「知念岬公園」パラグライダーが空を舞う景観スポット!



「岬」と「公園」が融合する景観スポット・・

それが知念岬公園。

行って損はないオススメスポットだ。

まるで天空にでもいるかのような駐車場。

大空があんなにも間近!

もうここからワクワクします。

check駐車場ゲートの時間(09:00~22:00 )まで。台風はクローズ。

駐車料金 無料

東屋(あずまや)


キタコレ。

赤瓦が沖縄~♪

 

高台に設置されているので見晴らしも最高。

日陰の中、好きなだけ景色に没頭できるよ。

 

丸いテーブルを囲むようベンチも設置されているので、気軽に腰を下ろせる。

弁当でも食べながらピクニックもいいですね♪

子連れファミリーはいいスポット。

check

人馴れしたネコさんが出没する事も・・

手すり

手すりもついているので安全。

持たれても大丈夫だよ。

視線を先に伸ばすと・・

 

ドーン!

メインの絶景が広がる。

奥行き感があっていいですね~。

 

緑の大地をエメラルドがジャックしています。

キラキラと輝く水色がもう素敵すぎてメロメロ。

 

観光客の「きゃぁ~きれい~♪」という歓喜の声もたえず耳に入ってきます。

まるで「ドヤっ!」と言わんばかり。

 

海を見慣れた沖縄の人でも足が止まってしまいす。

明るい水色がどこか優しく安心しますね。

 

そして無限に広がる大空・・

最高の組み合わせです。

 

他の岬にはない斬新な景色で良い。

何時間でも見ていられますよ~♪

ここ一番の見所。

東向き

知念岬の周囲は「サンゴ岩」がぐるっと囲んでいます。

沖まで伸びているので、その範囲だけは明るい水色。

 

そこから先は水深が深くなるので青色になります。

同じ海でも色の「強弱」が楽しめるので沖縄の海はほんと素敵。

 

写真のもう少し左上に行けば「あざまサンサンビーチ」があります。

「あざまサンサンビーチ」恋が叶う!?ハートの鐘があるよ!

右上は「津堅島」。

 

干潮

ドーン。

何ということでしょう。

干潮になるとあの水色はどこへやら・・

サンゴ岩がむき出しになります。

 

こうなると深みに取り残された小魚、カニさんを見る事ができるようになるよ。

 

地元の人がその上を歩いていたり、先端で釣りをしていたりします。

沖合には砂の密集地「ウカビ砂盛」の姿も・・

広場

ここは傾斜のある広場。

芝生のお手入れがきれいに行き届いているので、見た目も気持ちいい。

 

実は●●にも活用されています。

それは何かというと・・

パラグライダー!

知念岬公園といえばパラグライダーです。

ここは常に風が吹いているので、パラグライダーのテイクオフポイントとしても有名。

 

コンディションの良い日だと、数多くのパラグライダーが大空を舞ってます。

MEMO

 

パラグライダーとは?

 

パラシュートを広げ風に乗って空中散歩を楽しむスカイスポーツです。斜面を軽く走るだけで飛び立つ事が可能。

有料ですが体験する事もできるよ。

もちろんインストラクターさんと同伴なので、ただ乗っているだけでOK!

 

空からは一体どんな景色が見るのか。

あなたも鳥になってみる?

多目的広場

橋を渡ると知念岬公園の最先端。

大きな「多目的広場」に出ます。

 

朝日が見られるということで、その時間帯に合わせた「朝ヨガ」も行われたりする。

1日の始まりをこんな景色と迎えるなんて素敵ですね♪

 

空気も最高に美味しいと思います。

市民の「憩いの場」的存在だ。

最先端の景色

良い!

海風・波音も癒やし効果抜群。

南国の雰囲気全開です。

 

水平線の先に見える緑の丘は神の島といわれる「久高島」。

パワースポットで知られる「世界遺産・斎場御嶽」とも深い関わりを持っています。

世界遺産「斎場御嶽」は格式のある拝所。緑のパワーを取り込め!

その先は果てしなく続く太平洋。

 

モニュメント

「宇宙軸より無限の記憶」と書かれた銀色に輝くモニュメント。

 

記念写真

せっかくなので思い出に残る記念写真も忘れずに。

背景が素敵な海なのでテンションも上げ上げ♪

カップルは自撮り棒が大活躍です。

写真集




感想

ここ一帯の海域は遠浅。

満潮でもそれほど水かさが上がらないので、海は常に明るい水色。

断崖絶壁から見る迫力の風景とは、一味違ったものですが見る価値は十分。

 

優しく打ち付ける波・・
ゆっくりと動く雲・・

ほのぼの風景が沖縄らしくていい。

日頃の緊張感から開放され、ホッと一息つける最高のロケーションです。

 

訪れる旅人に

「安心」
「癒やし」
「活力」

を与えてくれるのが最高の魅力♪

MEMO

 

知念岬公園は正式な観光名所ではありません。

 

ガイドブックにも乗っていなかったりする穴場スポットです。南部をドライブするのなら探してでも行って、一度はその景色に触れていほしいオススメスポットだ。

口コミでは

「素晴らしい絶景」、「のんびり散歩やピクニックもいい」、「斎場御嶽と合わせて訪れたい」と好評化。

じゃらんレンタカー

素敵な海を見たい

①快晴の日に行くべし!

 

曇りや雨だと海全体がねずみ色になる。

 

②午前中に行くべし!

 

太陽は東から上り西に沈みます。午後を過ぎれば目の前に太陽が現れ、海が白飛びする。

 

③満潮の日に行くべし!

 

干潮だと水位が下がるので水色が半減。

以上、この3つを守れば観光雑誌で見る素敵な景観が望めるぞ。

 

行き方

知念岬公園は場所が分かりづらいので、行き方を解説します。

①「南城市地域物産館」。

②「駐車場へは入らずそのまま直進」。

③「少し行くと知念体育館」。

④「左へ曲がる」。

⑤「広い駐車場に出る(そこが知念岬公園)」

分からない人はグーグルマップもうまく活用しよう。

 

いい所

  • 活気があるので1人旅の女性でも気軽に行ける。
  • 車を降りたらすぐ絶景。
  • あまり人に知られていないので、シーズン・ゴールデンウィークでも混雑しない。
  • 駐車場から岬の先端まで遊歩道&スロープが整備されているので、車イス・ベビーカーの人でも行ける。

残念な所

  • 場所が分かりづらい。

注意事項

  • 台風は近づかない。
  • 柵(さく)を乗り越えない。
ワンポイントアドバイス
  1. 知念岬の読み方→「ちねんみさき」。
  2. 知念岬公園は「NTTドコモ」と「南条市」が共同で開発し、2000年に完成した公園です。公園といっても子供が遊ぶ遊具は一切ありません。海の景色を楽しむ所と考えよう。
  3. ペットの持ち込み可。ただし排泄物はちゃんと飼い主さんが処理して下さい。みんなで気持よく利用しよう。
  4. 冬は南国の沖縄といえど寒いので防寒対策を。
  5. 元旦、初日の出は地元客をはじめ観光客で賑わいます。
  6. お腹空いた・・
    食事処といえばすぐ近くに「南城市地域物産館」があります。
名称 知念岬公園
(ちねんみさきこうえん)
住所 沖縄県南城市知念久字手堅523番地
駐車料金 無料

「第1駐車場」
62台

「第2駐車場」
43台

所要時間 約30分
アクセス 那覇空港(なはくうこう)

329号線

48号線

331号線

知念岬公園(約1時間)
知念岬公園の評価
景観度
(5.0)
満足度
(5.0)
人気度
(5.0)
総合
(5.0)
周辺には・・
「南城市地域物産館」レストランでランチする?それとも斎場御嶽? 世界遺産「斎場御嶽」は格式のある拝所。緑のパワーを取り込め! 「あざまサンサンビーチ」恋が叶う!?ハートの鐘があるよ! 「ニライカナイ橋」はドライブスポット。展望台の先は絶景ビュー!