「万座毛」は像の鼻?その謎を現地リポート!

西海岸の人気景勝地スポットが「万座毛」。

 

海に囲まれた沖縄の中でもここは絶景中の絶景。

高台から望む雄大な景色を堪能せよ!

駐車場

アスファルトできれいに整備されています。

 

万座毛は観光名所なので、駐車しているほとんどの車は「わ」からはじまるレンタカー車。

満車の場合は、第2駐車場を活用しよう。

 

check満車でも回転率が高いのですぐに空くよ。

 

「駐車料金」

無料

路上販売

駐車場には「お土産屋」もあります。

沖縄の珍獣シーサーの置物やアクセサリー、キーホルダー、プリントTシャツなどがいっぱい。

 

Tシャツに書かれている「なんくるないさー」は「なんとかなるさ」という意味。

ポジティブで前向きな言葉です。

 

「海人」の読み方は→うみんちゅ。

海を生きる、大切にする人という意味。

 

他にもいろいろ~。

自販機

自販機もいくつか設置されています。

 

水分補給も可能。

アイスクリームもあるので暑い日は重宝する。

トイレ

トイレも整備されています。

見学の前に済ませておこう。

石碑

MEMO

 

平成24年

 

天皇皇后両陛下がここを訪れた際に、陛下の詠まれた大御歌「万座毛に昔をしのび巡り行けば彼方恩納岳さやに立ちたり」が碑になり刻まれました。

 

沖縄海岸国定公園

万座毛は「沖縄海岸国定公園」に指定されています。

環境大臣が指定した公園で「県」が管理しているという事になる。

入り口

さあここからトレッキングの始まり!

どんな景色が待っているのかワクワク♪

草原の広場

少し歩くとこのように視界が開ける。

広~。

 

check

岬の中央は広場になっています。その回りを「遊歩道」がぐるっと取り囲む。

 

遊歩道

段差のないアスファルト道なので車椅子やベビーカー・お子様連れや年配の方でも安全に行けます。

 

もちろん柵(さく)もついているよ。

左から右へと時計回りのように進む。

歓声が響き渡る絶景の景色!

ここ!

万座毛最大の景勝地ポイントです!

 

いやぁーほんと素晴らしい!

海の景色というより崖下に広がっている自然がすごいのよね~。

 

水色~青色へ変わる海のグラデーションがもう素敵すぎ。

潮の香りもこの高さまで届くからリ・ア・ル♪

 

何時間でも見ていられます。

崖の形もユニーク。

 

さてこの崖の形、何かに見えませんか?

・・

・・

動物好きは分かったかかな?

そう

正確は「ゾウ」さんでした。

エバーノートのアイコンでもおなじみ♪

岩が崩落してこんな形になるなんて奇跡。

 

このポイントは記念撮影する人がわんさかいるので、順番が来るまで待ちましょう。

サンゴ岩

崖の足元は「サンゴ岩」が広がっています。

北部の海は透明度が高いので、満潮でもその様子がはっきりくっきり。

 

干潮の際は水深が下がるのでより鮮明に。

波がその上を通るとシュワシュワ~と泡音を立て消えていきます。

高台にいながらもその音はしっかりと耳に届くので良い!

ここは東シナ海向き。

 

水平線の先まで青色~。

どんだけ~。

北向きの「景色」

北向きは沖縄本島と繋がる「本部半島」。

うっすらですが「瀬底島」も見えます。

 

MEMO

 

瀬底島といえば「瀬底ビーチ」、「アンチ浜ビーチ」が有名。

 

離島の海という事もあり、県内のビーチでもトップクラスに入る美しさ。シーズンは毎年観光客で賑わってます。沖縄本島と橋で繋がっているので、車で簡単にアクセスできるよ。

「瀬底ビーチ」シュノーケルが楽しめる天然の海。お魚さんすぐそこ! 「アンチ浜ビーチ」シュノーケルができる天然の海!明るい水色!

後半


ここからの景色も雄大で圧巻。

よく見ると・・

水平線が曲がって見えませんか?

カメラが壊れたのか?

いや・・肉眼でもそう見えます。

実は高い位置から水平線を見ると「目の錯覚」で曲がって見えるんですね~。

地球が「丸い」からはちょっと違うかな。

カメラも見事に騙されます。

不思議~。

広範囲に広がる「サンゴ岩」

サンゴ岩の色は薄い茶色。

岬には定番の光景だったりします。

 

その上には巨大な「琉球石灰岩」もゴロゴロ・・

濃い水色は深くなっている所。

 

漁港が近くにあるので、船のいい通り道。

万座ビーチホテル

海の先に見える建物は「万座ビーチホテル」。

 

海水浴場で知られる「万座ビーチ」が有名。

「万座ビーチ」オーシャンパーク現る!集えわんぱく盛りな子供達!

シーズンは毎年多くの観光客でにぎわっています。

 

万座ビーチホテルは「結婚式場・教会」もかねそなえているので、正装したタキシード・ウェディングドレスを身にまとったカップルが記念撮影にここまでやってくる事もあります。

万座毛で見られる「石灰岩植物群落」

「アダン」
「ソテツ」
「イソノギク」
「クサトベラ」
「モンバノキ」
「ナハエボシグサ」

など。

 

中には県の「天然記念物指定」されているものもあるよ。

写真集






夕日

何の障害物もない海の岬は海面にダイナミックなオレンジ色を映す。

 

どうですかこの光のシルクロード。

力強くて素敵ですよねー。

 

色も刻一刻と変わって行くからロマンチスト。

カップルはいいムードです♪

 

逆光になる「像の鼻」がちょうどいいシルエット。

時間が止まったように感情移入できるよ。

 

もちろんあなただけのパワースポットにしてもOK☆

西海岸はこういった夕日が見られるから素敵なのよね。

 

万座毛は別名「夕日スポット」としても知られています。

「日没時間」

7、8、9月は19:00前後。

それ以外は18:00前後。

 

あえてこの時間を狙う!?

あなた次第。

 

素敵な海を見るための条件

①快晴の日に行くべし!

天気が曇り・雨だと海全体がねずみ色。

 

②お昼頃に行くべし!

午後を過ぎると太陽は西に移動するので、海は照り返しで白っぽくなります。逆光も加わるので眩しい。

 

③早朝はNG。

早い時間帯は青々らしさがない。

感想

視界に収まらないパノラマの世界。

青い空・・
流れる雲・・

 

そして

眼下には自然のアート。

 

そこに

「波音」
「海風」
「潮の香り」

も加わるので五感をフル刺激されます。

 

高揚感高まるその絶景は心の奥底まで入ってくる美しさ。

南国らしい雰囲気で和むよ~。

岬と聞くと人気がなく寂しいようなイメージですがここは

「観光名所」にもなっているので、絶えず観光客の姿・人の出入りがあります。

 

お土産屋もあり店の人も常駐しているのでどこか安心。

1人旅の女性でも気軽に足を運べます。

 

さあ今度はそこのあなたの番♪

 

MEMO

 

万座毛は「美ら海水族館」の通り道でもあるので、ドライブのついでに立ち寄るのもオススメ。

海洋博公園「美ら海水族館」。世界最大のジンベエザメがすぐ目の前!

 

口コミでは・・

「風景好きの人にオススメ」、「星空も中々」、「想像を超えた」と評判。

じゃらんレンタカー

 

いい所

  • 夕方の時間帯になるとオレンジ色のサンセットが見られる。
  • 駐車場からすぐ遊歩道があって歩きやすい。
  • 近くに24H営業のコンビニ・LAWSONがある。

残念な所

  • 特になし。

注意事項

  • 台風の日は絶対に近づかない。
  • 遊歩道に設置された柵(さく)を乗りこえない。
  • 「立ち入り禁止」と書かれた看板の先へは行かない。これ以上は柵(さく)がないので、転落の危険があります。ルールはみんなで守りましょう。
ワンポイントアドバイス
  1. 万座毛の読み方→「まんざもう」。
  2. 観光バスの立ち寄り所にもなっているので、ガイドの人とツアー客の団体さんが塊になって歩いている事があります
  3. 風が強い日もあるので、帽子を飛ばされないように。
  4. 自撮り棒の方は周りの安全も確かめて。
  5. お腹空いた・・園内に食事処はありません。万座毛を出て国道58号線、北向けに「食事処、ランチ、カフェ」がいくつかあります。
名称 万座毛
(まんざもう)
住所 沖縄県国頭郡恩納村恩納
駐車料金 無料(50台)
所要時間 約30分
アクセス 那覇空港(なはくうこう)

高速道路

58号線

万座毛(約1時間)
万座毛の評価
景観度
(5.0)
満足度
(5.0)
人気度
(5.0)
総合
(5.0)
周辺には・・
「万座ビーチ」オーシャンパーク現る!集えわんぱく盛りな子供達! 「恩納海浜公園ナビービーチ」BBQもできるよ。アクセスはここ! 「みゆきハマバルリゾート」格安の宿泊料金!団体さんもお得! 「ホテルみゆきビーチ」マリンスポーツも楽しめる隠れビーチ!