波の上うみそら公園「若狭側ビーチ」。観光客も多い人気スポット!

シーズンとなると活況を見せる「若狭側ビーチ」。

「地元客」+「観光客」も加わるので一段とにぎやかさが増します。

 

海上にはフローマットの上でプカプカ浮いている人・・

手足をバタバタさせながら海水浴を楽しむ人・・

お山や水たまりを作って「浜遊び」を楽しむ子供達・・

 

それぞれ楽しそうに海を満喫しています。

 

check波の上うみそら公園内に「若狭側ビーチ」があります。

 

小麦色に焼けたマッチョなライフセーバーに、ビキニ姿の若者を見ると南国気分も一段と高まる。

活気もあって明るい雰囲気が夏♪

砂質

サラサラ。

 

素足でも気持ちいい。

海の中もクリアーです。

 

MEMO

 

砂浜エリアは「影」が一切ありません。

 

有料パラソルにお金をかけたくない!という人は「サンシェード」です。休憩ポイント&荷物置きにも活用できるから便利。

 

沖縄の紫外線は強烈なので、熱中症でダウンしないよう工夫して下さい。

透明度

海の底が見える透明度。

南部の海でもきれい。

 

check

海水浴客が多いと砂煙が巻き上がるので多少濁る。

 

クラゲ防護ネットの中は仕方ありません。

遊泳エリア

リゾートホテルと比べると、それほど広くない感じ。

 

奥行は十分。

ネットの外で天然の魚を見かけた時は驚きました。

琉球石灰岩

1番の注目を集めるのはこの大きな岩の塊。

その名を「琉球石灰岩」と呼ぶ。

 

こんな巨大なものは中々ありません。

形もユニーク。

 

決して人工の物ではなく、昔から自然にあるもの。

波之上ビーチを象徴する巨岩ですね。

 

その真上には「波上宮」があります。

波上宮

沖縄本島には明治以前の政府・琉球王府より特別な扱いを受けた「八つの神社」があります。

それを「琉球八社」と呼ぶ。

 

①波上宮(ここ)
②安里八幡宮
③沖宮
④天久宮
⑤識名宮
⑥末吉宮
⑦普天満宮
⑧金武宮

 

波上宮は首里城をイメージした赤色の外観に立派な赤瓦屋根が特徴。

お正月になると初詣に約30万の人達が訪れる。

お隣の浜

狭いように感じるビーチですが、実は琉球石灰岩(神社の見える巨岩)のお隣にも砂浜が広がっています。

クラゲ防護ネットは設置されていないので、游泳はオススメしませんが水質は驚くほどきれい。

行き方

琉球石灰岩の側面にはお隣へと繋がる「遊歩道」が設置されています。

 

海面に隠れて分かりづらいですが、手すりもあるので安全にお隣へと渡る事が可能。

ただし満潮は水かさが上がるので渡れない。

道路

海の上には

「那覇西道路」
「波之上臨港道路」

2つの道路が通っています。

 

那覇西道路は海の中を走る「うみそらトンネル」があるので、最短で「那覇空港」へ行く事が可能。

観光客は便利だね。

景観スポット



ここは景観スポットが存在します。

黄色の◯の所。

 

「那覇西道路」ですね。

この橋の真上から素敵な景観が望めるのだ。

 

もうエメラルドグリーンが魅力過ぎてメロメロ・・

どうやったらこんな色が出せるの!?と海を見慣れた沖縄の人でも大絶賛!

 

地上から見るとブルーですが、高台から見るとグリーンに見えるからほんと不思議。

高さもあるので見晴らしも最高。

 

ちょっと歩きますが、興味のある方はご参考に。

 

ちなみに・・この橋を車で走っても、ビーチの様子は全く見えません。

歩道から顔を出して初めてビーチ全体の様子が分かります。

 

check

午前中は逆光になるので、午後の方がオススメ。

東屋(あずまや)

ビーチの後ろにはこのような東屋(あずまや)があります。

 

テーブル席もあるので気軽に腰を下ろせるよ。

周囲は「緑」なので、落ち着けるスペース。

ちょっとした池もある。

なみのうえ商店

売店です。

とっても小さい。

(飲料水、アルコール類、お菓子)などを販売。

建物の真上、時計が目印。

更衣室


一見、外から見ると狭そうな更衣室ですが、中に入るとあら不思議。

奥行きがあって使い勝手がいい。

 

「設備」

足洗い場
シャワー室
コインロッカー
洗面台

「利用時間」

4~10月 09:00~18:30
7~8月   09:00~19:30

足洗い場

更衣室利用の前にまずはここで足についた砂を落としましょう。

入り口にあります。

シャワー室

1つ1つが個室でカーテンつき。

 

広くて使いやすい。

物置台も設置されているのでほんと便利。

 

「利用料金」

3分100円

コインロッカー

貴重品はここ。

「コインロッカーの利用料金」

普通 200円
大 400円

 

更衣室は中へ入ると自動で照明がつきます。

内装も豪華で冷房も完備。

夏の暑い日でも中は快適。

 

県内の公共ビーチでもこんなに設備の整った所はここだけ。

壁際にはベンチもあるので、順番待ちでも腰を下ろせる所がいい。

 

外から光も入るので明るい雰囲気。

清掃も行き届いているので気持ちよく利用できます。

夕日

素敵なオレンジ色・・

ですが橋がかぶって太陽が見えない。

ちょつと残念。

駐車場

駐車場はきれいに整備されています。

場所は「龍柱」が見える所。

 

龍柱とは?

高さ約15m、幅3mの龍の形をした柱。

 

MEMO

 

駐車場は「2箇所」あります。

 

● 波の上ビーチ(若狭側)ここ
● 波の上うみそら公園

駐車場(若狭側) 130台
料金 30分 無料
1時間ごとに100円
24時間500円

千円札、小銭のみ対応。

写真集






 

なぜここの海は「グリーン色」に見えるのか?

正解

  • 浅い海域。
  • 海の底が(白い砂、又はサンゴ)。
  • きれいな水(プランクトンが極めて少ないので水質が透明)。

この3つがそろっているから。

県内でも特にエメラルドグリーン色の強いビーチはここだけ。

 

景観スポット(橋の上)から見ると、よりはっきりと分かります。

ちなみに・・本土の海はプランクトン(栄養)が豊富なので、沖縄の海よりは水が濁って見えます。

感想

市民の憩いの場として親しまれる「波の上ビーチ」。

周辺は(学校、アパート、商業施設)が乱立する住宅エリア。

 

その為・・

週末になると地元の(ファミリー、カップル、学生さん)の姿をよく見かけます。

 

ザ・都会のビーチですね。

観光雑誌にも紹介されるほど知名度も抜群。

 

海開き、梅雨明けの際はここが沖縄のTVで放映される事もしばしば。

満潮と干潮とでは「波がここまで来て、こんなにも引くのか!?」と驚かされる一面も持っています。

 

口コミでは

「人工のビーチとは思えないほどきれい」、「都市部にありながらもこの透明度は関心する」、「那覇空港から近いので便利」と評判。

「最新版」モテ子が選ぶ楽天水着ランキング1~100位

 

いい所

  • 清掃、管理が行き届きゴミ一つ落ちていない。
  • サンシェードの持ち込み、設置OK。
  • ビーチスタッフの常駐する「管理事務所」があるので安心。

残念な所

  • 駐車料金がかかる。
  • 場所が分かりづらい。
ワンポイントアドバイス
  1. シュノーケル不可。
  2. マリンスポーツは行われていません。
  3. 「若狭側ビーチ(ここ)」と「辻側ビーチ」は、橋の下から通り抜けできます。
  4. お腹空いた・・
    園内に売店があります。
ビーチの設備 ● クラゲ防護ネット
● 監視員
● 更衣室
● シャワー
● トイレ
● コインロッカー
● 自販機
ビーチレンタル ● ゴーグル
● 浮き輪
● ビーチチェアー
● パラソル
● サマーベッド
● ビーチマット
● エアーベッド
● テント
● 水陸両用の車椅子・チェアボート
体験できるアクティビティ ● なし
定休日 無休
海開き 4月上旬
遊泳料金 無料
遊泳時間 09:00~18:00(4~6月・9~10月)
09:00~19:00(7~8月)
遊泳期間 4~9月末ぐらい
駐車料金 30分は無料
アクセス 那覇空港(なはくうこう)

うみそらトンネル

波の上うみそら公園(約10分)
若狭側ビーチの評価
砂質
(4.0)
透明度
(3.0)
人気度
(5.0)
総合
(4.0)
波の上うみそら公園 他のスポット
波の上うみそら公園「辻側ビーチ」。橋の真下はプライベート空間! 波の上うみそら公園「ダイビング&シュノーケル」。初心者も大歓迎! 波の上うみそら公園「バーベキューエリア」。海を見ながらBBQ!
近くにある宿泊ホテル
周辺には・・


特になし。