\沖縄のゴールデンウィークはこう過ごせ/

波の上うみそら公園「ダイビング&シュノーケル」。初心者も大歓迎!

ここは「ダイビング&シュノーケリング」専用エリア。

生け簀の回りを大きな石畳でぐるっと敷き詰めています。

 

沖はフタをするよう防波堤が設置されているので高波の心配もなし。穏やかでいつも安定。

水深約6m、直径約50m。

沖縄の海に潜りたい人集まれ~☆

kaz

ダイビング&シュノーケルエリアの「様子」



広くて開放的。

標識も立っているので、この場所だとすぐに分かります。

 

人工的に整備されているので気持ちよくご利用できますよ。

コバルトブルーに広がる海景色は沖縄そのもの。

 

この水色の中に天然の生き物が見られるのだ。シーズンでも混雑しないので、いつでも落ち着いたのどかな雰囲気。

 

海へエントリーする階段

この階段は海へ潜るダイバー専用の通り道。

緩やかに伸びているので、重装備のウエットスーツ&重い機材を装備していても歩きやすいです。

 

帰りは黄色のてすりが大活躍。スロープもあるよ。

海中から陸上へ上がると体がものすごく重いですが、ここから更衣室はすぐ近くなので楽ちん。

kaz

海の中

様々な種類のサンゴをあちらこちらに見かけ、それを住処とする魚たちが自由に泳ぎ回っています。

 

海の中で見られる生き物

 

  • デバスズメの群れ
  • ハマクマノミ
  • キイロサンゴハゼ
  • クラカオスズメダイ
  • ハリセンボン「小」
  • ウミヅキチョウチョウウオ

 

などなど。

 

南国の海という事もありカラフルなデザインをよく見かけます。

あっ!?映画ファイティングのニモだ!とよく勘違いされるのは「ハマクマノミ」。ハマクマノミは白の縦線が一本、ニモ「カクレクマノミ」は3本です。残念ながらここにニモはいません。

 

干潮時は普段隠れて見えないサンゴの様子が陸上から見られる事もあるよ。

kaz

ここが面白い!

波の上うみそら公園は海底に「海底ポスト」を設置しています。

 

管理事務所に入っている「NPO法人美ら海振興会」にサンゴを守るための協力金として500円寄付「耐水ポストカード・ハガキ」をゲットして↓

海の中にある「海底ポスト」へ投函しにGO!

kaz

これが「海底ポスト」

この海底ポストにハガキを投函。

 

check

 

後日、回収されたハガキは波の上うみそら公園の「記念スタンプ」がぽんっと押されます。

 

発送の際は「那覇市中央郵便局」の窓口を通るのでそこの消印をゲット!沖縄の珍獣シーサーデザインが施されています。

ダイビングを楽しんだ思い出が後追いでやってくるら面白いアイディアだね☆

kaz

 

体験ダイビング

「料金」

1人 8500円

 

「所要時間」

約2時間

 

「持ち物」

水着、着替え

 

「集合時間」

①09:00
②11:00
③13:00
④15:00

 

「開催期間」

通年(天候、公園内でのイベント開催により中止になる事もあります)

シュノーケリング

「料金」

1人 4000円
小学生以下 3500円

 

「所要時間」

約1時間30分

 

「持ち物」

水着、着替え

 

「集合時間」

①09:00
②10:30
③13:00
④14:30
⑤16:00

 

「開催期間」

通年(天候、公園内でのイベント開催により中止になる事もあります)

ぷかぷかツアー(小学生以下)

「料金」

保護者+お子様=9800円

 

「所要時間」

約2時間

 

「持ち物」

水着、着替え

 

「集合時間」

①09:00
②10:30
③12:30
④14:30

 

「開催期間」

4~10月(天候、公園内でのイベント開催により中止になる事もあります)

お問い合わせ電話番号

098-917-0035

詳細

波の上うみそら公園」公式サイト。

 

check

 

  • 料金に含まれないものは「シャワー代・コインロッカー代・駐車料金」。

 

レンタル機材

①ウェットスーツ
②シュノーケル
③マスク
④フィン
⑤ブーツ
⑥グローブ
⑦レギュレーター
⑧ゲージ
⑨BCDジャケット

利用者は手ぶらできて手ぶらで帰れます。

 

管理事務所

ここがダイバーの集合場所となる「管理事務所」。

 

スタッフが常駐し「マリンスポーツの受付」を行っています。

「うみそら売店」もあるよ。

 

設備

 

  • 管理事務所
  • シャワー室
  • コインロッカー
  • トイレ
  • 洗面台
  • 売店

 

更衣室


管理事務所のすぐお隣が「更衣室」。

きれいに整備されているので、気持ちよく利用できる。

 

シャワーの利用料金 3分100円(温水)

 

タイムスケジュール

09:00の場合を参考にしてね☆

kaz

  • STEP.1
    09:00
    波の上うみそら公園管理事務所に集合「受付、料金お支払い」

     

    ①9:00 ②10:30 ③13:00④14:30 ⑤16:00
    ※16:00の回は、6月から9月までの限定開催となります。

  • STEP.2
    09:10
    書類記入
  • STEP.3
    09:20
    機材の使い方、泳ぎ方の説明
  • STEP.4
    09:30
    水着を着用、ウエットスーツに着替える。
  • STEP.5
    09:40
    実際 海に入り泳ぎ方を練習。

     

    シュノーケルの使い方、足ひれの動かし方、水中での合図法、酸素ボンベの確認方法、注意事項など。

  • STEP.6
    09:50
    お客さんの心の準備が整い次第、インストラクターと一緒に海の中へダイブ!ガイドさんがそこに住むお魚さん、サンゴの名前、生態系を教えてくれます。
  • STEP.7
    シャワータイム「お着替え」。
  • STEP.8
    10:30
    解散

 

東屋(あずまや)

ちょっと息抜きに・・海景色でも見てみましょう。

このエリアには日陰になる東屋(あずまや)が整備されています。

 

ベンチも用意されているので気軽に腰を下ろせる。

海風の通る気持ちのいい空間です。

 

エメラルドブルーが素敵。

海に潜らない人はこの場所から景観に浸るのもOK!

 

夕日

波の上うみそら公園は夕方の時間帯になると「夕日鑑賞」も楽しめます。

海面にはオレンジ色のシルクロードが現れ幻想的な世界に・・

 

海の中のお魚さんは一体どんな景色に見えているんでしょうかね?ダイビングを満喫した後にこの夕日ウォッチは沖縄のいい思い出になる。

 

写真集



 

感想

ここは那覇空港からも近いのでアクセスも便利。

沖縄きてすぐダイブ!もいいし帰る前もご利用できます。

 

必要な機材は全て用意してくれるので手ぶらOK!海底もそれほど深くないので、初心者さんも全然怖くありません。

 

ベテランのインストラクターがマンツーマンで手取り足取り教えてくれるので安心安全。真夏日でも水温はヒンヤリ気持ちいいので爽快ですよ。

 

色、形の違うサンゴにそこに群がる小さなお魚さんを見かけた時はテンションアップ。沖縄のダイビングをを楽しみたい人はぜひ候補に入れましょう。

 

ここでの注意事項

 

  • 游泳禁止。
  • 花火禁止。
  • 釣り禁止。
  • 個人でダイビング&シュノーケル禁止。
定休日 無休
駐車料金 30分は無料
アクセス 那覇空港(なはくうこう)

うみそらトンネル

波の上うみそら公園(約10分)

波の上うみそら公園にある他のスポット
若狭側ビーチ 辻側ビーチ
バーベキューエリア