\沖縄のゴールデンウィークはこう過ごせ/

「電照菊」沖縄の寒い夜はイルミネーション畑!光に集まれ!

冬の風物詩として有名な「電照菊畑」。

気温は寒いのに心は暖かくなる不思議スポット。

 

車を下りなくても道路沿えからその様子を見ることができるよ。

本土ではビニールハウスが主流ですが、沖縄では丸裸の菊畑に照明が照らされる。

 

check

 

「ライトアップの時間」

 

23:00~04:00。

 

行き方

 

check

地図上の①②③が電照菊畑スポット。

 

まずは「南部病院前(バス亭)」を起点に考えよう。

 

この大通りを南下

信号2つ目を右

道路右手に電照菊畑が見えます。

 

ここが最初の「電照菊畑スポット①」となる。

コースは反時計回りのように進む。

 

電照菊畑スポット①

特徴は菊(きく)のすぐ真上に無数の電球を設置しているということ。

夜になると写真のような幻想的な世界になります。

 

夜景スポットにもいい季節限定の光景だ。

 

緑の線1つ1つが菊。

きれいに整列、手入れされています。

 

せっかくなので、いろんな角度から写真撮影を楽しもう。

 

右端はビニールハウス。

その中も電照菊畑だ。

 

黄色と怪しい赤色が混在します。

等間隔に並ぶ電柱も沖縄の田舎風景でいいね。

 


柵(さく)もあるので、間違っても畑に落ちる事はありません。

そこに持たれながらリラックスした状態で雰囲気に酔いしれる。

 

ちょっと離れるとこんな感じ。

 

まるで宝石を散りばめたような吸い寄せられる景観。

辺りは真っ暗なのにこの空間だけ明るい。

 

畑は道路よりも下がっているので、見晴らしがなんといいこと。

車で走っていると「何だ!この明かりは!?」と驚いて確認したくなります。

 

check

車は路駐してOK!

 

こんな風に。

写真から見ると左手が電照菊畑だ。

 

ここのポイントは大通りからも近いので街灯、信号機の光があって安心します。

車の往来や建物の明かりもあるので怖くありません。

 

ただし問題はその先。

そこは畑のど真ん中にあるので辺りは真っ暗。

 

暗いのでちょっと怖いです。

女性は1人よりも複数がいい。

 

電照菊畑スポット②


ここが畑のど真ん中。

下り坂をおりて少し行った所。

 

・・といっても近くには人の住む家がポツポツあるので、思ったほど暗くありません。

すぐ道路沿いにあるので、車をおりればご覧の景色が見られます。

 

間近だと迫力が全然違いますよ~。

菊の姿形がハッキリと確認できます。

 

奥行きもワイルド感があって想像以上!

コオロギの合唱も聞こえてくる。

 

一歩畑から外れると辺りは真っ暗・・

このギャップが何ともいえない。

 

そう あなたは「日常」と「非日常」境目にいるのだ。

夜と昼間では雰囲気が全然違う。

 

光の正体

オレンジ色の正体は「白熱電球」。

この夜間照明で開花を抑制し出荷時期を調整しているのだ。

 

これが無数に散らばっているからテンションアップ。

離れた所から見るとまさにイルミネーション。

 

「別名キクミネーション」と呼ぶ人もいます。

最近ではLEDも流行り中。

 

初期費用はかさみますが、2~3年でペイできると徐々に広まってきています。

1番のメリットは電気料金の安さ。

 

なんとなんと白熱電球の5分の1以下で抑えられる。

 

畑道

畑の中はアスファルトで整備されていません。

写真のような砂利道が続くだけ。

 

・・なので車で行くのは避けたほうがいい。

 

オススメポイント③は帰り道から見られるので、後続車に気をつけながらゆっくりと鑑賞を楽しんで下さい。

以上が「電照菊畑の紹介」でした。

 

菊とは?

菊(きく)はこんな姿形をしています。

白かったつぼみが収穫時期になると黄色へ変化。

 

背丈も人間の肩ぐらいまで成長します。

用途は「冠婚葬祭、料理の飾り付け、お供え物」などに使われる。

 

英語では「chrysanthemum」。

育て方

日照時間が長ければ長いほどよく育つ。

赤土を好むのでこの場所が適しています。

 

水やりは土の表面が完全に乾いてから。

一般畑のようにスプリンクラーを使用。

 

夏は1日2回、冬は1回。

肥料はリン酸成分の多いもの。

ビニールハウス

ビニールハウスの中でも菊を育ています。

この中だと1日中光の管理ができるので、開花時期をコントロール可能。

 

台風、突発的な雨風も影響を受けない。

収穫時期になると高さ約1m80cmまで成長。

 

刈る時は必要な分だけカマでバッサリ。

出荷時期

3月と12月。

寒い冬の季節です。

 

菊の出荷量は4400万本。

沖縄は全国で2位の出荷本数を誇る。

電照菊畑が見られる時間、時期

「ライトアップの時間」

23:00~04:00まで。

 

「シーズンの時期」

12月、3月の冬季。

感想

沖縄の夏といえば海。

冬といえば・・「電照菊畑」です。

 

真っ暗闇の田園地帯に黄色の世界がポッと現れる。

そこには決して見せるためではない「地域の一部」があって感動します。

 

昼は「緑の風景」、夜は「オレンジ色」・・

このギャップがまた良いんですよね~。

 

実は沖縄の人でも電照菊を見たことない!という人が大半。

ネットで調べてはじめてここを訪れ「こんな所があったんだ!」と驚きます。

 

だって家の近くに畑なんて普通ありません。

都市部の子は畑も見たことないという人が意外と多い。

 

なのでここへたどり着いたあなたは情強。

まだ見ぬ県民にもその良さをぜひ伝えてあげて下さい。

おまけ

一眼レフ撮影の人は3脚を使おう。

でないと100%ブレて失敗します。

 

3脚で完全固定→ダイヤルは「TV」にあわせる。

光を徐々に取り込んで撮影すれば、きれいな写真がとれます。

 

オートだとフラッシュがつくので白飛びするよ。

3脚中の撮影をしていると通りすがりの車が「えっ!まさか有名人のpv撮影!?」と慌ててこちらへやってくる事があります(笑)。

 

お騒がせして申し訳ない。

以上ちょっとした雑学ですた。

 

口コミでは・・

「楽しい見学だった」、「沖縄にこんな所があったとは」、「きれいな夜景スポット」と評判。

 

いい所

  • 季節限定のお楽しみ。

残念な所

  • 場所が分かりづらい。

注意事項

  • 後続車に気をつけながら鑑賞を楽しもう。

 

ワンポイントアドバイス
  1. 菊の読み方→「きく」。
  2. 沖縄の冬といえどこの時期は寒いので、車の中はヒーターをかけながら走らすといいよ。
  3. 畑道は両サイドに「溝」のある所もあるので、タイヤを落とさないようご注意を。
  4. 点灯時間は23:00~04:00。
住所 「南部病院前(バス)」を起点に考えましょう。行き方は上記に解説した通り。
アクセス 那覇空港(なはくうこう)

331号線

58号線

電照菊畑(約20分)
電照菊畑
楽しさ
(3.0)
人気度
(2.0)
満足度
(3.0)
総合
(3.0)