えっ!?沖縄の人は出歩かないって本当?

半分あっています・・

が全ての人がそうではありません。

考えられる「理由」をまとめたので、ぜひご参考にして下さい。

暑い

沖縄の太陽光線は強烈。

特に夏はピーク。

そんな中を歩いたら熱中症で倒れるかも知れません。

「オシャレして歩いても汗かいて気持ち悪い、皮膚がヒリヒリする、紫外線もお肌に大敵」という理由で歩こうとは思いません。

天気

沖縄の天気は雨が突然降ってカラッと晴れる事が多い。

それが局地的なので天気予報は当てになりません。

TVの画面では青空でもこっちは曇り空・通り雨という事もあります。

雨の日も長い日は長い。

そんな環境で歩きたいと思いますか?

場所にもよりますが、沖縄は平坦な道がほとんどありません。

アップ・ダウンが多いので、そこを歩くなんて非現実的。

若者はまだいいですが、年配の人はかなり酷。

自転車の姿もあまり見かけません。

もし見かけたとしてもあれは趣味か部活、サークルで楽しんでいる人達です。

目的地が遠い

家から目的地は大抵遠いので、歩く気がおきません(都市部は例外)。

遊びに行くときは車を持っている人が友達の家へ行き、一緒にいくというのがデフォ。

日常の買い物ももちろん車。

家から5分とかからない距離でも普通に使います。

お店の買い物袋を持って、歩いてる人なんて滅多にいません。

車になれている

沖縄は車社会。

運転免許は普通に持ち、車1人1台が当たり前。

(買い物、デート、学校&会社の通勤)全ての生活基盤は車。

車を持っていないと「何で持ってないの!?」と引かれます。

又、小さい頃からどこへ行くにも車移動なので、それが当たり前になっているのだ。

つまり

歩いて目的地へ行くというのは「常識ではありません」。

もし大の大人が炎天下の中、道を歩いていたら偏見の目で見られる事もあります。

「あいつおかしくね?」みたいな。

※ただしジョギング、運動で歩いている人は例外。

電車がない

1番の理由はこれ。

沖縄は全国の県で唯一「電車」が走っていません。

モノレールは通っていますが、それは那覇(なは)だけの話し。

その為、

駅まで歩くという習慣がありません。

子供の学校は親の車で送迎するが日常。

まとめ

  • 暑い
  • 天気
  • 目的地が遠い
  • 車に慣れている
  • 電車がない

以上が考えられる理由でした。

それなりの理由があったのです。

決して歩くのが面倒くさいという訳ではありませんよ(中にはいますが)。

そこに住んでみて初めて分かる事もあります。

okinawaくん

車移動がゆえ運動不足も深刻。沖縄はメタボの人も多く、全国で「メタボワースト1」という不名誉な称号も持っています。

メタボとは?
(腕、お腹、腰回り、お尻、太もも)に脂肪がたまること。お腹がポコッと出ている人はまさにそう。中高年層に多い。