「首里金城町石畳道」古き良き沖縄の風景。アクセスはここ!

「首里金城町石畳道」へ一歩足を踏み入れると世界が一変。

日常の音が消え、昔懐かしい琉球ワールドへタイムスリップする。

 

まさか都会の中にこんな場所があったとは!

頂上から下までこのような道が通っています。

琉球石灰岩を敷き詰めたもので、これを「石畳通り」という。

 

 

水はけ

道の両サイドは水の通る溝が設置されています。

雨が降るとそこに水が誘導され、下へ流れていくという仕組み。

 

道幅

頂上に行くに従って道幅は狭くなっていきます。

 

突き当りは階段。

車、バイクの通り抜けはできない。

 

勾配

頂上に向かって角度もきつくなっていく。

 

年配者はちょっと疲れるかな・・

平坦な所はなし。

 

金城村屋(かなぐしくむらやー)



ここはちょうど中間地点。

琉球時代によく見られた古民家で、現在もこのような建築物をいくつか見かける。

 

特徴は玄関がないという事だ。

一般開放されているので、誰でも気軽に入ることが出来るよ。

 

休憩所がわり利用するのもいいでしょう。

屋根の上には魔除けの珍獣シーサーが門番中。

 

なぜ玄関がない?

お隣さんやご近所さんはみんな顔見知り(仲間)。

なので鍵を閉め防衛するるという概念はありませんでした。

 

つまりドロボーに入る不審者はいないという事。

みんながそうなので、それが当たり前だった。

 

柄屋根(かわらやね)

古民家の屋根は柄屋根が使われています。

当時、王族以外どの瓦も灰色しか使ってはいけないという規制がありましたが、明治22年以降撤廃。

 

一般家庭でも赤柄を使用していいという事になったので、急速に拡大。

現代は赤柄=沖縄ですね♪

 

そもそもなぜ瓦屋根なの?

沖縄は台風の通り道。

木を根っこからひっくり返す強い風は、普通の屋根だとふっと飛ばされてしまいます。

 

そこで考え出されたのが屋根を「重くしよう」→「瓦を使おう」と行き着きました。

さらに角度をつけることで、雨水もうまく排出。

 

又、

1つ1つの瓦が厚いので、断熱効果もあります。

中と外では体感温度が2~3度も違うから驚き。

ほんとよく考えられている。

 

MEMO

 

古民間といえば「備瀬フクギ並木通り」でも見られるよ。実際に生活しています。

「備瀬フクギ並木通り」は緑のパワースポット。水牛車観光も楽しい!

 

室内

室内はワンルームのように広い空間。

ふすまがあるので、それを出し入れする事によって小部屋が作れます。

 

食事はこの広い空間に細長いテーブルをセッティングし、家族で囲むスタイル。

昔は大家族が普通だったので、和気あいあいと賑やかな姿がイメージできますね。

 

ご飯の時間になると野良猫が勝手に入ってきて、魚を持ち逃げするというエピソードも聞きます。

 

畳(たたみ)

畳に使われている材料は「い草」。

脱臭効果にクッション性もあるので、赤ちゃんが転んでも大丈夫。

 

ごろ寝にも適しています。

今では中々見かけません。

日本人なら誰でも和みますね。

 

仏壇(ぶつだん)

画像には映っていませんが、先祖代々続く家には大抵「仏壇」というのが置かれています。

(仏壇とは礼拝する場所のこと)。

 

長男は仏壇を見なければならないので、そこに嫁ぐお嫁さんは大変。

何か行事があった場合、台所に立って料理の準備をしたり後片付けをしなければなりません(嫁さん1人で全てをこなす訳ではない)。

 

旦那さんは来客者と話すだけなので、楽といわれる。

先祖崇拝の強い沖縄ならではの風習です。

 

ガジュマルの木

古民家の目の前にある巨木が「ガジュマルの木」。

土がそれほどない所でも育ち、枝からツルを垂らす。

 

木影にもなるので真下は涼しい。

夏はセミの鳴き声が聞こえるので、より南国の沖縄らしい雰囲気になるよ。

 

MEMO

 

沖縄本島で最も樹齢の長いガジュマルといえば、北部の観光名称で知られる「大石林山」。

枝から垂れたいくつものツルが太い支柱になっていて、圧巻の光景です。

「大石林山」キャンプのできるスピリチュアル山。石パワーを取りこめ

 

興味のある方はご参考に。

 

金城大樋川(きんじょううふひーじゃー)

昔、実際に使っていた井戸。

先程、紹介した石畳通りの両サイドに「溝」がありましたよね。

 

雨が降ると水が自然とここに誘導され、貯まる仕組みです。

石積みは「あいかた積み」で、半円形の貯水池を持つ。

井戸の神も祀られていますよ。

 

大アカギ

oh・・葉と葉の間から差し込む1つ1つの光線が神がかっている。

人と並ぶとアカギの胴体はともて太いので、年月の積み重ねを感じる瞬間。

 

樹齢は200年以上。

1972年
「国の天然記念物」にも指定されました。

 

check

表参道から少し離れた所にあるので、興味のある方は足を運んで見て下さい。

 

首里地区総合案内版

●仲之川(なかぬかー)
石積みで作られた大きな井泉。

 

●真珠道(まだまみち)
16世紀に造られた那覇港までの軍用道路。防衛のために整備された。

 

●金城大樋川(きんじょううふひーじゃー)
石積みで作られた村共同の井泉。

 

●内金城御嶽(うちかなぐすくうたき)
格式の高い御嶽の1つ。

といった内容が表記されています。

 

周辺の観光スポットもあるよ。

路線バスの案内図もあるので要チェック。

 

看板は先程紹介した「金城村屋(かなぐしくむらやー)」にあります。

 

ここで見られる植物

「桜」
「ヒギリ」
「クロトン」
「ランタナ」
「ハマボウ」
「クチナシ」
「ブーゲンビリア」
「テリハイカダカズラ」

など。

植物好きの人は観賞も楽しんで。

 

写真集





特徴

「那覇市都市景観形成モデル地域」に指定されている首里金城町石畳道は、沖縄県指定史跡で「日本の道100選」にも選ばれました。

500年間続く古道です。

 

1945年

沖縄戦で大半は破壊されてしまったので、現存するのはわずか300m。

 

歴史

「首里金城町石畳道」は1522年、尚真王(しょうしんおう)代に造られた。

首里城の入口を起点とし、首里城内外の美化政策として琉球石灰岩の平石を敷きつめ、和寇(わこう)撃退の為にも利用されたといわれる。

 

尚真王(しょうしんおう)とは?

琉球を統治していた王様。

 

首里城とは?

王様、王族、その他関係者が住んでいたお城。権力の中枢。

 

和寇(わこう)とは?

13~16世紀にかけて朝鮮および中国大陸沿岸に出没し、略奪行為や密貿易を行った海賊集団に対する朝鮮・中国側の呼称。

 

感想

まるで映画のワンセット。

これぞ沖縄!という風景が続きます。

 

沖縄独特の古民家に赤柄屋根・・

石垣の壁が続いたりと、現在でも当時のなごみを感じる雰囲気。

 

その壁の表面を覆う緑のカーテンがいい風情味を出しています。

+小鳥のさえずり声も聞こえてくるのでグッド。

 

和む~。

壁はそんなに高くないので、圧迫感も感じません。

 

途中で切れたりもするので、あえて脇道に入ってみるのもいいでしょう。

マイナーなスポットではありますが、こんな所にこんな所があったんだ!と新たな発見があるよ。

 

MEMO

 

観光スポットで知られる「おきなわワールド(琉球王国城下町)」は、琉球の街並みを再現しているので、ここで見られるような古民家、雰囲気が堪能できます。

おきなわワールド「琉球王国城下町」。当時の時代へタイムスリップ!

 

口コミでは・・

「雰囲気がいい」、「気がづくと結構歩いている」、「昔ながらの沖縄感」と評判。

じゃらんレンタカー

 

いい所

  • 首里城から近い。
  • 当時の雰囲気が出ている。

残念な所

  • 場所が分かりにくい。

注意事項

  • 石畳の表面は滑りやすいので、歩く際はご注意を。雨で濡れている状態は特に。妊婦の方は歩くのを控えた方がいいかも知れません。厚底ブーツも危ない。
ワンポイントアドバイス
  1. 地図を見なければ、どこに何があるかのか分かりません。道中に看板が立っているので、それを参考に進みましょう。
  2. 冬は寒いので防寒対策を。
  3. 傾斜のある坂道なので車イス・ベビーカーの人は行けません。足腰の弱い人もきついでしょう。
  4. お腹空いた・・
    通りに民家を改装したカフェが何件かあります。
  5. 行き方
    入口が大変分かりづらいので大抵は見過ごしてしまいます。看板も目印もなし。グーグルマップをうまく活用しよう。
名称 首里金城町石畳道
(しゅりきんじょうちょういしだたみみち)
住所 沖縄県那覇市首里金城町3丁目
電話番号 無料
営業時間 駐車場はありません。
近くにある首里城の有料駐車場を利用しよう。
定休日 年中無休
入場料金 無料
駐車料金 無料
所要時間 約40分
アクセス 那覇空港(なはくうこう)

58号線

29号線

首里金城町石畳道(約35分)
首里金城町石畳道の評価
景観度
(4.0)
満足度
(4.0)
人気度
(3.0)
総合
(4.0)
似たような場所
おきなわワールド「琉球王国城下町」。当時の時代へタイムスリップ!
周辺には・・
世界遺産「首里城」は琉球統一をはたした国王の古城。赤き炎を見よ! 世界遺産「識名園」は貿易相手国である首脳を接待した歴史ある庭園