「新原ビーチ」グラスボートが人気。子連れファミリーにもオススメ!

自然が「主役」の新原ビーチ。

陸地、海上には大小様々な琉球石灰岩がゴロゴロ。

 

「なんでこんな所にこんな巨岩があるの!?」と好奇心を駆り立てられます。

ここの名物光景ですね。

 

昔から変わらない素朴な風景がのどかで平和そのもの。

快晴の日はキラキラと輝く水色が最高に素敵。

 

そんな海を片目に散策も気持ちいいですよ。

波音に海風、開放的な空間が「沖縄に来たなー」と実感します。

新原ビーチの「様子」



砂の上に絵を書いたり山を作って遊ぶ子供達の様子も楽しそう。

 

貝殻拾いもいいですね。

シーズンでも混雑しないのでのんびり過ごせます。

 

check

基本どこをどう泳ごうがあなたの自由。

 

ただしスタッフの目の届かない所はご注意を。

砂質

陸地は真っ白サラサラ。

海辺は硬く肌色。

 

サンゴの欠片や小石が散乱しています。

素足だとちょっと痛い所も・・

 

海面の砂も硬い。

 透明度

場所によってきれいな所、そうでない所があります。

炎天下の暑い日はリーフ全体の温度が上昇するので水温は生ぬるい。

マリンスポーツ・アクティビティ

スピードの出るバナナボート、ビッグマーブルは定番の人気。

少数から団体さんまで広い海を自由自在に走り回っています。

 

check

前日までに予約すると10%OFF!

グラスボート


ここはグラスボートが1番の目玉。

もちろんガイド案内つき。

 

船の底はガラス張りになっているので、海の世界をリアルタイムで見る事ができますよ。

映画ファインディングニモで有名になった「カクレクマノミ」を見た時はテンションも上げ上げ。

 

シマヤッコやロクセンスズメダイといった熱帯魚、イソギンチャクやサンゴ等も見られる。

水深の浅い所から徐々に深い所へと移動し、最後はドンっ!と深くなります。

 

いわゆるリーフの外ですね。

底が見えないのでちょっと怖い。

 

冬は海中の砂や不純物が沈むため、透明度がとても高くなります。

グラスボートの観賞には最適な時期。

 

check

  • 天候・海の状況により臨時休業あり。
  • 長くのぞき込むと船酔いするのでご注意を。

 

「利用料金」

大人 1500円
小人 800円

「所要時間」

約20分

「営業時間」

08:30~17:00(10~6月)
08:30~17:30(7~9月)

「お得情報」

グラスボートを利用すると駐車料金がタダになります

テント


園内はテントもいくつか用意しています。

テーブル&イスもあるので気軽に腰を下ろせる。

 

広いスペースなので家族・団体さんでも余裕。

荷物置きにも利用できるので便利。

 

日影の中、こまめに休みながら海を楽しもう!

琉装石灰岩

この大きな岩の塊は「琉球石灰岩」といいます。

ここに見えるものは高さ約5mもある巨岩。

 

海上にもいくつか点在。

その真上に自生する緑の植物は台風、直射日光にも負けないソテツにアダン。

 

check

午後になると岩の周囲は日影になります。

 

うまく活用しよう。

船と人が並ぶ不思議な光景

船が浮いているので当然水深も深いと思いきや・・

意外とそうでもありません。

 

この海域は遠浅なので沖まで一定の深さ。

こここならではの光景。

オススメの游泳ポイント

ビーチは広いのでどこを泳ぐか迷うもの。

「みーばるマリンセンター(黄色の建物)」のポイントは海もきれいなのでオススメ。

 

利用客もちらほら。

浜に転がっている2つの大きな岩が目印です。

 みーばるマリンセンター

スタッフの常駐する「管理棟」。

浮き輪の「空気入れ」にマリンスポーツの「受付」も行っています。

 

ビーチのちょうど真ん中あたり。

黄色の建物です。

 

1F
「トイレ」
「更衣室」

2F
「食事処&売店」
「トイレ」

食事処&売店

ひと休憩ならここ。

窓際では海を見ながら食事も楽しめる。

 

ちょうどランチにもいいですね。

冷房も効いているので快適。

フード

 

「沖縄そば」
「オリジナルカレー」
「タコライス」

 

冷たいもの

 

「かき氷」
「ソフトクリーム」

 

他いろいろ。

 

「営業時間」

09:00~18:00(季節により変動)

展望スペース

食事処の玄関前はこのような「展望スペース」。

テーブル席に大きなパラソル傘があるので、景色を見ながら一息つける。

 

海風も通るので気持ちいい。

ただし狭いので一組がやっと。

更衣室

着替えはここ。

天井には扇風機もある。

 

設備

「シャワー」
「コインロッカー」
「鏡」

シャワー室

個室ではなく仕切り。

 

同時に5人使用できます。

窓のない部屋なので少し圧迫感がある。

 

「利用料金」

大人 300円
子供 200円

写真集






特徴

この海域は天然のリーフが一定の高さで沖までずっと続いています。

いわゆる遠浅。

 

「満潮」、「干潮」、「大潮の日」では海の様子も変わってくる。

 

満潮

● エメラルドブルーできれい。
● 游泳可能。
● 風のある日は少し波のうねりがある。

干潮

● 遊泳不可。
● 海面の岩がむき出し。
● 沖まで歩いて行けるようになる(岩場に取り残された貝、小魚、カニさんを見かける事もある)。

大潮の日

● 干潮よりもさらに波が引く。沖合1km先まで歩いて行けるようになる。
● グラスボートが出ない日もある。

 

感想

観光雑誌にも掲載される露出度の高い「新原ビーチ」。

最大の特徴は自然とその広さ。

 

お隣の「百名ビーチ」と合わせると、南部でも一番の最長ロングビーチとなる。

端から端だと人の顔はおろか姿もまったく見えない。

 

意外と外人さんに好まれる環境です。

水色が広がるビーチですが、岩場近くに行けば緑に見えるから不思議。

 

浮き輪に乗せたお子様を引っ張って海の上を歩く人や、海水浴を楽しむファミリーを見かけます。

半身浴ビーチバレーも楽しそう。

 

視界に入る海全てがあなたのテリトリー。

気に入ったポイントを見つけて、あなただけの楽しみ方を満喫しよう!

 

口コミでは

「子連れファミリーで楽しめた」、「地元ローカルな穴場スポット」、「侵食された岩がダイナミック」と評判。

「最新版」モテ子が選ぶ楽天水着ランキング1~100位

 

いい所

  • 駐車場からすぐビーチ。
  • 自然の景観を壊していない。

残念な所

  • 駐車料金がかかる。
  • 夕日は見られない。
  • 時期によっては海藻が浮いている。
  • 民間が運営するビーチなので設備もそれなり。
ワンポイントアドバイス
  1. 個人シュノーケルは自由ですが、この辺りにお魚さんはいません。
  2. BQQ・バーベキューは行っておりません。
  3. キャンプは年中できますがキャンプ用の設備は無し。シャワーは有料でシーズンのみ利用可。公衆トイレは無料で年中利用できます。
  4. ここの海は塩分がとても強いので水着の使用後はすぐに洗濯した方がいいでしょう。放置でもしようものならすぐに固くなり、臭いもきつくなります。
  5. 「新原」の読み方
    みーばると読みます。
  6. お腹空いた・・
    園内に「みーばるマリンセンター」があります。
ビーチの設備 ● クラゲ防護ネット
● 監視員
● 更衣室
● シャワー
● トイレ
● コインロッカー
● パーラー&売店
● 自販機
● BBQ設備
ビーチレンタル ● パラソルセット(傘・チェアー)
● 浮き輪
● 水中メガネ
● 足ひれ
体験できるアクティビティ ● バナナボート
● バンドワゴン
● ジェットスキー
● ビッグマーブル
● グラスボート
● 体験ダイビング
名称 新原ビーチ
(みーばるびーち)
住所 沖縄県南城市玉城字百名1599-6
電話番号 098-948-1103
定休日 無休
海開き 5月上旬
遊泳料金 無料
游泳時間 09:00~18:00
(季節により変動)
游泳期間 なし。

(シャワー・更衣室・マリンスポーツ)は基本9月30日までの営業です。

駐車料金 有料(30台)

1時間 300円
1日 500円

グラスボートを利用するとタダになります。

他にも駐車場は何箇所かありますが全て有料。それぞれ別々の業者が管理しています。

アクセス 那覇空港(なはくうこう)

329号線

48号線

331号線

新原ビーチ(約50分)
新原ビーチの評価
砂質
(2.0)
透明度
(2.0)
人気度
(2.0)
総合
(2.0)