海洋博公園「エメラルドビーチ」は透明度の高い素敵なビーチ!

透明度がとても高く離島の海にでも来てしまったのか?と錯覚してしまう美しいエメラルドビーチ。

シーズンとなるとカップル、仲良しグループ、子連れファミリーの姿で明るく楽しい雰囲気になる。

 

名前負けしない美しいエメラルドビーチは、観光雑誌にも必ず紹介される不動の人気スポットだ。

 

check海洋博公園の中に「エメラルドビーチ」があります。

 

 エメラルドビーチの「様子」





子供達の元気よく遊ぶ姿に笑顔がいっぱい。

 

園内を流れるポップなBGMがさらに夏気分を高める。

波も驚くほど穏やかなので小さなお子様も安心。

砂質

一面真っ白サラサラ。

柔らかすぎず硬すぎずの中間ぐらいの弾力。

 

素足はもちろんお腹、背中を地面につけてゴロゴロするのも気持ちいい。

その砂の正体は「コーラルサンド」。

 

MEMO

 

コーラルサンドとは?

 

天然のサンゴを細かく砕き砂状にしたもの。ろ過機能にも優れているから環境にも優しい。コーラルサンドを敷き詰めているビーチは県内でもここだけ。

 透明度

足のつま先が見える透明度。

 

沖へ行っても変わらない。

さすが北部の海と感心する。

 遊泳エリア

端から端だと人の顔が認識できない程広い。

 

奥行きも十分。

実は游泳エリアの外に小さな防波堤を設置しているので、波の影響を軽減しています。

フローマット

海上にはプカプカ浮かぶフローマットを2つ用意。

テンションの上がる海アイテムに若者は大はしゃぎ。

 

この上でひと休憩するもよし!
お喋りしながら景色に浸るもよし!
ダイブするもよしです。

 

注意

ダイブの際は近くに人がいないか?安全確認してから飛び込もう。

監視小屋

陸地だけでなく海の上にも監視小屋を設け、スタッフさんが安全を見守っています。

 

どうやって足場のない海の上で、スタッフが入れ替わるの?

・・
・・

正解は「ジェットスキーを使って監視小屋まで行く」でした。

交代のためにわざわざガソリンの必要な乗り物を使うのです。

こんな光景が見られるのは国営のエメラルドビーチだけ。

日影


園内には屋根の高い日影スペースがいくつかあります。

 

もちろんベンチもあるので座ってくつろぐ事も可能。

荷物置きに利用してもいいね。

 

check混雑している、又は時間帯によって空きがほとんどありません。早い者勝ち。

防波堤

波の影響を最小限に抑える防波堤。

先端まで歩いて行く事もできます。

 

大きな石を一つ一つ山のように積み上げ、自然に見せてる所がいいですね。

ここからビーチ全体の様子や伊江島(いえじま)タッチューを望む事ができます。

 

それを背景に記念写真もパシャリ★

管理棟

設備

「ビーチハウス(売店)」
「足洗い場」
「シャワー室」
「コインロッカー」
「トイレ」
「管理事務所」
「救護室」

 

建物の後ろには海洋博記念公園内を走る回遊バス「停留所」があります。

ビーチハウス(売店)

海アイテムがズラリ。

 

浜遊びセットはお子様に喜ばれます。

ここならではの雑貨アイテムもいっぱい。

ビーチスナック

軽食ならここ。

 

近くにはテーブル席も用意されているので、座ってくつろぐ事も可能。

お昼のランチにも困らない。

フード

 

「カレーライス」

「沖縄風焼きそば」

「あぐーメンチカツバーガー」

「ナンドッグ(チリソース・チーズ)」

「たこ焼き串」

「オニオンコンソメスープ」

 

冷たいもの

 

「ソフトドリンク」

「アルコール」

「かき氷ぜんざい」

「ソフトクリーム」

シャワー室

管理棟のお隣は「シャワー室」。

海水浴の後はここで砂を落とそう。

シャンプー、リンスの物置台もあるので便利。

 

「利用料金」

無料

コインロッカー

コインロッカーも完備。

貴重品を預ける事もできるね。

 

「利用料金」

有料(100円)

「更衣室の利用期間」

4/1~9/30 08:30~19:00
10/1~10/31 08:30~17:30

 写真集







夕日

夕方の時間帯になると、オレンジ色のサンセットが辺りを包み込む・・

 

素敵♪

1日の終わりをこんな景色と一緒に過ごせるなんて幸せ。

感想

ここは他のビーチよりもスタッフの数が多く配置されています。

看護師も在籍し、無線で全てと連携が取れているので安全管理は徹底している。

 

海の上にも監視小屋を設けるという力の入れよう。

常にスタッフさがんが目を光らせているのでお父さん、お母さんも安心して我が子を海へ預けられるでしょう。

 

無料のビーチとあって観光客だけでなく、地元客(子連れファミリー)にも人気。

地元客→海の中でもTシャツ&長そで
観光客→ビキニ

なのですぐに見分けがつきます。

 

自撮り棒を使って盛り上がる女子グループも楽しそうで生き生きとしていますね。

インスタを使って情報共有するのもいいでしょう。

とにかく活気があってトロピカルな雰囲気です。

 

MEMO

 

この辺りは遠浅なので、お隣では”海ぶどうの養殖も盛ん。

 

海ぶどうは水がきれいで太陽の光が届く所でないと育ちません。ここら一帯はその条件を満たす最高の場所でもあるんですよー。

 

口コミでは・・

「深い所までいっても足が透けて見える」、「きれいに整備されたビーチ」、「波は穏やかで安全」と高評価。

「最新版」モテ子が選ぶ楽天水着ランキング1~100位

特徴

1 ここは環境省の水質調査結果において最高ランクの「AA」と判定されました。「日本の水浴場88選」、「海水浴場100選」にも認定されています。

2 県公安委員会から「安全対策優良海域レジャー提供業者」にも指定されています。

3 毎年ウミガメの産卵が確認されている事ても有名。

4エメラルドビーチは海洋博記念公園の「一部」。他にも美ら海水族館、オキちゃん劇場(イルカショー)といった様々なアトラクションがあります。

 

いい所

  • 駐車料金が無料。
  • 植物のお手入れをはじめ清掃、管理も行き届きゴミ一つ落ちていない。
  • お知らせアナウンスは日本語の他、外国語もあるので外国人さんも助かる。
  • 海水浴に必要な設備は全て整っている。
  • ビーチスタッフの常駐する「管理事務所」、「救護室」もあるので安心安全。
  • エメラルドビーチは太平洋の波を直接受けない反対側(西海岸)にあります。さらに波の影響を軽減するため、防波堤も設けているので2重の意味で安心する。

残念な所

  • 駐車場からビーチまで少し歩く。
  • 時期によっては海面に海藻が浮いている。
ワンポイントアドバイス
  1. マリンスポーツは行われておりません。
  2. 個人シュノーケル禁止。
  3. 「遊びの浜」以外は游泳禁止。
  4. お腹空いた・・
    園内にパーラーがあります。
  5. 海に入ってしまうと体力、時間を使うので他のアトラクションを見て回る余裕が無くなります。計画を持って遊びましょう。
  6. イベント
    6月 海ガメ放流
    7月 サマーフェスティバル(県内最大の打ち上げ花火)
ビーチの設備 ● クラゲ防護ネット
● 監視員
● 更衣室
● シャワー
● トイレ(身障者用あり)
● 足洗い場
● シャワー
● コインロッカー
● 売店
● 自販機
● 救護室
● 管理事務所
ビーチレンタル ● 浮き輪(大・小)
● フロートマット
● ゴーグル
● ライフジャケット
● ビーチバレー用具(無料)
体験できるアクティビティ ● なし
名称 エメラルドビーチ
(えめらるどびーち)
住所 沖縄県国頭郡本部町備瀬
電話番号 0980-48-2741
(海洋博記念公園管理センター)
定休日 年中無休(游泳はシーズンのみ)
海開き 4月上旬
遊泳料金 無料
游泳時間 08:30~19:00(夏期4/1~9/30)
08:30~17:30(冬期10/1~10/31)
游泳期間 4~10月下旬
駐車料金 無料(約1500台)
全9箇所あります。
アクセス 那覇空港(なはくうこう)

高速道路

国道58号線

449号線

エメラルドビーチ(約2時間)
エメラルドビーチの評価
砂質
(5.0)
透明度
(5.0)
人気度
(5.0)
総合
(5.0)
すぐ目の前の「ホテルオリオンモトブリゾート&スパ」に泊まりたい
海洋博公園 他のアトラクション

海洋博公園「美ら海水族館」。世界最大のジンベエザメがすぐ目の前! 海洋博公園「オキちゃん劇場」。賢いイルカ達が豪快な技を披露するよ 海洋博公園「熱帯ドリームセンター」はお花が主役。一番の人気はラン 海洋博公園「美ら海プラザ」。海に住む生物の事が学べるよ! 海洋博公園「ウミガメ館」。子供のテンションが上がる無料スポット 海洋博公園「マナティー館」は癒やし空間。エサを食べる表情かわいい

周辺には・・

「備瀬フクギ並木通り」は緑のパワースポット。水牛車観光も楽しい! 「備瀬岬」はお魚天国!シュノーケルスポットでも有名!