おきなわワールド「玉泉洞」は洞窟の世界。頭上には無数のつらら!

沖縄にも地下の世界が存在する。

それが国内最大級の面積をほこる「鍾乳洞」だ。

 

別名
「玉泉洞(ぎょくせんどう)」とも呼ぶ。

自然が創り上げた神秘的な世界は圧巻の連続。

 

それぞれ

「初恋広場」
「龍神の池」
「地煙の滝」
「青の泉」
「みがわり観音」
「黄金の盃」
「絞り幕」
「白銀のオーロラ」

とテーマを設け風景も雰囲気も変わってくる。

 

checkおきなわワールドの中に「玉泉洞」があります。

 

入り口

玉泉洞という文字が刻まれた石の看板が見えます。

その隣の階段を下りると地下の世界だ。

スタッフがいるのでチケットを渡して入場。

 

入場料金

 

フリーパス
(玉泉洞+王国村+ハブ博物公園)

 

大人 1650円

小人 830円

 

 

玉泉洞+王国村

 

大人 1240円

小人 620円

 

 

王国村

 

大人 620円

小人 310円

 

 

ハブ博物公園

 

大人 620円

小人 310円

 


中へ入ると地上とは一変。

 

明るい世界から薄暗い世界へ。

間接照明の効いたほのかな明かりが辺りを照らす。

 

入り口は狭いのに中へ入ると・・

巨大な地下空間(東洋一洞)が広がっている。

 

想像していたよりも広いのでビックリ!

(もしかしたら地底人がいるのかも知れま・・)

 

check

コウモリはいないのでご安心を。

 

つらら石

天井から迫るギザギザの正体は「つらら」。

 

これが洞窟内全体を覆っている。

落ちてこないのでご安心を。

 

中には大きな「つらら」が通路の手すりを飲み込まんとする光景も見られる。

まるで巨人が手すりを掴んでいるかのようにも見えますね。

 

これぞ自然のだいごみ。

何百年という気の遠くなる年月をかけ、ここまで成長する。

 

通路

人が歩く通路は幅も広く手すりもあるので安心安全。

歩くスピードの遅い人がいても、追い越しができるのでつっかえる事もありません。

 

ゆっくりと写真撮影を楽しみながら歩きたい人は、のんびりマイペースでOK!

※場所によっては幅が狭い所もあります。

 

check

床は天井から滴り落ちた水滴でぬかるんでいるので、転ばないよう気をつけて下さい。

 

吸い込まれていくような階段のアップダウン、時にはカーブがあったりと先が見えない事で「次は何が来るんだろう!?」とドキドキワクワクな探検気分を味わえる所がいいですね。

ここからの眺めは高台から洞窟全体を見下ろせる見晴らしの良いところ。

 

ライトが広範囲に照射しているので、隅々まで見渡せる。

アドレナリンも上がってきた♪

 

通路上には時折・・

天井から迫る大きな「つらら」が進路を妨ぐ。

よけて歩くのが楽しい!

 

触ったり叩いたりしたらダメよぉ~。

 

場所によっては・・

削ってる所もある。

自然を壊すのはどうかと思いますが、進路を塞いでいるので仕方ないかも知れません。

 

が・・

折れたつらら石から再び雨水が滴り落ち、鍾乳石ができるので特に問題ありません。

ちゃんと元通りになります。

 

つららの「中身」

つらら(鍾乳石)は「雨水」と「石灰岩」の塊。

 

MEMO

 

地表に降りそそいた雨は地下へと浸透し、石灰岩を溶かしながら滴り落ちるのでこのような塊を形成する。

 

本来の鍾乳石は真っ白ですが、時間がたつと表面が段々と肌色に変わってきます。

よく見ると中心地は真っ白ですよね。

 

今にも地面につきそうな鍾乳石

気の遠くなる長い年月をかけここまで成長する。

もう一度いいますが、触ったり叩いたりしたらだめよぉ~ダメダメ!

 

化石の広場

ここは天井の高い部屋。

「鳥類」
「魚類」
「サメ」
「クジラ」
「ヘビ類」
「ネズミ類」
「リュウキュウジカ」
「リュウキュウヤマガメ」

といった化石が出土しました。

 

なぜ洞窟で魚の化石が出て来るの?

当時、洞窟のほとんどが海水に浸かっていたから。

その頃は魚の住み家でしたが、環境の変化により水位が下がる。

そこに地上の生き物達が住むようになります。

なので「海の生き物」と「地上の生き物」の化石が出てくるというわけ。

 

水位線

色の濃い所は数千年前、実際に水がきていた所。

今の水面から3、5mの高さ。

 

地煙の滝

この辺りまで来ると何やら「ザァー」っと水が勢い良く流れ落ちる音が聞こえてきます。

そう・・何と洞窟内に川が流れているのだ!

 

MEMO

 

地上に雨が降ると・・

 

①「地面に雨水が浸透」

②「石灰岩の小さな割れ目からさらに地下へと流れる」

③「それがやがて同じ場所に合流・帰結」

④「川となってここを通る」

 

という構造なんですね。

 

実は沖縄という島国はサンゴ岩から成り立っているので、ゲリラ豪雨(短時間にものすごい雨の量)が降っても、地下水を通ってうまく海へ排出されます。

なので大規模な洪水・川の氾濫・濁流といった自然災害にまでは至りません。

 

青の泉

出た!

ここ1番の見所。

 

ここら一帯は段畑(だんばた)のようになっており、平面な層が上から下まで階段上に続いています。

最上部から溢れた水は下へとゆっくり流れていく仕組み。

 

透明度の高い水たまりはグリーン色にライトアップされているので、幻想的で綺麗。

パワースポットと呼ぶのならまさにこの光景ではないでしょうか。

 

観光雑誌で見かける画像もここのショットがよく使われます。

別名「リムストーンダム」とも呼ぶ。

 

リムストーンダム

リムストーンダムの一番面積が広い所は外周31m、高さ2、5mと巨大。

青色は全て水たまりです。

 

黄金の盃

ここは「リムストーンダム」の最下部にあたる所。

厚みと高さのある石灰岩が目を引く。

 

リムストーンダムの表面

スベスベではなく少しザラザラ。

 

水の通る細い道が無数にあります。

溢れた水は水中の中で石灰岩を作り、範囲を拡大して行くのだ。

 

銀柱

地面からたけのこのように無数に姿を見せる鍾乳石は「石筍(せきじゅん)」。

天井から滴り落ちる1滴1滴の雫(しずく)によって、このように成長する。

 

MEMO

 

「つらら」と「石筍」が繋がると「石柱(せきちゅう)」と呼びます。

みがわり観音

変わった石筍(せきじゅん)は、ユニークなネーミングがついている。

 

大仏御殿

人の手で大仏を作ったの?と思うほどリアルな形。

自然ってすごい。

 

東屋(あずまや)

ちょうど中間地点には東屋(あずまや)があります。

赤柄屋根の上には沖縄の珍獣シーサーが門番中。

 

さすがに休む人はいません。

だって湿気だらけでベトベト空間なんですもの。

歓迎門

ここは水たまりのエリア。

 

底が見えるほど水深は浅い。

天井から水滴が落ちると、波紋が広がっていく。

 

絞り幕

ここだけは滴る量が多いので、このような形になる。

他とは大きさが桁違い。

 

予像岩

他にもこんな「鍾乳石」が見られる

「カーテン」
「ストロー」
「ベーコン」
「ケイブボール」
「ヘリクタイト」
「ケイブパール」
「ケイブバブル」
「マイクログール」
「フローストーン」
「石筍とカルサイト」
「泥筍(でいじゅん)」
「石筍(せきじゅん)」

など。

 

check

中には一般公開されていないエリアでしか見られないものもあります。

 

壺(つぼ)

何でもない壺がこの洞窟の中におくと湿気・滴り落ちる雫(しずく)にあたり、やがては鍾乳石に覆われます。

 

この壺は2010年から置かれたもの。

果たしてこれから先、一体どんな姿・形になるのか楽しみですね。

 

check

この近くには「古酒蔵」を保管している部屋がありますが、一般人は立入禁止。

 

水槽

水槽の中にはこの洞窟で暮らしている生き物が展示されている。

 

洞窟内に生息する「生き物」

「モクズガニ」
「ヨシノボリ」
「オオウナギ」
「ナイルテラピア」
「オオクチユゴイ」
「コンジンテナガエビ」
「クロイワトカゲモドキ」
「リュウキュウトウギョ」
「オキナワコキクガシラコウモリ」

など。

 

暗闇の洞窟で生活しているので、目は退化しているものがほとんど。

その代わり他の器官が異様に発達しているので、真っ暗な世界でも困ることはありません。

外敵が少ない事からどれも寿命が長い。

 

MEMO

 

場所によって(元、ウォン)といった外国のお金が投げ込まれていますが、これはマナー違反。

 

硬貨の材料となる銅・アルミは自然にもそこに住む生き物達にとっても良くありません。環境を壊さないで下さい。

エスカレーター

地上へはエスカレーターに乗り出口へ。

 

 

以上が「玉泉洞」の紹介でした。

 

check

出口は玉泉洞の入り口で撮影した写真がプリントアウトされているので、有料で購入する事ができるよ。

 

写真集




洞窟内は決してワーワー騒ぐ所ではありません。

他の人も一緒に見ているという意識を持ち、雰囲気を壊さないよう楽しみましょう。

 

歴史

1967年3月、愛媛大学学術探検部の調査隊山内浩教授によって玉泉洞(ぎょくせんどう)の最初の探検・調査が行われ、その全貌が明らかにされた。

 

珊瑚(さんご)を主成分とした琉球石灰岩でできた洞窟は、約30万年かけて創りあげられ、その全長は約5000mで国内最大級。

 

現在890mを公開し残りのエリアは研究用として保存されいる。

感想

洞窟内は色とりどりのライトアップが施され、ギザギザの天井が迫ってくる様は圧倒的迫力。

大小形の違う空間もあるので、進むたびに次はどんな景色が飛び込んでくるのか!?と好奇心や冒険心が刺激されます。

 

首元に水滴が落ちると「ファっ!?」と声を出して驚きますが、それもここならではお楽しみ。

長い年月をかけ自然が創りあげた奇跡の玉泉洞は、大人も子供も一緒に楽しめるアドベンチャー空間となっているので、ぜひ訪れてみてほしい。

 

ヒーリング

洞窟内を流れるBGMは人間の脳をリラックスさせる「ヒーリング効果」の高いものが使われています。

雰囲気と一緒に感情移入できる所が良いですね。

 

薄暗い空間は人を不安にさせますが、表情が読まれないことで逆に「安心感」もいだきます。

仕事・人間関係でいつも緊張している人は、この機会に試してみるのもいいでしょう。

 

MEMO

 

玉泉洞は国の「天然記念物」に指定されています。

 

口コミでは・・

「洞窟内の平均気温は21℃なので、冬は暖かく夏は涼しい」、「絶対に行くべき観光スポット」、「探検気分が味わえるので、子連れファミリーにオススメ」、「1人旅でも楽しめる」と高評価。

 

いい所

  • 自然を堪能できる。

残念な所

  • 写真撮影が難しい。大抵は白飛びするか真っ暗。

イベント

  • 7月下旬~8月31日
    「南の島の洞くつ探検ツアー」
  • 11~3月下旬
    「玉泉洞ファンタジア(イルミネーション)」
ワンポイントアドバイス
  1. 玉泉洞の読み方→(ぎょくせんどう)。
  2. ペット・犬と一緒に入場は出来ません。
  3. 観光バスの定番コースにもなっているので、ツアー客といった団体さんがドッと入ってくる事もあります。
  4. どんな格好して行けばいいの?
    ラフな格好でOK。ちょっと肌寒いですが、ゴールまで行くと暑さでベトベトするので、フェイスタオルでも持っているとなお良い。足元はサンダルよりも滑りにくい靴がいいでしょう。
  5. 天候
    洞窟内は天気に左右されません。雨の日でも観光雑誌で見かける素晴らしい景色がいつでも見られます。
  6. 混雑状況
    ゴールデンウィークは混雑しますが、午後からは落ち着きます。
  7. バリアフリー
    未対応。階段のアップダウンがあるので、車イス・ベビーカーの人は行けません。床が濡れているので妊婦さん、赤ちゃんと一緒もオススメしない。
名称 玉泉洞
(ぎょくせんどう)
営業時間 09:00~17:00
定休日 年中無休
所要時間 1時間
入場料金  有料
玉泉洞の評価
景観度
(5.0)
満足度
(5.0)
人気度
(5.0)
総合
(5.0)
おきなわワールド 他のアトラクション
おきなわワールド「琉球王国城下町」。当時の時代へタイムスリップ! おきなわワールド「スーパーエイサー」は創作の加えられた迫力ショー
周辺には・・
「奥武ビーチ」コンパクトサイズのビーチは地元低学年に人気! 「新原ビーチ」グラスボートが人気。子連れファミリーにもオススメ! 「百名ビーチ」地元の人も教えたくない水色のパワースポット!