「真栄田岬」海の世界はお魚さん!シュノーケルで盛り上がれ!



沖縄の人気ダイビングスポットといえば「青の洞窟」。

それがここ真栄田岬にあります。

シーズンは多くの観光客でにぎわう。

他にも海水浴&シュノーケルが楽しめるよ!

真栄田岬は「海岸国定公園」にもなっています。

 

管理事務所


赤柄屋根の建物が「管理事務所」。

いくつかテナントが入っています。

館内・中庭は「Wi-Fi」を完備。

ネットが使えるよ!

外貨両替もあります。

テナント cwan-cwan (クワン クワン)
琉球海専(リュウキュウカイセン)
みーぐすいうみかぜ

cwan-cwan (クワン クワン)

お腹が空いたらここ。

お昼のランチにも困りません。

冷暖房も効いているので中は快適。

〈メニュー〉

 

真栄田そば

沖縄そば

タコライス

軟骨ソーキそば

チキンカレー

オリオンビール

みーぐすいうみかぜ

冷たいものはいかが?

アイスクリーム、かき氷、ドリンクがあるよ。

多目的スペース

ダイビングをされる方はウエットスーツに着替え、ここでインストラクターの説明・講習を受けます。

ダイビングに必要な機材

 

 

  1. ウェットスーツ
  2. シュノーケル
  3. マスク
  4. フィン
  5. ブーツ
  6. グローブ
  7. レギュレーター
  8. ゲージ
  9. BCDジャケット

これらは「ダイビングショップ」が用意してくれるので、こちらは何も準備する必要ありません。

手ぶらでOKです。

checkショップは事前に予約して下さい。

 

階段

さあやってきました。

海の世界へ続く夢の階段♪

「海水浴」、「シュノーケル」、「ダイビング」の人はここからアプローチ。

 

上から下まで約65段。

階段は一直線に伸びているのではなく、息のリズムが整うよう設計されているので利用者にとって嬉しい配慮。

幅も広いので行きと帰りの人がぶつかるという事もありません。

 

地面は濡れても滑りにくい設計なので安心。

帰りは「手すり」がありがたい存在となる。

MEMO

 

「青の洞窟ツアー参加者」は、同行するインストラクターがこの場所で記念撮影も撮ってくれます。

真栄田ビーチ

階段を下りると海水浴客で溢れる「真栄田ビーチ」。

浮き輪を使って遊ぶ子供達の様子も楽しそう。

活気があってとても賑やかです。

 

岩の側面は午後になると「日陰」にもなるので、うまく活用しよう。

 

ビーチといっても・・

「砂」は一切ありません。

 

「サンゴ岩」の広がっている範囲、その上が「遊泳エリア」となります。

なのでその表面は凸凹で硬い。

素足でなんてとても歩けません。

足を切らないようマリンシューズは絶対に着用して下さい。

滑って後頭部からでも行ったら一大事!

 

checkサンゴ岩から外れると水深が一気に深くなるので足元にご注意。茶色から青色に変わる所が「境界線」です。

シュノーケル

お魚さんを見たいという人は「シュノーケル」。

水色の世界に顔をつけると、お魚さんがいっぱい。

まるで天然の水族館♪

ここで見られる生き物達

ツノダシ

 

体に黄色の模様が入ったかわいいお魚さん。

 

長い尾びれを使ってバランス間隔を保つ。沖縄の海では出現率が高い。

ロクセンスズメダイ

 

黒の立て線が入る。ここでは数が1番多くいつも群れで行動。

 

他にもいっぱい見られるよ。

餌付けされているので人間を怖がらず近寄ってくるから良いですね。

 

中にはウミガメを見た!という人もいます。

これは超超レアケースなので、見られた方は大変ラッキー。

check個人シュノーケルが楽しめるビーチは県内でも中々ないので、ここは貴重。

水中ゴーグル

海の中にいるお魚さんを見るには肉眼では不可能

いくら透明度が高いといっても視界はボヤけ目も染みます。

目の安全にも水中ゴーグルは必至。

 

個人シュノーケルの際は必ず「ライフジャケット」もしくは「浮力帯」を装着して下さい。

以前、シュノーケルの男性が行方不明になるという事故がありました。

決して一般のビーチと同じ感覚で泳がないでください。

 

もしもシュノーケル中に足を釣ったら・・

● 釣っている箇所の筋肉を伸ばす
● 姿勢を安定させる

最大の予防法は潜る前にストレッチをして身体をほぐす事です。 

 

似たようなお魚さんが見られる「スポット」

「備瀬岬」はお魚天国!シュノーケルスポットでも有名! 「トケイ浜」シュノーケルでお魚さんと出会える自然の海! 崎本部緑地公園(ゴリラチョップ)の紹介 「Maeda Flats」真栄田岬から近いシュノーケルスポット! 「大泊ビーチ」はお魚天国。大人も子供もシュノーケルで盛り上がれ!

興味のある方はご参考に。

 

「青の洞窟」はここ最大の見所!

青の洞窟とは?

崖下にある天然の「水中洞窟」のこと。

そこに海水が流れ込み、太陽の反射によって洞窟内全体が青く幻想的に光輝きます。

自然の条件が合わさってはじめて完成する奇跡の世界だ。

これをひと目見ようと多くの人達がやってくる。

 

どうやって行くの?

泳いで洞窟入り口までいく必要があります。

(個人では危険ですのでツアーで行きます)。

ボートでは洞窟へ入れません。

そこからダイビングで洞窟に入る。

 

check

  • きれいに見えるオススメの時間帯は「早朝」、「夕方」。
  • 混雑のピークは10:00、13:00あたり。人が少ないと海の透明度も高く、待たされる事もありません。

実地訓練の「様子」

青の洞窟へ行かれるダイバーさんはインストラクター指導の元、実際に体を水につけ「実地訓練」を行います。

内容

 

「シュノーケルの使い方」

「足ひれの動かし方」

「水中での呼吸法・合図」

「酸素ボンベの確認方」

など。

そんなに難しくないので、初心者の方も大丈夫。

 

多目的ホールの講習で予備知識はついているはず。

心の準備が整い次第「青の洞窟」へ!

 

憩いの広場

管理事務所の後ろは緑の芝生が広がる「憩いの広場」。

手入れが行き届いているので見た目も気持ちいい。

遊歩道もきちんと整備され、その突き当りには展望台があります。

 

展望台


海の景色を見たい人はここ。

沖縄の珍獣シーサーがお出迎えする「展望台」です。

日影にもなっているので炎天下でも快適。

ベンチも用意されているので、気軽に腰を下ろせる。

check望遠鏡もあるよ(有料100円)。

 

展望台からの「景色」

ドーン。

素敵♪

沖縄らしい景観で和みます。

 

2~3月はザトウクジラが姿を現す事もあるよ。

双眼鏡でしか見えませんが・・

 

眼下はプライベートビーチといった所かな?

泳ぐ人も見かけます。

 

ただしこの場所は監視員の目が届かないので、オススメしません。

真夏日は水温が熱く生ぬるい。

 

ここも「景観スポット」

展望台の他にも景観スポットが存在します。

それがここ。

もう少し前へ行くと・・

oh~ビューティーフォーナイス!

明るい海がトロピカルで南国らすい。

 

上空を漂う雲の影が追いかけっこする様子もいいですね。

高台という事もあり迫力も倍増。

 

いや、ありすぎて怖い・・

注意

手すりはないので気をつけて。

シーズン(7~9月上旬)は海上にダイバーを乗せた順番待ちの小船がいっぱい。

MEMO

 

ここからうっすらですが「瀬底島」も見えます。

 

瀬底島といえば海水浴場で知られる「瀬底ビーチ」、「アンチ浜ビーチ」が有名。

「瀬底ビーチ」シュノーケルが楽しめる天然の海。お魚さんすぐそこ! 「アンチ浜ビーチ」シュノーケルができる天然の海!明るい水色!

島といっても沖縄本島と橋で繋がっているので、車で簡単にアクセスできるよ。興味のある方はご参考に。

 

写真では見えませんが右上に「旗」も設置されています。

その旗の色で当日の遊泳可否の判断が可能。

青色 遊泳可能
黄色 遊泳注意
(ダイビング業者、及びインストラクター引率で遊泳可能)
赤色 遊泳禁止
オレンジ色 津波注意・警報
(警報発令時、即遊泳禁止)

更衣室

海水浴の後はここでシャワー。

checkクローズ前は(日本語&英語)のアナウンスがあるのでよく聞いて。

設備 シャワー室
コインロッカー
トイレ
自販機
利用時間 オープン~19:00まで(季節により変動)

シャワー(全10室)

部屋数が多いので混雑していてもそれほど待ちません。

シャンプー、リンス、ボディーソープの使用は禁止。

利用料金 有料200円(温水)

コインロッカー

貴重品、着替えの保管はここ。

利用料金 どのサイズも1回100円

ドライヤー

「管理事務所」の渡り廊下にはドライヤーが設置されています。

同時に4人利用可能。

女性は助かりますね。

料金 1回100円
使用時間 約4分30秒
利用時間 08:30~17:00

駐車場

改札口で「駐車券」を受取り入場。

 

駐車券は帰りまで大切に持っていて下さい。

シーズンは満車で入れない場合もあります。

check「恩納村民」の方は駐車1時間は無料。

 

管理事務所窓口にて身分証を提示してください(1日1回有効)。

駐車料金 有料

着脱スペース

駐車場には石を敷き詰めた「スペース」がいくつかあります。

これは何の意味があるのか?というと・・

 

「ウエットスーツの着脱スペース」でした。

この上だと水は石の中に染み込むので、足元は濡れません。

水浸しにもならないいいアイディア。

精算機

駐車場から出るにはこの「精算機」を通ります。

入り口で受けとった駐車券をこの中に入れると料金が表示。

お金(硬貨)を投入するとゲートが開き外へ出られる。

checkお札は使えないので予め小銭を用意しておきましょう。

 

駐車料金
普通車 大型バス マイクロバス
1時間 100円 500円 300円
2時間 200円 700円 450円
3時間 300円 900円 600円
4時間 400円 1100円 750円
5時間 500円 1300円 900円
6時間 600円 1500円 1050円
延長料金(1時間)
普通車 100円
マイクロバス 300円
大型バス 200円
駐車場の「閉門時間」
オープン クローズ
1月 07:00 17:30
2月 07:00 17:30
3月 07:00 18:00
4月 07:00 18:30
5月 06:30 21:00
6月 06:30 21:00
7月 06:30 21:00
8月 06:30 21:00
9月 06:30 21:00
10月 07:00 21:00
11月 07:00 17:30
12月 07:00 17:30

※大型バスは事前に予約が必要。

MEMO

 

駐車場のアドバイス

 

真栄田岬の利用客は外人さんが多いです。本国ではハンドルが「左」なので、日本での運転に不慣れな人もいます。

 

自分の車が心配という人は、なるべく近くにとめない方がいいでしょう。外人さんの乗る車はナンバープレートに注目。数字の頭に「Y」がついているのですぐに分かります。

写真集




歴史

かつて台風の時などに漁師が船の避難場所として利用していた真栄田岬ですが、1965年「沖縄海岸政府立公園」に指定されました。

 

観光地としてそれまであまり人気の無かった岬ですが、青の洞窟が発見されてからは利用客が増え始め認知度も上昇。

海へ降りる階段が整備され、容易にダイビング&シュノーケルが楽しめるようになった事で利用客がさらに増加。

 

人が人を呼びついには沖縄観光雑誌にも取り上げられる人気スポットになりました。

今では展望台や駐車場もきれいに整備され、以前よりも利便性が増しました。

感想

「海水浴」
「シュノーケル」
「ダイビング」
「景観」

を同時に楽しめる岬は県内でもここだけ。

 

特に「青の洞窟」はどこにもないここだけの付加価値です。

興味のある方は最大限に楽しんで下さい。

 

夏場は水温もひんやり気持ちいいよ。

ダイビング目的の人が圧倒的に多いですが、見学や高台からの景観も十分楽しめるでしょう。

東シナ海もぜひご堪能あれ♪

MEMO

 

青の洞窟へエントリーされる方は皆、正式な「ダイビングショップ」を通した人達。

 

知識・経験豊富なインストラクターと一緒に行動を共にしています。真栄田岬のスタッフではありません。

 

真栄田岬はあくまでも「場」を提供しているだけ。なのでダイビングに必要な機材も一切置いていません。

 

必要なアイテムは全て最寄りの「ダイビングショップ」が用意してくれます。つまりショップを通さなければダイビングはできないということ。

 

料金体系もそれぞれ変わってくるので、詳しくは電話かサイトで確認して下さい。

口コミでは

「外人さん観光客もいっぱい」、「子連れファミリーでシュノーケルが楽しめた」、「外からシーカヤックで眺めるのもいい」と評判。

「最新版」モテ子が選ぶ楽天水着ランキング1~100位

 

いい所

  • 海水浴に必要な設備は全て整っている。

残念な所

  • 駐車料金がかかる。
  • 干潮の時間帯は水位がないので、大人の遊泳は難しい。

注意事項

  • ここは正式な「海水浴場」ではありません。ビーチに監視員は配置していないので、自己責任で楽しんで下さい。
  • 海況が荒れた場合、管理事務所の判断で海への階段を閉鎖、及び遊泳禁止となります。
  • 車上荒しに注意!
    農道で車上荒らしが頻発しています。できる事なら駐車料金をけちらずに有料駐車場にとめましょう。
ワンポイントアドバイス
  1. 真栄田岬の読み方→(まえだみさき)。
  2. キャンプ&バーベキューは出来ません。
  3. ダイビングは年中できます。ただし冬場は月2~3回程度。陸からではなく船からのエントリーとなります。
  4. 7~8月のシーズンは利用客が最も多く、階段がエントリー待ちのダイバーで渋滞する事があります。
  5. お腹空いた・・
    敷地内に食事処があります。
名称 真栄田岬
(まえだみさき)
住所 沖縄県国頭郡恩納村真栄田469−1
電話番号 098-982-5339
定休日 1/1、2日。台風の日はクローズ
駐車料金 有料(180台)
所要時間 海に入るなら約4時間
アクセス 那覇空港(なはくうこう)

高速道路

58号線

真栄田岬(約1時間)
真栄田岬の評価
景観度
(5.0)
満足度
(5.0)
人気度
(5.0)
総合
(5.0)
周辺には・・
「ルネッサンスリゾートオキナワ」イルカは子供達に大人気! 「ベストウェスタン沖縄恩納ビーチ」自然の海は生き物達もいっぱい!