「ウッパマビーチ」優しい波音が心に入ってくる自然のビーチ!

真っ白がどこまでも続く「ウッパマビーチ」。

その全長は1km以上。

 

今帰仁村(なきじんそん)では最長のロングビーチです。

天然のビーチなので貝殻がそこら中に落ちているなんて当たり前。

 

ヤドカリの歩く姿にタイミングが合えばお魚さんを見かける事だってあるよ。

田舎風景がどこか懐かしい。

ウッパマビーチの「様子」




海上には観光スポットで知られる「古宇利島」もあんなにも近くに・・

 

そこをフェリーがゆっくりと走る光景は、何とも沖縄らしくてのどか。

離島気分を満喫するにはもってこいの風景だ。

 

ここは「うちなータイム(沖縄のゆっくりと流れる時間)」を満喫できる世界。

砂質

陸地は真っ白サラサラ。

 

海辺は大小様々なサンゴの欠片が混じっています。

角はないので素足でも大丈夫。

透明度

足のつま先が見える透明度。

 

check

時期によっては濁っている事もあります。

遊泳エリア

一般のビーチと比べやや狭い。

しかし泳ぐ分には十分。

 

check

遊泳エリア内ならシュノーケルもできるよ。

マリンスポーツ・アクティビティ

海を盛り上げる乗り物といえばマリンスポーツ。

 

高速のジェットスキーに引っ張ってもらうバナナボートはどこも人気ですが・・

ここは利用客が少ないため、海の上を走り回っている様子はあまり見られない。

浅橋

グラスボートはここからアプローチ。

白を基調とした木造の橋が海まで伸びてます。

 

その先端は180度のエメラルド。

記念撮影ならここがベストショットだよ。

 

観光雑誌で見かける写真・画像も大体がここからのアングル。

星の形がトレードマーク。

大浜屋(パーラー)

この白い建物がパーラー。

ちょっとした腹ごしらえができます。

 

ビーチの出入り口。

テラスにはテーブル席もあるので家族・団体でくつろげる。

しかし作りは貧弱・・

 

フード

 

「沖縄そば」

「ぜんざい(ミルク)」

「かき氷(ミルク)」

「缶ビール」

「生ビール」

 

冷たいもの

 

「ソフトドリンク」

「かき氷」

「ビール」

 

シャワー室は大浜屋(パーラー)の中。
着替えだけなら無料で利用可能。

 

シャワー室

「大人 200円」
「小人 100円」

夕日

1日の締めはやっぱり夕日・・

といってもここは海に沈むのではなく、丘に隠れてしまうのでちょっと残念。

写真集







感想

シーズンでも海水浴客はほとんどいないので常に「貸し切り状態」。

観光客は目の前にある古宇利島(こうりじま)へ行ってしまいます。

 

そこには人気スポット

「古宇利オーシャンタワー」
「古宇利ビーチ」

があり、

さらには嵐がJALのCM撮影「先得でニッポンをみつけよう」で訪れた「ハートロックビーチ」もあるので、ここはスルーされるのがほとんど。

 

そもそも存在自体を知らないという人が大半。

ビーチはやっぱり離島の古宇利島が何倍もきれいです。

 

ここは海水浴を楽しむというより、観光の「拠点・宿泊場所」と考えると視野が広まります。

 

北部を中心に

「ゆっくり遊びたい!」
「長期滞在したい!」

という人はいい所だと思いますよ。

 

他の宿泊ホテルが全て埋まって他にない!という人はぜひ検討して見て下さい。

お昼のランチにも困りません。

 

MEMO

 

ここのマスコット犬・ゴン太がビーチを泳いでいたりします。

 

口コミでは・・

「とても広いビーチ」、「静か」、「のんびりできた」と評判。

「最新版」モテ子が選ぶ楽天水着ランキング1~100位

 

いい所

  • 朝日が拝める。実は(初日の出スポット)として地元では有名。

残念な所

  • 人影がなく寂しい。
  • リゾート感なし。
  • ホテルの建物、外観がくたびれている。
  • 場所が分かりづらい
    この辺りは緑の多い田園地帯。目印になるようなものは一切ありません。行き方が分からないという人が多いです。道を一本でも間違えるとかなり大回りさせられるので、グーグルマップをうまく活用しよう。
ワンポイントアドバイス
  1. 遊泳区域外での個人シュノーケルはオススメしません。ハブクラゲに注意と看板も立っています。
  2. テントを設置しキャンプもできます。ただしキャンプ場としての設備はありません。シャワーは隣接する「リゾートホテルベルパライソ」か「パーラー(大浜屋)」で借りられます(有料)。
  3. この辺りで大きな観光ホテルはここだけ。宿泊の方は必要なものを買い揃えてから行くことをオススメします。
  4. お腹空いた・・
    ホテル内にレストランがあります。
 ビーチの設備 ● クラゲ防護ネット
● 監視員
● 更衣室
● シャワー
● トイレ
● コインロッカー
● パーラー
● BBQ(バーベキュー)
● ガーデンプール(屋外)
● ザッカ10(ホテルショップ)
● コインランドリー
 ビーチレンタル ● ビーチパラソル
● チェアー・マット
● 浮き輪、
● 水中メガネ・フィン2点セット
● シーカヤック
体験できるアクティビティ ● ドラゴンボート
● ジェットスキー
● ウェイクボード
● 水上スキー
● ダイビング
● シュノーケリング
名称 ウッパマビーチ
(うっぱまびーち)
住所 沖縄県国頭郡今帰仁村運天1069
電話番号 098-862-0903
(リゾートホテルベルパライソ)
定休日 無休
海開き 4月
遊泳料金 無料
游泳時間 09:00~18:00
(季節により変動)
游泳期間 4~9月末ぐらい
駐車料金 有料(100台)

1日500円

アクセス 那覇空港(なはくうこう)

高速道路

58号線

71号線

505号線

72号線

ウッパマビーチ(約2時間)
ウッパマビーチの評価
砂質
(3.0)
透明度
(2.0)
人気度
(1.0)
総合
(2.5)
ここの宿泊ホテルに泊まりたい
周辺には・・

「古宇利ビーチ」マリンスポーツも楽しめる離島の海! 「古宇利オーシャンタワー」カートに乗って展望タワーへ向かえ! 「チグヌ浜」沖縄らしい海景色が心に入る癒しスポット! 「ハートロックビーチ」嵐の訪れたビーチで記念撮影はいかが? 「トケイ浜」シュノーケルでお魚さんと出会える自然の海! 「ピース浜」横長のザ・自然ビーチは訪れる人も少ない穴場スポット!