「道の駅 ぎのざ」遊具施設が楽しい公園の雰囲気!こっち!

県内にある道の駅8ヶ所のうち、唯一東海岸にあるのがここ「道の駅ぎのざ」。

道を挟んだその先に金武湾・太平洋が広がっている。

 

海の見える(展望テラス&カフェ)さらにはお土産屋もあるので、ドライブのついでに立ち寄ってみて。

遊具施設も整っているので、子連れファミリーにもオススメ!

 

駐車場は3箇所あるので混雑していても必ずどこかにとめられます。

「わ」から始まるレンタカー車が多いと思いきや・・

意外と地元客も多い。

 

「駐車料金」

無料。

第1(道路ぞえ)
第2(建物の裏手)
第3(遊具広場の後ろ)

 

建物

ドーム状の屋根がメインの建物。

1F

「観光案内所」
「多目的ホール」
「展示室」
「仮眠室」
「水遊び場」
「トイレ」

 

2F

「屋外テラス&カフェ」
「トイレ」

 

3F

「ホール」
「COFFEE & BREAK GINOZA FARM LAB(レストラン)」
「展望テラス」

観光案内所

旅人さんいらっしゃ~い。

ぎのざ情報が欲しい人はここ。

 

英語の話せるスタッフもいるので、外人さんでも大丈夫。

観光案内の解説テレビやパンフレットも置いているよ。

 

ケーキ

同じ部屋にはケーキも販売中。

テーブル席もあるので、購入したものをここで食べることも可能。

 

仮眠室

仮眠室も備えているので、ここで横になる事ができます。

4人は収容可能。

 

クーラーも効いているので、暑い日でも快適。

もちろん温度調節も可能。

運転に疲れた人はありがたい設備。

 

多目的ホール

白を基調とした清潔な空間。

テーブル席をいくつも用意しているので、団体さんでも余裕で収まる。

 

窓際はソファー。

これといって特に何もありません。

 

ミニ水槽には沖縄のサンゴ岩が展示されています。

「休憩スペース」と考えよう。

 

check

何か催し物があればこの中で行われたりもします。

 

水遊び場



何と道の駅なのに「水遊び場」があります。

これは子供達にとって朗報。

さあ水着に着替えて突撃するのだ!

 

寝っ転がたり水を蹴ったりキャーキャーはしゃぐ様子が楽そう。

水深はとても浅く、日陰でもあるので炎天下でも快適。

 

先端は柵も設置されているので安心安全。

噴水のように水が吹き出すポイントもあるので探してみて。

実はこれが1番盛り上がる。

 

週末はちびっ子達の姿でにぎやか。

注意

 

  • 靴をぬいで裸足で遊びましょう。
  • 動物・ペットの持ち込み禁止。
  • 危ないもの、泥など水が汚れるものは入れない。

シャワー室

水遊び場の近くには更衣室があります(円形の建物)。

着替えはここで済ませよう。

 

「シャワー」

3分200円(温水つき)。

 

そのすぐ向かいに見える川は「福地川」。

そこをカヌーやサップが横切ったりもします。

 

真下へ伸びる横長の階段はその接岸所。

観光協会さんが実施しています。

 

福地川を北上すると突き当りは「漢那ダム」。

行き止まり。

干潮は水位がないので乗り物は走りません。

 

3F 展望テラス



ここ一押しのオススメポイントが「展望テラス」。

目の前にエメラルドが飛び込んできます。

 

車だと普通に海だなーと走り過ぎますが、ここは高台で見晴らしもいいので景観度もアップ!

こんな素敵な海だったの!?と驚くことでしょう。

 

時間を気にせず自分のペースでゆっくりと見ていられるのがいいですね。

海風も気持ちいい。

 

左手には漢那ビーチの姿も。

「漢那ビーチ」住宅街の奥にエメラルドブルー発見!

 

座れるベンチが3つ用意されているので、何組か同時に腰を下ろせます。

踏み台もあるので、小さなお子様も高い目線で海景色が楽しめるよ。

 

海といえば西海岸が注目されますが、ここも負けず劣らずきれいです。

カップルさん・・自撮り棒の準備は整ったかな?

 

水平線にうっすら見える島は「伊計島」

伊計島といえば・・

「伊計ビーチ」バーベキューにマリンスポーツも楽しめるよ! 「大泊ビーチ」はお魚天国。大人も子供もシュノーケルで盛り上がれ!

が有名。

 

沖縄本島と橋で繋がっているので、車で簡単にアクセスできます。

興味のある方はご参考に。

 

check

展望台へは「エレベーター、もしくは階段」からアプローチできます。

 

ぎ〜のくん広場

ここはイベント広場。

とても広いスペースなので多くの人を収納できる。

 

ステージでは(ライブ、ショー、エイサー)などが行われたりします。

日よけのサンシェードを持ち込み、自由に設置してもOK!

 

外からはまさかこんな広場があるなんて想像もできない。

 

check

週末は屋台が出現。お祭り見たいな雰囲気になります。

 

ぎーのくんランド(大型遊具)




「道の駅ぎのざ」を象徴する遊び場といえば「ぎーのくんランド」。

一般の公園に比べ遊具のバリエーションは豊富。

「滑り台」
「ジャングルジム」
「トンネル」
「綱渡り」
「ぶら下がりロープ」
「トランポリン」

他にも色んなアイテムがいっぱい。

 

ウズウズして来たかな?

さあ障害物をかいくぐり遊び狂うのだ。

 

ここも水遊び場同様、週末はちびっ子達の姿でにぎやか。

真下はちょうど日陰にもなって過ごしやすい。

 

check

「ぎーのくんランド」のすぐ後ろは駐車場。帰り支度もすぐです。

 

霧吹き

何と「ぎーのくんランド」には霧吹きも設置されています。

土日週末は上からシュワシュワ~っとふき出るので気持ちいい♪

 

暑い夏は大変ありがたい。

クールダウンが持続するよ~。

 

恐らく全国でも霧吹きの出る贅沢な公園はここだけなのでは?

「ぎーのくん」って誰?

この人↑

宜野座村のマスコットキャラです。

遊具の頂上にいますよね。

 

地域特産の「じゃがめん」のスカーフを首にまいています。

ズボンはパイナップル。

村のキャッチフレーズ「水と緑と太陽の里」を頭で表現している。

 

新鮮やさい特産品加工直売センター

地元で採れた旬の野菜が勢揃い。

 

マンゴー

今は緑ですが熟すと赤色に輝きます。

つまり食・べ・頃♪

 

アイスクリームにもドリンクにも色んな食し方があるよ。

女性に大人気。

 

スイカ

夏といえばスイカ。

美味しそ。

 

他にも

「とうがん」
「パパイヤ」
「カボチャ」
「バターナッツ」
「スイカ」
「ヘチマ」
「島バナナ」

などがあります。

 

サーターアンダギーもいいですね。

沖縄の代表的なお菓子です。

 

「古酒」
「もずく」
「海ぶどう」
「沖縄そば生めん」
「ショートケーキ」
「飲料」
「アイスクリーム」

などもあるので色々回ってみよう。

 

地元価格(安くて)いいですよー。

ウチナーンチュ(沖縄の人)もよく訪れます。

 

ジャム

「マンゴー、パイナップル、イチゴ」は宜野座村の主力商品

 

それをテイストしたジャムはここならではのアイディア商品。

パンが欲しくなってきた・・

 

check

全国発送も受付中。

 

「営業時間」

08:30~19:00

 

パーラー

新鮮やさい特産品加工直売センターのお隣は「パーラー」。

屋外です。

小さなお店が連続で並ぶ。

 

テーブル席を用意しているので、ここで購入したフードを食べならが次はどこへ行こうか?と作戦会議するのもいいですね。

かき氷&スムージーはクールダウンできるよ。

 

みらい食堂

お腹が空いたらここ。

沖縄の料理がメインです。

 

沖縄そば、カレーが人気。

テーブル席に畳の間もあるよ。

 

真実の口

この像は海神。

「嘘つきがこの顔の口に手を入れるとガブッ!と噛みちきられる」という伝説があります。

 

試してみる?

心が清らな人は何もありません。

 

「イタリア共和国」=「宜野座村」の友好・親善交流を目的に作られました。

 

宜野座村マップ

宜野座村にあるスポットを紹介しています。

 

農業は(じゃがいも、さとうきび、パイン、マンゴー・ランハウス)が主流。

田舎の自然をフルに生かしています。

 

写真集




感想

こいのぼりがパタパタとお出迎えする「道の駅ぎのざ」。

宜野座村は「イチゴの里」を宣言をしたことから、それに関連する商品を盛んに開発しています。

 

例えばイチゴを使ったスイーツ。

1番の人気は「いちごオムレット」。

 

これはスポンジケーキの中にイチゴが4個入っており、食べると口の中でほどよい甘さ・酸味が広がります。

大人でもちょうど食べやすくていい。

 

スイーツ女子はたまらない一品だと思います。

朝は完売するので早い物勝ち。

 

じゃがいもを使った特産品「じゃがめん」も人気。

沖縄そばの麺にじゃがいもが使われているのだ(普通は小麦粉100%)。

 

モチモチあっさり食べやすいのが特徴。

2018年商品開発に至った。

 

沖縄そばはどこにでもありますが「宜野座そば」はここにしかありません。

興味のある方はぜひ食べ比べてみて♪

 

MEMO

 

お子様にとって道の駅はつまらない所だと思いますが、ここは「遊び」が整備されているので退屈しません。買い物=遊びです。

 

子連れファミリーはゴールデンウィーク、夏休みを狙って訪れるのもアリ。

 

口コミでは・・

「地元感たっぷりの雰囲気」、「海景色が素敵だった」、「子連れにはいい水遊びのできる駅」と評判。

じゃらんレンタカー

 

いい所

  • キッズルーム&授乳室が整っている。
  • 植物の剪定、管理が行き届いている。

残念な所

  • ここは東海岸なので夕日は見られない。逆に朝日は見られる。
ワンポイントアドバイス
  1. 園芸センターもあるので、興味のある方は立ち寄ってみて。
  2. お腹空いた・・
    敷地内に「みらい食堂」、「レストラン」があります。お昼のランチも困りません。
  3. フリーマーケット
    毎週土日に開催。その日は混雑します。
  4. イベント
    「ぎ〜のくん広場」で行われたりします。
名称 道の駅 ぎのざ
住所
電話番号 098-968-4520
営業時間 09:00~19:00
定休日 年中無休(台風は休み)
アクセス 那覇空港(なはくうこう)

高速道路

329号線

道の駅 ぎのざ(約1時間)
周辺には・・