「与那嶺ビーチ」天然のお魚さんが見られる穴場スポット!

ここは観光雑誌にもネットにも情報が中々ない穴場スポット。

一見、岩しかないただのビーチですが、天然のお魚さんが見られたりします。

 

遠浅なので波が引くと、沖合まで歩いて行けるようになるよ。

それがミソ。

 

遊泳は不可です。

 

check

更衣室&トイレもありません。

 

駐車場は整備されていません。

砂利道の上にとめる感じ。

 

看板は立っていないので、まさかこの奥にビーチがあるなんて普通の人は分からない。

黄色の○の所が「出入り口」。

 

左手には青色の建物(発電機)があるよ。

これを目印にしよう。

 

「駐車料金」

無料 15台。

 

出入り口

ここを抜けるとビーチ。

両サイドは緑の亜熱帯植物がお出迎え。

 

check

ヘビは出ないのでご安心を。

 

与那嶺ビーチの様子




緑を抜けると視界が開けご覧の景色。

目の前は岩、岩、そして岩の風景。

 

陸も海も凸凹の岩が完全ジャック。

これぞ自然ビーチ♪

 

緑の中に囲まれたオアシス的な空間です。

外の音は完全シャットアウト。

 

シーズンでも人影はないので、静寂なプライベートを満喫できる。

 

砂質

真っ白サラサラ。

 

天然の浜なのでヤドカリの歩く姿や貝殻も見られます。

和む一時ですね~。

 

すぐ後ろは緑の壁。

外から中の様子は全く見えない。

逆もしかり。

 

岩場


海の中もこのような岩場。

砂なんてどこにもありません。

 

凸凹の地面が沖までずっと続いているだけ。

これが普通のビーチと違う所ですね。

 

「海だぁ~!」と足元も確認せず、素足で入るのは厳禁。

ってこんな人いないか・・

 

透明度

足のつま先が見える透明度。

 

結構深い所までも見えます。

北部の海はどこも大抵きれい。

 

ここのお楽しみは「お魚鑑賞」!

海面が凸凹の岩場とういう事は・・

それを隠れ蓑にするお魚さんが「存在する」ということ。

 

満潮になると知らず知らずのうちにここまでやってきて、「干潮」で波が引くと帰れなくなるのでこの辺りにとどまります。

それを見るのがここの楽しみ方。

 

透明度が高いのでどんなお魚さんがいるのか?水の中に顔をつけなくてもハッキリ分かるよ。

沖までいけば素人でも発見できるので難易度は低い。

 

よく見かけるのがこの全身青色の「ルリスズメダイ」。

とても小さく群れで行動します。

キラキラと光輝くので、見つけた時はテンションアップ!

 

よくサンゴ岩の辺りをウロウロしています。

 

check

 

他にも(カニ、ヒトデ、ウニ、なまこ)がいるので、足元は気をつけて下さい。サンダルだと帰ってくる頃にはボロボロになります。

 

もしも本格的にお魚鑑賞を楽しみたいという方は、滑りにくい「アクアシューズ」。

これならサンダルと違って地肌も出さないから、ウニを踏んづけても大丈夫!

 

流される事もありません。

 

 

安全管理はしっかりと!

 

標識

気づきましたか?

岩の上に姿を見せるこの三角の標識。

 

これは・・

「海底ケーブルが通っているぞ」という意味。

 

船に向かってアピールしているとういわけ。

穴掘りも禁止。

 

岩礁



標識の先はご覧の「岩礁地帯」。

干潮となるとこのような凸凹の琉球石灰岩が姿を現す。

 

これが何kmも渡って続くのだ。

水たまりになっている所は、お魚さんが閉じ込められているので遭遇率も高い。

 

ただし、深くなっている所もあるので足元にご注意。

 

特に岩礁の先は急に深くなっているので、最新の注意を払って下さい。

波もあります。

 

満潮

 

お魚鑑賞に気を取られるといつの間にか水位が上がって帰れない!とパニックになる可能性があります。

 

干潮、満潮の時間帯をちゃんと把握してから楽しもうね。沖縄の潮見表サイト

 

写真集






感想

ここは岩がむき出しの自然ビーチ。

昔から変わらない「素」の沖縄が広がっています。

 

その岩の上を歩いて行けたりするので、興味のある人は登ってみて下さい。

最先端の景色はリーフ(岩礁地帯)が広がり、その上に海が乗っかっている様子が見られます。

 

視界も180度に開け、水色と青色の折り重なる風景が和みますよ~。

まれに地元人が全身ウェットスーツ姿にモリを使って、お魚さんを獲ってたりします。

 

こういう「地元らしさ」もあっていいですね。

 

浅瀬ポイントでも意外と獲れたりするのでビックリです。

最初の印象は狭いビーチですが、沖へ出るとそんな事はなかった!と驚くでしょう。

 

「海水浴はしないけど、生き物は見たい」という人はここもあり。

岩礁地帯は遭遇率も高く、海風もゴオオォオーと大きくなるので迫力度アップです。

 

ただし、干潮しか行けません。

単独行動はせず必ず付添人をつけよう。

 

他にもお魚さんが見られるスポット

「備瀬岬」はお魚天国!シュノーケルスポットでも有名! 「Maeda Flats」真栄田岬から近いシュノーケルスポット!

興味のある方はご参考に。

 

MEMO

 

ここ「与那嶺ビーチ」と近くにある「長浜ビーチ」は同じ場所と勘違いする人がいるので、間違わないよう気をつけて下さい。

 

口コミでは・・

「のんびりできる所」、「お魚さんが見られた」、「人がいない静かなビーチ」と評判。

 

いい所

  • 天然のお魚さんが見られる。

残念な所

  • 人がいない時はいないので不安になる。

禁止事項

  • 花火。
  • ゴミの不法投棄。
ワンポイントアドバイス
  1. ここは公認の海水浴場ではありません。クラゲ防護ネット&ビーチスタッフは配置していないので、自己責任で楽しんで下さい。
  2. シュノーケル自由。
  3. マリンスポーツは行われていません。
  4. ペット・犬の持ち込み可
    ただし排泄物は飼い主さんが責任をもって処理すること。
  5. お腹空いた・・
    ここには何もありません。
  6. 公共トイレは近くの「長浜ビーチトイレ」をご利用できます。
ビーチの設備 ● クラゲ防護ネット
● 監視員
● 更衣室

● シャワー
● トイレ
● コインロッカー
● 自販機

● BBQ設備
ビーチレンタル ●なし
体験できるアクティビティ ● なし
名称 与那嶺ビーチ
(よなみねびーち)
住所 沖縄県国頭郡今帰仁村与那嶺1154
電話番号 なし
定休日 年中無休
海開き なし
遊泳料金 無料
游泳時間 なし
游泳期間 なし
駐車料金 無料
アクセス 那覇空港(なはくうこう)

高速道路

58号線

84号線

505号線

与那嶺ビーチ(約1時間40分)
与那嶺ビーチの評価
砂質
(3.0)
透明度
(4.0)
人気度
(1.0)
総合
(2.0)

 

周辺には・・
「長浜ビーチ」天然100%の海はワイルドで開放的!これぞ沖縄! 「赤墓ビーチ」誰にも教えたくない自然のオアシス!