「熱田ビーチ」キャンプのできる家族向けビーチ。シュノーケルも自由

森を連想させる緑の巨木。

 

そこを抜けると視界が開け一気に広い海!

奥行きのある水色がどこまでも広がり、その透明度の高さに驚かされる。

熱田ビーチの「様子」






キラキラとゆれと動く波紋もとってもきれい。

海を見慣れた沖縄の人でも魅了される美しさ

 

炎天下でも水温はひんやり気持ちいい。

夏の海水浴にピッタリだ。

 

カーブを描く浜は遊び心もあってナイス。

キャンプ目的の利用が多く、ほとんどが子連れファミリー。

水平線の先には「本部半島」や海水浴で有名な「瀬底島(せそこじま)」も見渡せる。

 

砂質

一面真っ白サラサラ。

海辺は波が引いた後、足がズズズー沈み込むほどの柔らかさ。

 

まるでパウダーの上。

サンゴの欠片も混じっていますが、角はないので素足でも痛くありません。

 

※場所によっては木の枝が落ちていたりします。

透明度

足のつま先が見える透明度。

さすが北部の海と感心する。

 

ここはリゾート開発はされておらず、人工的な手も一切かかっていません。

昔からある自然がそのまま残っている状態。

 

きれいすぎて本当に驚く。

岩場


海面には岩が飛び出ている「ポイント」があります。

それがちょうど防波堤にもなっているので、その付近はお子様の遊泳にもオススメ。

 

手漕ぎボートでも倒される事はありません。

陸地からも近く、水深もそれほどないので安心。

 

泳ぎ疲れたら岩の上でひと休みもできますね。

ゴムボートを使ってもいいビーチは県内の海でも中々ありません。

お子様も盛り上がるよ♪

日影

貧弱な作りですが手作り感のある日影スペースです。

キャンプ広場


さあやって来ました「キャンプのお時間です」。

この緑の広場ではテントを張って、野宿する事ができるよ。

 

気の合う仲間、家族でバーベキュー(ビーチパーティー)を思いっきり楽しんじゃって下さい。

視界に入る優しい海景色は日常を忘れさせ、思いっきりリラックスできます。

 

夜空に輝く満点の星空観察も癒やされる~♪

朝は波の音に目覚め、青い海が目の前なんですからもう最高。

 

外界の日常生活音(車の音)はここまで届かないので、何のストレスも感じません。

波のBGMだけがただただ心地いい。

 

シーズンとなると大きなテントが目立ち、子供達の姿で活気が出てきます。

初めてのテント設営もいい経験になるよ。

 

 

夜はランタンも必需品。

 

「キャンプの利用期間」

10月まで

シャワー室

コインロッカーは無し。

窓口では氷、木炭の販売も行っています。

 

「利用料金」

大人 250円
中学生 200円
小人 100円

水回り


バーベキューの機材洗いならここ。

飲水も設置されています。

グンバイヒルガオ

沖縄の海浜でよく見かける植物。

砂地を這うように密集し紫色の小さな花をいくつも咲かせる。

クサトベラ

黄緑色に輝く葉が美しい。

強風、潮風、直射日光、乾燥にも強く群落を広げる。

アダン

ギザギザの葉にオレンジ色の実をつけるのが特徴。

 

よくパイナップルと勘違いする人がいますが、パイナップルではありません。

食べられないのでご注意を。

根本は強風で倒れないよう足がいくつも分散し体を支えている。

写真集







夕日

オレンジ色の空と太陽・・

 

その素敵な景色を海面にも映し出す。

まったりする一時だ。

感想

全長約1kmも続く熱田ビーチ。

白、青、そして「緑」の入る空間は野性的でワイルド。

 

ザ・自然のビーチですね。

上空を漂う雲の影が追っかけてくる様子も沖縄の海らしくていい。

 

ウチナータイム(ゆっくりと時間の流れる)雰囲気だ。

「景観に浸る・・」
「波音に癒やされる・・」
「遊ぶ・・」
「読書・・」
「あえて何もしない・・」

決めるのはそこのあ・な・た♪

 

MEMO

 

盛り上がりたい、はしゃぎたい人は不向き。そういう人はマリンスポーツの充実するリゾートホテルをオススメします。

 

口コミでは

「静か」、「穏やかな波なのでお子様も安心」、「きれいな海」と評判。

「最新版」モテ子が選ぶ楽天水着ランキング1~100位

 

いい所

  • 駐車場からすぐビーチ。
  • テントを設置しキャンプができる。
  • 個人シュノーケルが楽しめる(といってもお魚さんはほとんどいません)。

残念な所

  • 駐車料金が有料。
  • 民間が運営しているビーチとあって設備もそれなり。トイレ、シャワーは貧弱。
  • 良くも悪くも海以外何もない。
  • 活気がない。

注意

  • 釣り、水中銛の使用禁止
    (シャコ貝、サザエ、シラヒゲウニ、ワモンダコの捕獲)を見かけた場合、通報され罰金が課せられます。
  • 花火は22:00まで
    近くには民家もあるのでマナーは守りましょう。
ワンポイントアドバイス
  1. マリンスポーツは行われていません。
  2. ここは公認の海水浴場ではありません。クラゲ防護ネット&監視員はいないので自己責任で楽しんで下さい。
  3. シーズンは常にオープンしていますが、ビーチの管理者が不在の場合クローズする事もあります。
  4. 入口は目立たないのでうっかり通りすぎてしまう可能性大。大きな看板もありません。目印といえば近くに「安富祖小中学校」があります。国道58号線から体育館&運動場が見えるはず。そこを少し行くと「あんまー家」という食事処があります。そこを少し行って左です。
  5.  お腹空いた・・
    ビーチの出入り口に「あんまー家」があります。
ビーチの設備 ● クラゲ防護ネット
● 監視員
● 更衣室
● シャワー
● トイレ
● コインロッカー
● パーラー・売店
● 自販機
● 流し台
● テント設営エリア
ビーチレンタル ● なし
体験できるアクティビティ ● なし
名称 熱田ビーチ
(あったびーち)
住所 沖縄県恩納村安富祖1894
電話番号 080-6482-3201
定休日 10月は週末
(土、日)のみ営業
海開き 7月上旬
遊泳料金 駐車料金の中に含まれる
游泳時間 日没まで
游泳期間 7~10月
駐車料金 有料(100台)

車 (1日 700円 / 1泊 1000円)
バイク (1日 500円 / 1泊 700円)
自転車 (1日 500円 / 1泊 700円)

徒歩(来場のみ)
大人 300円
0~15才 100円

アクセス 那覇空港(なはくうこう)

高速道路

58号線

熱田ビーチ(約1時間)
熱田ビーチの評価
砂質
(3.0)
透明度
(5.0)
人気度
(2.0)
総合
(3.0)
周辺には・・
「ミッションビーチ」キャンプも楽しめる大人のプライベートビーチ! 「ホテルみゆきビーチ」マリンスポーツも楽しめる隠れビーチ! 「みゆきハマバルリゾート」格安の宿泊料金!団体さんもお得!