\沖縄のゴールデンウィークはこう過ごせ/

「白浜海岸」キャンプ&マリンスポーツもOKな天然ビーチを紹介するよ

道路を走っていると木々の間から見える青い海。

それが「白浜海岸」。

 

ここは観光雑誌はもちろんネットにも情報が中々ない超レアスポット。

海水浴には向かないがドライブの息抜きには十分。

 

check

 

「白浜海岸」という正式名称はありません。サイト主が勝手に命名しました。グーグルマップには白浜海岸と打たず「白浜入口」と打ちましょう。

 

近くの「バス停」ヒットします。

 

「バス停」を基準に考えよう。

まずバス停は行き過ぎなので少し戻ります。

 

黄色の◯が「白浜海岸」の出入り口。

ちょうどブロックの壁が切れている所。

 

ズームアップ。

ここ。

非常に分かりづらいので、一発で行くのは困難。

 

大抵は「あっ過ぎた!」とUターンするはめになります。

「白浜海岸」の出入りはここ1箇所のみ。

 

敷地内に入るとすぐ目の前は青い海。

ワクワクしてきたね。

 

右向け右。

ここが駐車場の入り口。

入り口は狭いので対向車が来たらどちらかが譲って上げて下さい。

 

駐車場

中は以外と広い。

アスファルト舗装されていないのがいい。

 

砂利道の上なのでタイヤに気を使おう。

さあ 車をおりるよ。

 

「駐車料金」

無料 約20台。

 

モクマオウ

背の高い緑の正体は「モクマオウ」という植物。

防風対策によく海の近くに植えらていれます。

 

実はキャンパーさんにとってここはいい所。

だってモクマオウのおかげで直射日光は当たらない+近くには24時間営業のコンビニがあるのですからトイレも困りません。

野宿するならこういう場所が最適。

 

朝の目覚めもストレスはない。

 

「白浜海岸」の様子




駐車場からすぐ海~がいいね。

目の前は手付かずの天然ビーチだ。

 

寄せては返す優しい波音も落ち着く一時。

のんびりほのぼの~。

 

木陰

白浜海岸のいい所はこういった「日陰空間」がある所。

どんなに炎天下でもその真下は涼しいのだ。

 

緑は暑さを吸収するのでほんと快適。

そしてマイナスイオンも出してくれる♪

 

いやぁ~ほんと居心地がいい。

海風も吹いてくるからナイス。

 

ブランコ

誰が作ったのか?木の枝にひもを結びつけてブランコを設置しています。

子供はちょうどいい遊び場になるね。

 

自然をこういう風に利用するのって良い。

考えた人、作った人グッドジョブ♪

 

砂質

あらら・・沖縄の海にしては珍しいねずみ色の浜。

小石、サンゴの欠片も散乱中。

 

決してきれいとはいえない。

漂着物や藻屑なども打ち上げられ放置されています。

 

これぞザ・自然ビーチ。

波打ち際はクリアーなので素足でも大丈夫。

 

透明度

それほど良くは・・ないね。

うんないない。

 

北部の海では珍しい透明度の悪さ。

あっ言っちゃった。

 

海に向かって右手はこのような「島」が見えます。

島といっても沖縄本島と橋で繋がっているので簡単に横断可能。

 

「辺戸岬」へ行かれる方はみんなその島をかするように通ってます。

 

check

 

実はこの島の奥に「プライベートビーチ」があるよ。

 

そこは船でしか行けない秘境スポット。宿泊者専用テントがあるので、誰かが商業利用しています。

 

マリンスポーツ


個人で水上バイクを持ち込みマリンスポーツを楽しむ人がいます。

水しぶきを上げ爽快に海の上を爆走中。

 

誰かの許可をとる必要はありません。

これが自然ビーチの良さ。

 

水上バイクにバナナボートを取り付ければ団体で遊べるね。

ということはお金稼ぎが・・

 

津波海岸保全区域

ここ白浜海岸は「津波海岸保全区域」に指定されています。

産業廃棄物を捨てると法律で罰せられるよ。

 

写真集





 

感想

入り口が分かりづらいのでスルー度99%の「白浜海岸」ですが、一歩入るとそこは自然の世界。

日常から切り離された優しい空間が広がっている。

 

生活の音は皆無で波音がただ・ただ優しい。

緑も豊富なので空気も新鮮。

 

ちょっとテンションが上がったりします。

「こんな所があったんだ!」と。

 

だって中々ないじゃんね、緑に囲まれる雰囲気というのも。

そのすぐ先は水色なんですから「癒やされスイッチ」がONになります。

 

そう君は今癒やされているのだ(自分)。

特にきれいなビーチというわけではありませんが落ち着く所。

 

田舎のどこか懐かしい風景が心をリラックスさせてくれるよ。

ドライブのついでに訪れるのも全然あり。

 

キャンパーさんは野宿もできるからいい所だと思います。

遊び方はそこのあなたに任せた!

 

 

口コミは今の所なし。

 

「最新版」モテ子が選ぶ楽天水着ランキング1~100位

 

いい所

  • 自然が残されている。
  • 近くに24営業のファミマがある。トイレも困らない。

残念な所

  • 看板がないから入り口が分かりづらい。
  • 砂浜がきれいじゃない。

禁止事項

  • 花火。
  • ゴミの不法投棄。
ワンポイントアドバイス
  1. ここは公認の海水浴場ではありません。クラゲ防護ネット&ビーチスタッフは配置していないので、自己責任で楽しんで下さい。
  2. シュノーケルは自由ですがこの辺りにお魚さんはいません。
  3. ペット・犬の持ち込み可
    ただし排泄物は飼い主さんが責任をもって処理すること。
  4. お腹空いた・・
    近くに「ファミマ」があります。
ビーチの設備 ● クラゲ防護ネット
● 監視員
● 更衣室

● シャワー
● トイレ
● コインロッカー
● 自販機

● BBQ設備
ビーチレンタル ●なし
体験できるアクティビティ ● なし
名称 白浜海岸
(しらはまかいがん)
住所
電話番号 なし
定休日 年中無休
海開き なし
遊泳料金 無料
游泳時間 なし
游泳期間 なし
駐車料金 無料
アクセス 那覇空港(なはくうこう)

高速道路

58号線

白浜海岸(約1時間40分)
白浜海岸の評価
砂質
(1.0)
透明度
(2.0)
人気度
(1.0)
総合
(1.5)

 

周辺には・・
「根路銘海岸」えっウミガメも来るの?天然ビーチはこんな所! 「道の駅おおぎみ」地元の特産品がズラリ。沖縄そばも人気だよ!