「海中道路」はドライブスポット。島へ簡単にアクセスできる!


道の両サイドはキラキラと輝くエメラルドブルーの海!

 

まるでその上を走っているようで、アドレナリンが止まらな~い。

ハイテンションが続く中部の王道コースだ。

①「海中道路」
②「海の駅 あやはし館」
③「浜比嘉島」
④「平安座島」
⑤「宮城県」
⑥「伊計島」

となる。

1つづず紹介して行くよ。

 

海中道路

海中道路に入るとご覧の景色。

道路はそれぞれ片側2車線。

ゆっくり走りたい人は「左」、速く行きたい人は「右」です。

 

窓を全開に開けたら・・

左向け左♪

 

MEMO

 

海中道路といっても「海の中を走る道路」ではないよ。ネーミングだけ聞くと勘違いするからややこしい。

陸橋

中央まで来ると海中道路のシンボル、赤色の陸橋が姿を表す。

間近に迫ると思っていたよりも大きい。

 

夜はライトアップ(イルミネーション)で光輝くよ。

ん~ロマンチック♪

 

「点灯時間」

季節によりますが、大体は暗くなる時間帯から点灯し24:00まで光ってます。

 

遊歩道はウォーキング、ランニングの人を見かける。

サイクリングもいいですね。

注意

 

路肩に車をとめている人がいるので、よそ見注意。釣りや記念撮影を楽しんでいたりします。

ちょっと車をとめて見た

道路のすぐお隣は海なのでご覧の景色。

時間帯によっては「エメラルドグリーン」にも「エメラルドブルー」にもなるから不思議。

両方見られた方は大変ラッキーです。

 

この辺りは遠浅なので水深は驚くほど浅い。

満潮でもそれほど上がりません。

 

いつ見ても安心する落ち着いた色。

波風も立たないので穏やか。

 

気になった方は路肩に車をとめ、景色に浸って見よう。

海上には自然の岩も見え隠れするので「あぁー沖縄の海だなぁー」と和みます。

 

海風も最高に気持ちいい。

癒やされてる~♪

 

風のある日はウィンドサーフィンが海の上を走っています。

楽しそう。

 

check

ウィンドサーフィンのスポットといえば「瀬長ビーチ」も有名。

「瀬長ビーチ」ウィンドサーフィンが活発な自然の海!

 

路肩に車をとめる際は後続車に気をつけて下さい。

「あっきれい!海見る!急停止!」は絶対ダメ。

 

ちなみに・・

干潮だと波が引くので水色が半減。

 

砂漠を走っているようで、ガッカリな景観になります。

できる事なら干潮の時間帯は避けたい。

 

海の駅 あやはし館

海中道路の中間地点は「海の駅あやはし館」。

陸橋を過ぎたところ。

 

休憩ポイントにも活用しよう。

トイレ、レストランも完備。

 

お昼のランチにも困りません。

お土産もあるよ。

 

MEMO

 

うるま市出身のバンド「HY」のグッズもいっぱい。

 

パーラーは地元の食材を扱った(もずく天ぷら、沖縄そば)が人気。

 

2階は「文化資料館」。

マーラン船がある所。

 

建物の後ろ

OH・・ビューティフォー♪

これが本当の「エ・メ・ラ・ル・ド」。

 

海を見慣れた沖縄の人でも大絶賛。

潮の香りもいい~。

 

美しいという表現は沖縄の方言で「美ら海(ちゅらうみ)」といいますが、まさにそのまんま。

側面は歩けるようになっているので、海風に当たりながら思いっきり癒やされて下さい。

 

「写真に収めたい!」

「自撮りしたい!」

「インスタに上げるんだ!」

という人は自撮り棒が大活躍。

コメントもいっぱいもらっちゃっおう♪

ここは意外と見落としがちなので、ぜひ立ち寄って見て下さい。

 

海中道路ビーチ

「海の駅あやはし館」のお隣は、海中道路ビーチもあります。

 

シーズンとなると(バナナボート、フライボード)が登場。

有料ですがもちろんそこのあなたも参加する事ができますよ。

「海中道路ビーチ」BBQ&マリンスポーツも楽しめる景観スポット!

海中道路の紹介はここで終わり

ここから先は島巡りを楽しむステージ。

島といっても沖縄本島と橋で繋がっているので、全て回れます。

「浜比嘉島」
「平安座島」
「宮城島」
「伊計島」

の順で進む。

浜比嘉島


浜比嘉島へ繋がる道路が「浜比嘉大橋」。

島内へ入ると石垣の瓦集落があります。

 

小さな漁港には漁師の運転する小舟がいっぱい。

この田舎らしさがここの見所。

 

浜比嘉島のスポット

 

「集落」
「浜比嘉ビーチ」

「アマミチューの墓」
「シルミチュー」
「ムルク浜ビーチ」
「シルミチュービーチ」

興味のある方は車を下りて、色々回ってみよう。

 

check

島内は1周できません。突き当りまで行ったらUターンです。

 

お次は「平安座島」へ。

再び「浜比嘉大橋」を戻り、突き当り右へ曲がって下さい。

 

平安座島

この島は石油タンクが並ぶだけ。

 

特に見るものはないので、このまま直進。

いつの間にか「宮城島」に入ってます。

 

宮城島

宮城島といえば景観スポットで知られる「果報バンタ」が有名。

 

「ぬちまーす 観光製塩ファクトリーぬちうなー(塩工場)」の敷地内にあります。

ここだけは外さないで。

「果報バンタ」は絶景のパワスポ!眼下には誰もたどり着けないビーチ

ちょっとした景観スポットといえば「シヌグ堂バンタ」もあるよ。

 

宮城島の次は「伊計島」へ。

そこで最後。

 

伊計島

赤い橋を超えると「伊計島」。

のどかな田園風景が続く。

 

ザ・古き沖縄ですね。

橋の前はシーサーがいます。

 

記念撮影の人・・

「いらっしゃ~い」♪

 

車を下りてみた



橋の真下はこの景色!

近くに小さな駐車スペースがあるので、下りて見てみるのもいいよ。

エメラルドはどこまで行ってもエメラルド♪

 

伊計島の見所は他にも観光雑誌で紹介される天然のビーチがあります。

離島の海は人工のビーチよりも何倍もきれい。

シーズンは毎年多くの観光客でにぎわう。

 

 

伊計島の突き当りは「AJリゾートアイランド伊計島」。

「AJリゾートアイランド伊計島」プライベートが満喫できる離島の海

ここで行き止まり。

「折り返し地点」ですね。

 

 

以上がドライブスポットの紹介でした。

帰りの景色も存分に楽しんで下さい。

素敵な海を見るための条件

①快晴の日に行くべし!

天気が曇り・雨だと海全体がねずみ色。

 

②午前中に行くべし!

午後を過ぎれば過ぎるほど、太陽は海に近くなり「照り返し」で白っぽく見えます。

 

③早朝はNG!
早い時間帯は海が青くありません。

この4点を守れば観光雑誌でも見かける素敵な海景色が見られるよ。

おさらい

 
  • STEP.1
    海中道路
     
  • STEP.2
    海の駅あやはし館
     
  • STEP.3
    浜比嘉島
     
  • STEP.4
    宮城島
     
  • STEP.5
    伊計島
     

感想

「島巡り」したいという人はここ海中道路。

車で全てを回れるのでオススメ。

 

前半→青色
後半→緑(自然)

の風景と場面が変わるので飽きません。

 

島の外はサンゴ岩が広範囲に広がっているので、海の色は明るくトロピカル。

それを片目にドライビングが楽しめるので最高に気持ちいい。

 

離島ならではの雰囲気を存分に味わって下さい。

 

口コミでは・・

「沖縄にこんな素敵な場所があったんだと感動」、「観光雑誌の通り海景色がきれいだった」、「夜の星空も素敵」と評判。

じゃらんレンタカー 

 

いい所

  • 海中道路を過ぎた所に「コンビニ&ガソリンスタンド」がある。
  • 信号がほとんどないので、ノンストップで行ける。

残念な所

  • 天候によって景観度が左右される。

イベント

  • 「あやはし海中ロードレース(マラソン大会)」
    当日は通行止め。開催日4月。
  • 「あやはしトライアスロン」
    こちらも当日は通行止め。開催日6月下旬。
  • 除夜の花火
    12/31年末は「カウントダウン花火」。この日は地元人も殺到するので渋滞する。
ワンポイントアドバイス
  1. 「海の駅あやはし館」の入り口をうっかり過ぎると、Uターンまで相当進まなければなりません。なるべく間違わないようにしたい。
  2. 台風の日は海中道路が「通行止め」になります。
  3. 海の景観に気をとられていると無意識にスピードダウン・・後続車に迷惑がかからないよう適度なスピードを保とう。
  4. 「海の駅あやはし館」を過ぎた所にオービスが設置されています。スピード違反には気をつけて。
  5. 離島の道は(道幅が細くなったり、カーブの連続やアップダウン)があったありするのでスピードを落として安全運転を心がけよう。
  6. お腹空いた・・
    食事処、カフェ、レストラン、パーラーが「海の駅あやはし館」にあります。居酒屋はなし。
名称 海中道路
(かいちゅうどうろ)
住所 沖縄県うるま市与那城屋平
交通料金 無料
所要時間 海中道路→伊計島まで片道30分。
アクセス 那覇空港(なはくうこう)

58号線

81号線

37号線

海中道路(約1時間)
海中道路の評価
景観度
(5.0)
満足度
(5.0)
人気度
(5.0)
総合
(5.0)