が体積してできた自然のビーチがあります。

ウミガメも産卵にやってくる素敵な所。

 

が・・まず誰も辿りつけません。

だってそこまの道がないのですから。

 

「ビーチ名」もありません。

泳ぐ事もシュノーケルも不可。

個人的にはこのままずっと、人間に踏み荒らされない神聖な場所であってほしい。

 

写真集


空と海を分割する地平線。

もちろん水平でしょと思えば・・

 

意外とそうでもありません。

よく見ると若干、丸みがあります。

これは目の「錯覚」でカメラも見事に騙される。

不思議ですねー。

 

いつでもきれいな海が見られるんでしょう?

甘~い。

ある条件を満たさないと素敵な海なんて見られません。

行ってガッカリ・・という事がないよう以下の条件を教えるよ。

①快晴の日に行くべし!

 

曇りだと海全体がねずみ色になり、本来の青い海は見られない。

 

②午後に行くべし!

 

太陽は東から上り西に沈みます。ここは「東」に位置するのでベストな時間は12:00~14:00の間。午前中は太陽が視界に入るので逆光。海は白とびします。

 

③干潮は避けるべし!

 

干潮となると水かさが下がるので水色が半減。

以上、この3つを守れば素敵な景観が望めるよ。

 

感想

沖縄本島でも東の最前線に位置する珍しい岬がここ「果報バンタ」。

さとうきび畑の奥にこんな絶景が広がっているなんて想像もできません。

 

最初はこんな所に本当にあるの?と半信半疑ですが、行って見るとビックリ!

あなたの想像を超える絶景が広がっているのだ。

 

ここは東向きの景観ですが、西海岸にも負けない美しさ。

個人的には観光雑誌で紹介される「万座毛」よりもここがオススメ。

「景観度」
「迫力度」
「感動度」

が桁違いなのだ。

 

初めて見た時のインパクトは何とでかいこと。

海を見慣れた沖縄の人でも大絶賛する。

 

「感動」という言葉の中に一体どれだけの感情が詰め込まれるのか?現地にいって体感してみるといいよ。

写真で見るのと肉眼では大違いです。

 

もしかしたらあなただけの「パワースポット」になっているかも知れません。

記憶よりも「心」に残る1ページが待っている!

MEMO

 

バンタとは?

 

沖縄の方言で「断崖絶壁」という意味。幸せが訪れるという思いを込めて「果報バンタ」と名付けられました。

口コミでは

「伊計島に行くのならドライブのついでに立ち寄ろう!」、「想像を超えた!」、「自然の中のオアシス」と評判。

じゃらんレンタカー

 

いい所

  • 観光化されていないので人も少なく騒がしくない。
  • トイレは「塩工場ぬちうなー」のを利用できる。

残念な所

  • 東海岸なのでオレンジ色のサンセットは望めない。

行き方①海中道路

②平安座島

③宮城島

④塩工場ぬちうなー(果報バンタ)

ワンポイントアドバイス
  1. 果報バンタは「塩工場ぬちうなー」の敷地内へ入らなければ見られません。なので営業時間内での観賞ということになります。営業時間外は門が閉まっているので入れません。
  2. 宮城島にあるここ果報バンタは、沖縄本島と橋で繋がっているので車で簡単にアクセスできます。
  3. 高所恐怖症の人は怖いかもしれません。
  4. お腹空いた・・
    (食事処、カフェ)が塩工場ぬちうなーの2F「たかはなり」にあります。周辺には何もありません。
名称 果報バンタ
(かふうばんた)
住所 沖縄県うるま市与那城宮城726
駐車料金 無料(約150台)
所要時間 約10分
アクセス 那覇空港(なはくうこう)

高速道路

227号線

37号線

果報バンタ(約1時間20分)
果報バンタの評価
景観度
(5.0)
満足度
(5.0)
人気度
(5.0)
総合
(5.0)
周辺には・・
「トンナハビーチ」キャンプにBBQもできる天然の海。あっお魚さん 「伊計ビーチ」バーベキューにマリンスポーツも楽しめるよ! 「イツクマの浜」観光雑誌にも乗らないプライベートビーチ! 「大泊ビーチ」はお魚天国。大人も子供もシュノーケルで盛り上がれ! 「AJリゾートアイランド伊計島」プライベートが満喫できる離島の海