「残波ビーチ」マリンスポーツが多彩なトロピカルビーチ!

真っ白な砂浜が視界に収まらない「残波ビーチ」。

ちょっと眩しいくらいのコントラストが夏気分を盛り上げる。

 

一歩でもその空間へ足を踏み入れようものなら心も体も開放されてしまう・・

そんな雰囲気。

残波ビーチの「様子」





浮き輪を使って無邪気に遊ぶ子供達・・

手足をバタバタさせながら楽しそうにバカンスを楽しんでいます。

 

小さなお子様はバケツにスコップを持って「浜遊び」もいいですね。

 

お父さん、お母さん「記念撮影の準備はいいですか?」

砂質

一面真っ白サラサラ。

とにかく広い「浜」!

 

他のビーチとは比べ物にならない。

場所によってはサンゴの欠片が混じっていますが、角はないので素足でも痛くありません。

 

ビーチバレー、ビーチフラッグといった激しい運動でも大丈夫。

透明度


足のつま先が見える透明度。

 

水色できれい。

天気のいい日はもっと明るく、もっとみずみずしくなる。

遊泳エリア

端から端だと人の顔が認識できないほど広い。

 

奥行きも十分すぎるほど。

さすがリゾートの所有するビーチと感心する。

マリンスポーツ・アクティビティ

ここはマリンスポーツが活況!

高速のジェッスキーに引っ張ってもらうバナナボートはダントツの人気。

 

スピードを出しながらカーブを繰り返すので「振り落とされてたまるか!」と盛り上がります。

「いや、まだだ・・まだスリルが足りない!」

 

という方は「Uチューブ」。

こちらはバナナボートよりも少人数ですが、その分スピードが増す。

 

カーブの持続時間も長いので、横にかかるGも倍増!

本気でしがみつかないと場外アウトの可能性大です!

アクアバイク

逆にゆっくりマイペースで楽しみたいという人は、大きなタイヤのついた「アクアバイク」。

足でペダルを回すだけなので、運動音痴の人でも簡単。

 

ハンドルもついているので、好きな所へ行けます。

オールをこいで前へ進む「シーカヤック」もちょっと練習すれば誰でも乗りこなせるよ。

 

両方とも会話も一緒に楽しめるので、カップルさんにもオススメ。

他にも順番待ちの乗り物がいっぱい。

 

あなたの出番を待ってます。

 

checkマリンメニューは豊富なので、必ずあなたに合ったものが見つかる。

グラスボート

海の世界を見たい!という人は「グラスボート」。

船の底はガラス張りになっているので、お魚さんがリアルタイム。

 

海面にはサンゴやそこを住処とする魚たちの姿が♪

もちろんガイド案内人による解説つき。

 

お魚さんの名前も教えてくれるよ。

※小船なのでちょっと揺れがあります。

ビーチバレー

男女問わず団体で盛り上がる海スポーツといえば「ビーチバレー」。

 

ネットは3つ設置されています。

パワーを持て余す若者は要注目。

ビーチパラソル

シーズンとなると真っ白な砂浜にビーチパラソルがきれいに並ぶ。

 

炎天下でも影の中は快適。

背もたれもあるので海を見ながらゆっくりとくつろげます。

テーブル席

ビーチ内はこのようなテーブル席もいくつか用意しています。

 

気軽に腰を下ろせる所がいいですね。

ナイスなリップサービス♪

お・ま・け

ビーチの左端はコンクリートの堤防が沖へ向かって伸びています。

その上を歩いて行けるので、興味のある方は行ってみましょう。

 

その先端は180度のエメラルドです。

もうとろけそうな水色にメロメロ・・

 

「南国に来たど~!」と叫びたくなります。

足場もしっかりと整備されているので、自転車も通れるよ。

 

どこかのサークル団体が自転車でやってきて、撮影している光景も見られますね。

カップルさんも負けず思い出の写真をバシバシ撮っちゃって下さい。

 

岩場の隙間にカニさんを見かけた時はビックリ・・

管理棟

ビーチスタッフの常駐する「管理棟」。

マリンの受付ならここ。

 

設備

「マリン受付」
「FIRST FOOD LOCO(パーラー)」
「テラス」
「更衣室」
「足洗い場」

テラス

管理棟の中にはこのような「テラス」も完備。

海風も入ってくるので気持ちいい空間。

 

トロピカルドリンクを片手に、海を見ながら腹ごしらえもできます。

テーブル席をいくつか用意しているので、団体さんも余裕。

 

もちろん水着姿のまま利用OKだ。

 

FIRST FOOD LOCO(パーラー)

 

 

フード

 

「ハンバーガー」

「フライ盛り合わせ」

「チキン」

「沖縄ソーキそば」

「冷やし中華」

「ガーリックチャバタ」

「ビーフカレー」

「タコライス」

「焼きそば」

「もずく丼」

「枝豆」

「たこ焼き

「じゅーしー」

「アメリカンドッグ」

 

冷たいもの

 

「ソフトドリンク」

「オリオンビール」

「チューハイ」

「アイスクリーム」

 

他いろいろ。

 

checkテラス席は夕方になるとオシャレな「BAR(バー)」に早変わり。

 

キャンドルナイトが灯りいいムードになります。

足洗い場(男女共用)

更衣室&トイレご利用の方はここで砂を落としましょう。

同時に4人利用できます。

 

水圧の調整も可。

屋根は日陰にもなってGOOD!

 更衣室

海水浴の後はここで着替えを済まそう。

天井には扇風機もついてます。

 

設備

「シャワー室」
「コインロッカー(200円)」
「トイレ」

シャワー室

物置台もあるので便利。

 

「利用料金」

有料(200円)

写真集




夕日

地平線を染めるオレンジ色・・

海面には光のシルクロードが現れ、ムード満点のサンセットを作る。

 

波のBGMも加わるので癒やし度もアップ♪

夕日を見ながら歩いたり、座って雰囲気に酔いしれるのもいいだろう。

 

飛行機雲がちょうどいいシルエット。

奥行のあるワイルドな海景色です。

 

checkここは「夕陽スポット」としても密かに有名。

 

車を降りたたらすぐなので、アクセスも便利。

感想

ビキニ姿に麦わら帽子を組合わせた今時の若者はオシャレ。

インスタを使って「かわいい♥」を共有するのは当たり前になりました。

 

素敵な海を背景にコメントもいっぱいもらっちゃって下さい。

カップルや仲良しグループ、子連れファミリーの姿で明るく楽しい「トロピカル」な雰囲気です。

 

MEMO

 

地元客もそこそこいるので、ホテルのビーチというよりはちょっとした市民ビーチに近い感じ。

 

口コミでは・・

「家族にオススメ」、「広くてきれいなビーチ」、「サンセットの景色が心に残った」と評判。

「最新版」モテ子が選ぶ楽天水着ランキング1~100位

 

いい所

  • マリンスポーツのメニューが豊富。
  • ビーチは宿泊客以外の人でも利用できる。
  • 海水浴に必要な設備は全て整っている。
  • 清掃が行き届きゴミ一つ落ちてない。
  • ビーチスタッフの常駐する「管理事務所」もあるので安心。

残念な所

  • 干潮は遊泳不可。
ワンポイントアドバイス
  1. 個人シュノーケル不可。マリンスポーツメニューにある参加型のものならOK。
  2. お腹空いた・・
    園内にパーラーがあります。
ビーチの設備 ● クラゲ防護ネット
● 監視員
● 更衣室
● シャワー
● トイレ
● コインロッカー
● パーラー
● ビーチバレー
● ビーチサッカー
ビーチレンタル ● ビーチパラソル
● デッキ・チェア
● 浮き輪
● 浜遊びセット
● バレーボール
● フローマット
● カヌー
● クリアカヌー
● アクアバイク
● ペダルボート
● スタンドアップパドルボード
● お子様用砂遊びセット
体験できるアクティビティ ●フライボード
●パラセーリング
●ドラゴンボート
●ハリケーンディスコ
●マリンジェット
●スキービスケット
●スーパーマーブル
●エクストリーム
●Uチューブ
●ウェイクボード
●スタンドアップパドルボード
● シートレック熱帯魚餌付け体験
● ボートで行く浮島シュノーケルツアー
● シーカヤックツアー自然観察プログラム
● 海人が案内するグラスボート
● フィッシングツアー
●シュノーケル● ダイビング
クマノミ城体験ダイビング
青の洞窟を楽しむ
ジンベエザメに会いに行こう
名称 残波ビーチ
(ざんぱびーち)
住所 沖縄県中頭郡 読谷村宇座1933
電話番号 098-958-3833
定休日 無休
海開き 4月上旬
遊泳料金 無料
游泳時間 09:00~18:00
(季節により変動)
游泳期間 4~10月末ぐらい
駐車料金 無料(全540台)

他にも何ヶ所かあります。

アクセス 那覇空港(なはくうこう)

58号線

残波ビーチ(約1時間30分)
残波ビーチの評価
砂質
(5.0)
透明度
(5.0)
人気度
(5.0)
総合
(5.0)
ここの宿泊ホテルに泊まりたい
周辺には・・