サンマリーナビーチの透明度は本物。夏の海水浴はここで決まり!

ホテルのビーチとは思えない透き通る透明度に明るい水色・・

「何て美しいビーチなんだ?!」と誰もが声を上げて大絶賛!

 

キラキラと輝くエメラルドが好印象です。

観光雑誌で見かける写真そのまんま。

 

ビーチは横一面ではなく、カーブを描いている所が良いですね。

変化があって遊心が刺激されます。

シェラトン沖縄サンマリーナリゾートの「様子」




炎天下でも水温はひんやり気持ち良いい。

ツアー客・修学旅行生といった団体さんが何組訪れようとも、余裕で収容できる圧倒的広さ。

砂質

一面真っ白サラサラ。

海辺は特にきめ細かいので、素足でも気持ちいい。

 

波が引いた後、足がズズズーと沈み込むほどの柔らかさ。

サンゴの欠片もそれほどないので、座っても寝っ転がっても気持ちいいですよ。

まるでパウダーの上。

 

check

シーズンは砂浜エリアに「巨大滑り台&プール、ハムスター」が出現します。

透明度

足のつま先が見える透明度。

西海岸の海でもここは上位に入る。

遊泳エリア

端から橋だと人の顔が確認できないほど広い。

 

奥行きも十分。

どんなに混雑していても人と人がぶつかるという事もない。

マリンスポーツ・アクティビティ

水色の海をかっ飛ばせ!

高速のジェットスキーに引っ張ってもらうロケットボードは定番の人気。

 

スピードに乗ると体に受ける「風圧」、「重力」、「遠心力」も加わるので興奮度もUP!

落ちてもちゃんと回収してくれるので大丈夫。

カヤック

オールを漕いで前にも後ろにも進めるカヤック。

2人乗りなので会話も一緒に楽しめる。

 

修学旅行生が入ると一斉にカヌーが動き出します。

行動範囲は堤防の中なので安全。

 

波風も立たず水深もそれほど深くありません。

それを見越してかわざとひっくり返る人もいます。

 

好奇心旺盛な若者は大盛り上がり。

 

checkライフジャケット着用なので二重の意味で安心安全。

 

3つの大きなタイヤがついた「アクアバイク・ペダルボート」もマイペースで楽しめますよ。

カップルは特にオススメ。

メガジップ(MegaZIP)

メガシップとは空中散歩が楽しめる「ゴーカート」のこと。

高さ13mのデッキからスタートして、海へ向かって一直線です。

 

高所恐怖症の人は怖いと思いますが、乗ってしまえば何のやら。

広大な砂浜を駆け抜けると、今度は海のステージです(まるで鳥になった気分)。

 

白→青へと変わる足元の景色はまさに新感覚。

全身に受ける風が何とも爽快!

 

怖さなんて完全に忘れてます。

 

check時速30kmぐらいなのでジェットコースターのようなスピードは出ません。

 

着地点はブレーキもかかるので衝撃もなし。

 

「 利用料金」

宿泊者 1200円
ビジター 1500円

ゴーフォール

こちらは地上13mから垂直に地面に落ちるもの。

 

落下スピードはバンジーほどではないので大丈夫。

想像するよりも怖くありませんよ。

 

「利用料金」

宿泊者 800円
ビジター 1000円

 

MEMO

 

「メガジップ」&「ゴーフォール」は県内のリゾートホテルでもここだけにしかありません。

陸スポーツ

広大な砂浜には「バレーネット」&「サッカーゴール」も設置されています。

団体で楽しめるので、修学旅行生なんかは盛り上がると思います。

ビーチパラソル

シーズンとなるとオレンジ色がきれいに並ぶビーチパラソル。

南国のイメージとマッチする風景です。

 

炎天下でも影の中は快適。

背もたれもあるので海を見ながらゆっくりとくつろげる。

防波堤


海面から顔を出すねずみ色の防波堤。

ビーチ全体を覆うように積み上げられている。

 

この壁のおかげでビーチの中は波風も立ちません。

西海岸は元々荒い波はありませんが、さらに軽減してくれています。

 

高さもそれほどないので、景観を壊していない所がいいですね。

 

MEMO

 

先端には「ミニ灯台」が設置されています(光で船を誘導するやつ)。

 

「港」を所有するホテルならでは。階段もついているので、ちょっとした高さから海の景色を見る事も可能。

桟橋(さんばし)

ここは外したくない海上散歩。

「防波堤」と「防波堤」の間にはこのような桟橋が通っています。

 

ここを歩くのが最高の楽しみなのだ。

桟橋は海面と近い高さなので、まるで海の上を歩いているようで爽快。

 

ちょうど真ん中辺りで立ち止まってみて下さい。

 

耳をすませば優しい波のBGM・・

海風がサァーっと体をつき抜ける瞬間・・

 

ぐるっと360度のエメラルドがもう最高なんです。

フィーリング効果も絶大。

 

リラックスした時に戻る「素」がやっぱり一番。

散歩がてら五感をフルに刺激されよう!

 

注意

 

手すりは低いので気をつけて。

ガーデンプール

海に入らない人は「ガーデンプール」。

ここなら小さなお子様も安心して遊泳が楽しめます。

 

ビーチスタッフもちゃんと見ているので安心安全。

子連れファミリー向き。

ウォータースライダーもいっぱい使い倒そう!

 

check

  • 宿泊客はビーチタオルが無料。
  • 浜遊びセット(バケツ、スコップ)はビーチカウンターにて無料貸し出し中。

 

「利用料金」

宿泊者 無料
外来者 有料

「期間」
4~10月まで

更衣室

赤瓦屋根の建物が「更衣室」。

出入り口にはパラソル付きのテーブル席を用意しているので、友達の着替えが終わるまで待つ事もできるよ。

 

設備

「シャワー室」
「コインロッカー」
「トイレ」
「洗面台」

シャワー室

海水浴の後はここで体についた砂を洗い落とそう。

 

「利用料金」

無料(温水)

コインロッカー

貴重品はここ。

 

サイズは(大、中、小)とあります。

目の前は物置台もあるの着替えに便利。

 

「利用料金」

普通 200円
大 300円

屋外シャワー

屋外にも「シャワー」が設置されています。

 

中がいっぱいで利用できない場合はここを使おう。

男女別であります。

写真集







夕日

真っ赤な太陽・・

空、雲、海もそれに合わせるかのように呼応し、辺りをロマンチックな空間へと変えていく。

 

「あぁー南国の島・沖縄に来たんだなぁー」とほのぼのする一時だ。

高台から望むサンセットが断然オススメ。

 

あなたは誰とどんな思いを共有するでしょうか?

なぜここのビーチは「きれい」なの?

ここは周辺のビーチと比べると、透明度が一段と高くレベルもケタ違い。

沖縄の海を見慣れた筆者でも惚れ惚れとします。

 

恵まれた立地もそうですが、一番は海上に「アスレチック遊具」を設置していないといった所でしょうか。

これがあると人の飛び跳ねがあるので、水の中で砂煙が巻き上がり濁ってしまいます。

 

ここではそれが一切ないので、常に安定し落ち着いている。

儲けよりも海の「クオリティー」を優先している所が素晴らしいですね。

 

ザ・大人ビーチです。

 

MEMO

 

環境省の水質調査で最高ランク「AA」と判定されました。

感想

防波堤にぐるりと囲まれた「サンマリーナビーチ」。

その中は大きな波もないので、小さなお子様も安心。

 

ここまで予算を投じた設計のビーチは県内でもまれ(似た所といえば美々ビーチもある)。

「美々ビーチ」マリンスポーツで沖縄の海を遊び倒せ!

 

遠浅でもあるので老若男女関係なく、誰でも安全に海水浴が楽しめますよ。

ダイビングも人気で全身ウエットスーツを身にまとった学生集団も見かけます。

 

もちろんほとんどが初心者。

最初は不安だと思いますが、インストラクターが丁寧に分かりやすく教えてくれるので大丈夫。

 

海の世界でカラフルなお魚さんを見かけた時はテンションアップですよ~♪

沖縄の素敵な思い出をいっぱい作りましょう。

 

口コミでは

「想像よりもきれいな海で驚いた」、「桟橋の散歩が楽しめた」、「場所によってはちょっとした花火も楽しめる」と評判。

「最新版」モテ子が選ぶ楽天水着ランキング1~100位

 

いい所

  • マリンスポーツが充実している。
  • シーズンでも混雑しない。
  • リゾート感がある。
  •  海水浴に必要な設備は全て整っている。
  • 清掃が行き届きゴミ一つ落ちてない。

残念な所

  • 駐車料金が有料。
  • 更衣室からビーチまで少し歩く。
ワンポイントアドバイス
  1. 個人シュノーケル不可。マリンスポーツメニューにある参加型のものならOK。
  2. 沖縄本島で見ればここはちょうど真ん中あたり。レンタカーを使った「観光の拠点」として利用するのも便利。
  3. 出入り口には警備員の常駐するゲートがあり、入場は「宿泊、遊泳、食事」の人に限られる。なので治安面でも安心安全。
  4. お腹空いた・・
    ホテルに食事処があります。お昼のランチにも困りません。
  5. イベント
    「プロジェクションマッピング」。12月
    「イルミネーションドレスアップ」。大晦日カウントダウン
    「ライブ、ビンゴ大会、新年打ち上げ花火」。元旦
    「振舞酒、餅つき、凧揚げ、民謡ライブ」。
 ビーチの設備 ● クラゲ防護ネット
● 監視員
● 更衣室
● シャワー
● トイレ
● コインロッカー
● 売店
● ビーチバレー
● ビーチサッカー
 ビーチレンタル ● ビーチパラソル
● デッキチェアー
● フロートマット
● 浮き輪
● ビーチタオル
● バレーボール
● サッカーボール
● バスケットボール
体験できるアクティビティ ● ロケットボート
● スキービスケット
● マーブル
● ウェイクボード
● ジェットスキー遊覧
● ジェットボートクルージング
● ペダルボート
● カヤック
● ウィンドサーフィン
● シーウォーカー
● パラセーリング
● ダイビング
(体験・ファン・ジンベエザメ)
● シュノーケルツアー
(ピクニック・青の洞窟)
● ヨット
● グラスボート
● サンセットクルージング
● フィッシング
名称 シェラトン沖縄サンマリーナリゾート
(しぇらとんおきなわさんまりーなりぞーと)
住所 沖縄県国頭郡恩納村字冨着66-1
電話番号 098-965-2222
定休日 無休
海開き 3月下旬
遊泳料金 無料
游泳時間 08:30~17:30
(季節により変動)
游泳期間 3月下旬~11月下旬
駐車料金 有料(200台)

1泊500円
(最大料金1500円)

「外来者」

ビーチの利用
1時間 300円(最大1000円)

レストランの利用
3時間無料

アクセス 那覇空港

58号線

シェラトン沖縄サンマリーナリゾート(約1時間30分)
シェラトン沖縄サンマリーナリゾートの評価
砂質
(5.0)
透明度
(5.0)
人気度
(3.0)
総合
(4.5)
ここの宿泊ホテルに泊まりたい
周辺には・・